U-23 日本1-1カタール 腹立たしさと失望と

 いや、例えば、日本が快勝したらどうしようかと。手の平を返す準備はしていたのだけれど。  前半、たくさんシュートチャンスがありながらよく外すもので。連携とかフォーメーションとかの前に、この代表は単にシュートが下手なのだと思った。  勝敗には判定が絡んだが、その前に決める所は決めないといけないし、そこで決められない人を集めてしまったか…
コメント:0

続きを読むread more

U-23 オーストラリア2-1タイ、サウジアラビア0-0カタール

オーストラリア2-1タイ オーストラリア修正して成功  タイの監督はご存知西野朗。オーストラリアの監督は元ベガルタ仙台監督(2分4敗)のアーノルド。  前半はタイが良かった。パスワークで翻弄しアジリティで苦しめていた。一対一でも体の大きなオーストラリアに決して負けていなかった。  先制点はタイ。24分、ティタトーンがシュート。…
コメント:0

続きを読むread more

藤枝順心1-0神村学園、静岡学園3-2青森山田

高校女子選手権決勝 藤枝順心1-0神村学園 打ってみるものですね  前半は神村学園の方が良かった。藤枝順心は前からプレスをかけてきたがはまらず、無駄に走らされているように見えた。神村学園は18分塚田の惜しいボレーシュートなどがあり、よりゴールに近づいていた。  後半に入って藤枝順心は何か修正をしたらしい。藤枝順心がやや盛り返して…
コメント:0

続きを読むread more

U-23 シリア2-1日本 やめればいいのに

 初戦のサウジアラビアは個人技もあるし、なかなか強いチームだった。だがこの日本戦のシリアは基本引きこもり守備専で大した個人技もなく、カウンターぐらいしか攻め手が無かった。  グループリーグを通過できなかったことよりも、大して強くないチームに負けたことが問題だと考えている。  シリアの先制点はPKによるもの。そのPKはカウンターをどう…
コメント:0

続きを読むread more

高校選手権準決 青森山田2-1帝京長岡、静岡学園1-0矢板中央

青森山田2-1帝京長岡 青森山田が振り切る  青森山田は昨年優勝校で今年の高校年代のタイトルも取っている優勝候補。帝京長岡は新潟県勢初の4強。これは青森山田が勝つのかなと勝手に予想していて実際に勝ったのだが、勝つまでにはかなり苦しんだ。  入りは帝京長岡のようが良く、田中克、本田翔らの惜しいシュートがあった。しかしそれらは入らず…
コメント:0

続きを読むread more

U-23アジア選手権 日本1-2サウジアラビア 大迫と食野は良かった

 大迫が救っていた。1-4でもおかしくなかった。  戦術的にどうなのか。守るときの5バックも攻める時の3バックも、後ろで人数が余っている。  前半のサウジアラビアが良かった。もちろん相対的に日本が悪かった。  旗手がなぜシュートを打たなかったか。私も日本人なのだが、理解できない。  小川は存在していなかった。 …
コメント:0

続きを読むread more

U-23アジア選手権 カタール2-2シリア シリアがアディッショナルタイムに追いつく

 試合開始当初のカタールは完璧だった。  開始直後の1分、右サイドを崩してクロスを入れ、シリアのゴールキーパーがハイボールの処理にもたつく間にユスフ・アブドゥリサグが押し込んで先制。その後もプレスからボールを奪って次々とシリアゴールに迫った。  22分には左サイドからアフメドのクロス、このボールをカットしようとしたシリア選手によるオ…
コメント:0

続きを読むread more

木曜映画サイト 2019年に見た映画

 例によって公開備忘録。  映画館で見た映画 「まく子」 「キングダム」 「僕たちは希望という名の列車に乗った」 「町田くんの世界」 「ザ・ファブル」 「天気の子」  6作品。 「まく子」は男の子の性的成長物語で、ボーイミーツガールもので、SF的要素がある。それは嘘ではなかったのだが、男性向き映画だと思ったら違…
コメント:0

続きを読むread more

高校女子選手権準決勝 藤枝順心2-1修徳 勝つべきチームが勝つまで苦しんだ試合

 試合開始直後から、選手個々、あるいはチームとしての力の差は明らかだった。ボールを奪って繋いで攻める。それを一方的に藤枝順心が行い、修徳は防戦一方だった。  何度かの決定機を逃した後の28分、藤枝順心が先制した。小原が右サイドから股抜きで切れ込みクロス、それを池口が若干下がりながら頭で合わせた。小原の突破も見事だったが、池口が前へ行く…
コメント:0

続きを読むread more

高校選手権準々決勝 仙台育英0-1帝京長岡 出てなかったか

 前半開始早々の1分、帝京長岡の晴山がゴールライン付近からゴール前にマイナスのパス、これを谷内田が決めて帝京長岡が先制。  これがリアルタイムで見ているとゴールラインをボールが出てから晴山が蹴ったように見えた。仙台育英の選手たちも出たと思ったらしい。そこで録画でコマ送りをしてみた。  ぎりぎりで出ていないように見えた。  結局、審…
コメント:0

