アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
折り返して逆サイド
ブログ紹介
水谷秋夫
宮城県出身、山梨県在住。
一にベガルタ、二にヴァンフォーレだが、サポーターではない。


ひとりで吠えてる過疎ブログ

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ゼロックス杯 川崎F1−0浦和 1-0という大差
 前半の24分に柏木のフリーキックにゴール前で槙野が合わせた場面があった。そのヘディングシュートは惜しくも外れた。実はその時、槙野の右をマウリシオがフリーで走っていて、槙野が触らなかったらマウリシオがゴールしていたのでは、とも思われた。つまり二重に惜しい場面だった。ともあれ、この場面で浦和に得点が入っていたら試合はどうなっていたか。  浦和が守り倒すことが出来たかどうか、という試合になっていただろう。  この試合、浦和はシュート1本。つまり、この柏木から槙野のヘディングの場面以外に、得点チャ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/16 21:58
2019年J1予想
札幌 10位  昨季の4位は出来すぎ。都倉が去ったことも痛い。もともと資金力のあるクラブではなく、この辺りが実力相応ではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/12 20:56
引退する選手に一言
河合 竜二(札幌)  私には横浜M時代が最も印象に残っている。中澤・松田らと組んだディフェンスは強力だった。その後札幌に8年いた。それなら札幌のレジェンドと言ったほうが良いのかもしれない。今後は札幌のフロントスタッフになるとのこと。すっかり札幌の人間になってしまったようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/04 19:00
日本1−3カタール 負けたんだから弱かったんでしょうだからどうしますか
 たぶん監督選手を含めてたくさんの人が敗因を語ってると思うんですけど、そのほとんどを読んでいないんですが、その敗因というのは、勝って当然とかいうバイアスがかかっていて、日本側が何かを間違えたんじゃないかという論調が多いのではないかと勝手に想像してるんですが、どうでしょうか。  この試合を自分が見て思ったのは、日本代表がどこで間違えたのかなということではなくて、というか間違いが試合の中で自分にはなかなか見つからなかったというか、例えばベトナム戦で控えを出せば良かったとかいうのは違うでしょう、コン... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/02 13:25
UAE0−4カタール UAEはウソのようにボロ負けした
 ここまでカタールのほうがサッカーでは上。ただしUAEはホームだからわからない。それが試合前に考えていたことだった。 UAEはカタールと断交中でカタールのサポーターはUAEに来れない。つまり、サッカー場は100%UAEの観客で埋め尽くされていた。  そこでこれだけの大差がついたというのは、準決勝に進出したこと自体がUAEにとって家賃が高かったということではないだろうか(家賃が高い:相撲用語、実力以上の番付に上がってしまったこと)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/30 22:39
日本3−0イラン アジア最強の敵に勝つ
 日本は大迫が先発に復帰しワントップに入った。一方のイランはタレミが出場停止、代わりにアミリが出場。  日本は13分、長友のクロスに南野が飛び込んだが、惜しくもディフェンダーに先に触られた。さらに19分、堂安がシュートするも右に外れた。  日本が悪くない立ち上がりと思ったが、その後イランが優勢になっていった。22分、GK権田の遠藤航へのパスが引っかけられてずれ、そこからショートカウンター。アズムンが個人技で抜いて角度のないところからシュート。権田がかろうじて左足に当ててセーブ。権田自作自演。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/29 20:36
アジアカップ後の日本代表監督
 オフト以前の日本代表はよく知らないので、オフト以後のアジア杯日本代表監督と日本代表の成績を書いてみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/01/28 19:47
カタール1−0韓国、UAE1−0オーストラリア
カタール1−0韓国 カタールが勝つとは  今頃こんなことを書いても後出しじゃんけんだが書いておく。準々決勝の組み合わせを見た時に左側の日本とイランは間違いなく勝ち上がるだろうが、右側の韓国とオーストラリアはうっかりがあるかもしれない、と思っていた。韓国はここまで順当に勝っているが点を取るのに苦労しており、カタールはアルモエズ・アリ等ががんがん点を取っていた。それで、もしもがあるかもと予想した。ただ、カタールが勝つと本気で考えていたわけではなかった。  前半は韓国が優位だった。カタールを押し込... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/27 07:14
カタール1−0イラク、イラン3−0中国
カタール1−0イラク フリーキック一発  準々決勝はすでに終わっているが、順番に見ている。これがアジアカップ決勝トーナメント一回戦の最後の試合である。  このワールドカップでの台風の眼はカタールだ。いや現在大会得点王のアルモエズ・アリが、と言うべきか。アルモエズ・アリをイラク守備陣が止めることが出来るのか、それが勝敗を分けるのではないかと思われた。  イラクはアルモエズ・アリを止めた。しっかりマークしカウンターも許さず自由を制限した。その結果、アルモエズ・アリは埋没した。どこにいるのかもわ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/26 12:59
韓国1−0バーレーン、日本1−0ベトナム
韓国1−0バーレーン 小さくて明確な差  大雑把には韓国のゲームで、順当な勝利という言い方に異論はない。ただ、思わぬ大苦戦、ではないと思う。W杯出場国と、W杯最終予選に出てはくるがW杯に出場できない中堅国、の間の差はそれほど大きくない。  前半から韓国優位ではあったが、真面目に守っているバーレーン守備陣を崩すのは容易でなかった。しかし韓国の先制は43分、イ・ヨンのクロスにウィジョがファーで飛び込み、ボールが弾かれた所にファン・ヒチャンが押し込んだ。ウィジョがつぶれた分、ヒチャンがフリーになっ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/01/25 21:39
