モンゴル0-14日本 大量得点

 世界的なコロナ禍のため、モンゴルホームでありながら、場所は日本のフクアリ無観客という、特殊な試合となった。  それで日本が14点。大迫3点、稲垣2点、伊東純2点、古橋2点、南野、鎌田、守田、浅野が各1点、オウンゴールが1点。  14点もあると、いちいち得点時の詳細とか得点経過を書く気にならない。  ただ14点も取っていた割に…
コメント:0

続きを読むread more

U-24 日本3-0アルゼンチン 三倍返し

 記録を見ると、日本のシュート数は前半3本、後半3本の6本のみだった。3-0で勝ったと言っても、圧倒出来たわけではない。なお、アルゼンチンのシュートは4本。谷のナイスセーブがあったし、点差の割に簡単なゲームではなかった。ちなみに先日フル代表の韓国戦は同じ3-0でもシュート数は19対6だった。  序盤から日本はフォワードの林・食野が…
コメント:0

続きを読むread more

U-24 日本0-1アルゼンチン 親善試合はこうでなければ

 もちろん負けてよかったなどと言うつもりは毛頭ありませんが、親善試合はこうあるべきだと思いました。  強敵と切磋琢磨する。それでこそ親善です。相手が強すぎるのも情けないですが、前日の韓国のように弱すぎるのも強化にならないです。  アルゼンチンは序盤から全開でした。日本のクロスバーが二度、良いセーブをしました。幸運がそう何度も続か…
コメント:0

続きを読むread more

日本3-0韓国 日本圧勝

 日本が強かったのか韓国が弱かったのか、ずいぶん差がありました。  豊島じゃないけど、守備・中盤・攻撃、隙がないと思うよ、というか。日本のプレスに韓国なすすべ無しという感じでした。韓国はソン・フンミンが怪我で来られないとか有力なメンバーが何人か欠いていたみたいですけど、これだけ差があったらそれが原因じゃないでしょう。  個人的に…
コメント:0

続きを読むread more

湘南0-0C大阪 雨中の激闘はスコアレス

 雨が降っていた。  その雨は時間が経つごとに強くなっていった。画面右から左へと雨筋が見えるほどであった。  これほどの雨であれば、正確なパスワークは難しく、キック&ラッシュにならざるを得ないか、とも思ったのだが、双方はあくまでパスワークから攻撃を組み立て、しかもそのパスワークは正確でしっかりビルドアップされていた。  Jリーグは…
コメント:0

続きを読むread more

F東京3-2湘南 湘南と私のサッカー観

 湘南の3バックの右に元仙台の大岩。控えのFWに石原直。お馴染みの山田直が中盤に君臨。と、よく知っている選手はいるのだが、湘南はずいぶん人が入れ替わり、知らない選手が増えた。監督は2019年秋から浮嶋敏。  驚いたのはその湘南サッカーの変貌ぶりだった。チョウキジェ監督の頃からすっかり変わっていた。  テクニカルに繋ぐサッカーをしよう…
コメント:0

続きを読むread more

甲府2-1栃木 甲府ホーム初戦で勝利

 前半の甲府は素晴らしかった。栃木にボールを持たせず、三平と泉澤の連携に野津田の絡む攻撃は次々に好機を作り出した。  点だけが入らなかった。  後半開始から栃木が攻め込んだ。前半、甲府が好きなように攻撃してそれが得点にならなかったことに嫌な予感がし始めていた。  それが50分。右コーナーキックを野津田が蹴ると、長身のメンデスの…
コメント:0

続きを読むread more

徳島1-2福岡 昇格対決は福岡の逆転勝ち

 ともにJ1昇格チームだが、対照的なサッカーをしている。2020年のデータを見ると、J2首位の徳島は67得点33失点。2位の福岡は51得点29失点だ。徳島は攻撃に強く、福岡は守備に強かった。徳島はボールを繋ぐサッカーをするが、福岡は奪って速攻が得意。。  開始2分、いきなり徳島先制。渡井のスルーパスに宮代が裏へ抜け出した。シュートは飛…
コメント:0

続きを読むread more

柏0-1名古屋 名古屋のほうが強い

 今の柏よりも、今の名古屋のほうが強い。この試合を見て真っ先に思ったことだ。  単純に名古屋が勝ったからそう思ったのではない。序盤から名古屋のほうがボールを思うように動かしていたし、好機も柏より多く作っていた。  名古屋の選手たちもその特長をいかんなく発揮していた。吉田豊は上下動が激しく、攻撃にも守備にも効いていた。米本はしばし…
コメント:0

続きを読むread more

仙台1-5川崎F 仙台大敗

 東日本大震災の日が近くなると仙台のホームゲームがBS1で放映されるのが定番となっている。今年の相手は川﨑Fだ。川崎Fというと震災後のJリーグ再開戦をどうしても思い出す。あれは神様が助けてくれた試合だと今でも私は思っている。  あの試合以外にも私は何度も等々力で川崎F-仙台戦を見ている。だが、仙台が勝ったのを見たのはあの試合だけだ…
コメント:0

続きを読むread more

浦和1-1F東京 浦和が変わった

 土日に出かけていたので、ようやく見ることが出来た。  驚いた。  浦和のサッカーがシステマチックになっている。  プレスをかけてボールを奪い、奪えば連動して攻撃に繋げている。昨年までは全く見られなかった姿だ。  小泉が目立っていた。髪型だけではない。前後左右によく動いて、どこにでも顔を出していた。  F東京は防戦一方で、森重…
コメント:0

続きを読むread more