続きを読むread more

日テレ1-0浦和L、神戸2-0鹿島

皇后杯決勝 日テレ1-0浦和L 日テレ決め手与えず  試合開始早々の6分、籾木のコーナーキックに田中美が合わせて日テレ先制。書くと簡単に終わってしまうのだが、そこには浦和Lの守備位置を見ながら、田中美が一歩先んじて合わせるための駆け引きがなされていたようだ。だがテレビで見ると一瞬の出来事だった。  そこから長い時間、スコアは…
コメント:0

続きを読むread more

新年にあたって サッカーにできることはまだあるかい

 年を取ると様々なものに興味がなくなるもので、最近どんな曲が流行っているのかわからなくなっていた。だが昨年末、多く組まれた歌番組を見て、ようやくこんな曲が今は流行っているのかと知った。  その中で特に若い男性が歌う、いわゆるJ-Popについて気になることがあった。  私は以前から、歌を聞くと歌詞を聞く癖がある。曲よりも詞が記憶に残る…
コメント:0

続きを読むread more

G大阪JY2-0鳥栖U-15、U-22 日本9-0ジャマイカ

高円宮杯U-15決勝 G大阪JY2-0鳥栖U-15 ファインゴール2発でG大阪優勝  高円宮杯U-15は中学年代の最高峰を決めるトーナメント大会である。クラブチームと中学校の部活動全てに門戸が開かれている。決勝は西が丘で行われた。  試合は4分いきなり動いた。G大阪の桒原が浮き球のボールを送り、鳥栖の山本がバウンドを読み間違えた…
コメント:0

続きを読むread more

リバプール1-0フラメンゴ、明治3-1桐蔭横浜、浦和L3-2I神戸、日テレ2-1埼玉

 このところインターネットの不調でアップできなかった。行われていたサッカーは先週末になるが、4試合を一度に報告する。 CWC決 リバプール1-0フラメンゴ リバプールの粘り勝ち  試合開始直後はリバプールが何度か裏を取って決定的な好機を得た。しかしそれらのシュートを外しているうちにフラメンゴがリバプールの裏狙いに対応していっ…
コメント:0

続きを読むread more

CWC リバプール2-1モンテレイ、モンテレイ2-2(PK4-3)アルヒラル

リバプール2-1モンテレイ フィルミーノワンタッチ  リバプールに南野が移籍するという。南野について初めて書いたのはU-19代表の頃だろうか。当時はいずれフル代表に入るかも、ぐらいには思ったかもしれない。だが、リバプールに移籍するとは全く予測していなかった。このところフル代表で得点を取り続けていたので、何か変わったかな、レベルが一…
コメント:0

続きを読むread more

天皇杯準決 神戸3-1清水、鹿島3-2長崎

神戸3-1清水 神戸の良さが出た  試合開始直後は清水がハイプレスをかけてドウグラスのシュートに結び付けていた。しかしプレスは次第に効かなくなり掻い潜られるようになっていった。神戸のパス回しのほうが一枚上手だった。  先制点は神戸。13分、イニエスタの右からのミドルシュート。清水ゴールキーパーの西部はイニエスタが直接シュートを打…
コメント:0

続きを読むread more

CWC アルサッド2-6エスペランス、フラメンゴ3-1アルヒラル

アルサッド2-6エスペランス エスペランス圧勝(?)で5位  前半にぽんぽんぽnとエスペランスが3点を取った。  その3点目がアルサッドのハサンがハンドでVAR PKというもの。ハサンは決定的得点機会阻止ということで退場になった。3点差で負けている方が10人になったのだから、もうこれはあっさりとエスペランスが勝つのだろうと思った…
コメント:0

続きを読むread more

E-1 韓国1-0日本 まず戦術で負けた

 序盤から韓国がプレスをかけてきたのだが、逆に日本のプレスはプレスになっていなかった。プレスはボールホルダーにプレッシャーをかけたら、それと同時にパスが出てくるであろう相手選手にプレッシャーをかけなければならない。そこにパスが来ればボールを奪えるし、そうでなければアバウトなロングボールを蹴らせてそこからボールを奪える。それが韓国は出来て…
コメント:0

続きを読むread more

E-1 韓国女子0-1日本女子 勝ち難い試合で勝った

 試合が始まって5分ぐらいして、日本有利で試合は進むのだろう、と思った。ビルドアップ能力において、日本の方が明らかに上だったからだ。となれば、日本が繋いでゴールに迫り、奪ってから素早いカウンターを韓国が繰り出す展開なのだろうと。  ただ、有利だから勝てるかというと、サッカーはそれほど単純ではない。  韓国はゴール前を締めてきた。…
コメント:0

続きを読むread more

高円宮杯U-18ファイナル 青森山田3-2名古屋U-18 青森山田頂点に立つ

 高円宮杯U-18は高校年代の最高峰リーグ。高校とクラブユースの強豪チームからなるプレミアリーグが東西に分かれ、それぞれ10チームでリーグ戦を行う。そしてその東西の1位チーム同士がこのファイナルで日本一を賭けて戦う。  EAST1位の青森山田は勝ち点37、2位は柏U-18の28。WRST1位の名古屋U-18は勝ち点41、2位は京都U-…
コメント:0

続きを読むread more