オーストラリア0−0(PK4-2)ウズベキスタン オーストラリアが消耗戦を制す
 ウズベキスタンはイルマトフ主審に当たらないのが羨ましい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/24 18:09
中国2−1タイ タイ無念の逆転負け
 前半のタイは躍動していて中国の選手たちは振り回された。チャナティップらが右に左に動き回りティーラシンがいつの間にかゴール前に顔を出した。中国は対応に四苦八苦していた。  先制はタイ。31分、コーナーキックからの楔のパスなのかミドルシュートなのか、を受けたスパチャイが反転シュート。これが決まった時、北朝鮮戦の大黒をふと思い出した。あれは14年前か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/23 18:32
日本1−0サウジアラビア 楽な試合が無いです
 前半15分まで、サウジアラビアがボールを持って日本陣内で攻めようとしていた。サウジがポゼッションサッカーをすることはわかっていたので、ある程度想定は出来ていた。日本はボックスを作ってラインコントロールし、サウジの攻めを凌いだ。危ない場面が全くないわけではなかったが、一人が抜かれても次が立ち塞がる。それに吉田の顔面ブロックなどもあって得点を許さなかった。  そして20分、柴崎のコーナーキックから冨安ヘッド。サウジの守備がセットプレーでルーズなのはカタール戦でも見たが、日本戦でもルーズで冨安があ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/22 18:47
ベトナム1−1(PK4-2)ヨルダン ベトナム準々決勝へ
 この試合の勝者が日本-サウジアラビア戦の勝者と準々決勝を戦う。  オーストラリアを破り、B組1位で勝ち上がったヨルダン。イラン、イラクに敗れD組3位だったベトナム。それならヨルダンが勝つだろうと思っていた。しかし始まってみるとベトナムは全く簡単な相手ではなかった。  ベトナムの各選手はボール扱いがうまく、長短のパスとトラップが正確。それにミドルシュートがきっちり枠に飛んできて油断ならない。ただし、一対一には弱い。上背がないだけではなく、体をぶつけられると自由を失う。体のデカい相手に対するに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/21 18:35
韓国2−0中国、イラン0−0イラク、カタール2−0サウジアラビア
韓国2−0中国 韓国快勝  予選リーグ第3戦で放映された試合を続けて見た。まずグループC。韓国と中国はともに2連勝。引き分けなら中国が1位という状況にあった。  この試合を見る限り韓国は良いチームでソンフンミンは好選手だ。事実は認めなければならない。中国は特に前半の始め頃、ゴールキーパーのセービングが目立っていた。GKが忙しいのは良いことではない。  韓国の最前線はファン・ウィジョ。その後ろがソン・フンミン。14分、ソンフンミンが倒されて得たPKをファン・ウィジョが決めた。ウィジョはガンバ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/20 09:36
日本2−1ウズベキスタン 控えメンバーで勝つ
 試合前に、2位通過だと移動の面で利点があるから、2位でもいいのではないか、という意見もあった。ただ、こういう勝たなくても良い試合で勝っておくことが重要ではないか。何しろウズベキスタンに、日本よりウズベキのほうが上、と思われたくない。  ウズベキスタンは5人を入れ替えたという。日本は北川を除く10人を入れ替えた。ひょっとすると、大迫が痛んでいる今、北川は替えの効かない選手になっているのかもしれない。ボールを受け、武藤にラストパスを送り、奪われれば献身的にプレッシャーをかけ、好機でシュートを放っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/19 08:50
カタール6−0北朝鮮、ウズベキスタン4−0トルクメニスタン
 日本-ウズベキスタン戦が終わっているが、その前に順番通りウズベキスタンの2戦目を書いておきたい。それからカタールと北朝鮮の戦いも先に見たので書いておく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/18 18:43
高校選手権決勝 青森山田3−1流経大柏 個人技の山田勝つ
 流経大柏はハイプレス。それに対する青森山田は、というと個人の技術が高い。個人の技術が高いということは技術の高い選手が青森山田を目指して入学してくるということであり、青森山田が個人の技術を重視した練習をしているということでもある。サッカー名門校では練習漬けの毎日、なのかもしれないが、それでも練習時間には上限がある。なにかしらの戦術を重視してそれに時間を割けばそれ以外の時間は減る。両校の練習を見たわけではないが、そんなことを思いながら試合を見ていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/17 18:14
高校女子選手権決勝 星槎国際湘南1−0常盤木学園 90分間ボールの奪い合い
「フットボールというのは単純なスポーツだ。22人の女たちが90分間ボールを追いかける。そして、最後には……」  リネカーの言葉を少々アレンジしてみた。  常盤木は女子サッカーの名門で五度の優勝回数を誇り、つまり最後に勝っていることが多かった。しかしこのところ選手権の優勝はなかった。勝てば6年ぶりの優勝である。  一方の星槎は新鋭。創部五年目で決勝進出は初めてだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/16 18:51
高校選手権準決 青森山田3−3(PK4-2)尚志、流経大柏5−0瀬戸内
青森山田3−3(PK4-2)尚志 染野ハットトリックもPK戦で青森山田勝利  12〜13日に出かけていたので見るのも書くのも遅れた。すでに決勝が終わっているのだが、順番に書いていく。まず東北勢対決の準決勝である。  ボール扱いの個人技では青森山田のほうが上かなと見ていた。青森山田にはトラップとかボールを持っての抜け出し方とかにうまさのある選手が多かったし、長身選手やロングスローで速いボールを入れる選手もいた。しかし個人技のみで集団競技の勝敗は決まらない。  26分、低めのバウンドするフリー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/01/15 18:32

続きを見る

トップへ

月別リンク

折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる