U-23 韓国2-1ヨルダン、ウズベキスタン5-1UAE

韓国2-1ヨルダン 劇的フリーキック

 序盤から韓国が優勢だった。先制も韓国。16分、韓国のフリーキックがファーサイドへ。これをヘディングで中に送るとファーサイドに寄っていったヨルダンディフェンスは人が足りなくなっていた。ゴール前でゴールキーパーが競った後、チョ・キュソンがフリーでヘディングのゴール。

 その後も韓国が優勢に試合を進めた。ヨルダンは高い位置でボールを奪えればチャンスになるが、偶然に頼った攻めでなかなかうまくいかない。むしろ韓国に追加点が入りそうだったが、韓国も決めきれなかった。
 そうこうするうちに75分のヨルダン、ミドルシュートを受けたアルティマットがそのボールをシュート。決まって同点。

 途端にヨルダンが元気になってきた。ドリブルなどでゴールに迫った。韓国も慌てて攻めた。時間は過ぎてアディッショナルタイム。バイタルエリアで足を引っかけられて、あるいは引っかけさせて、韓国がフリーキックを得た。イ・ドンギョンが蹴ったボールは壁を越えてゴール右ポストを叩いてゴールイン。
 劇的な勝ち越し。その直後にタイムアップ。

 苦しみながら韓国はヨルダンを振り切った。準決勝の相手はオーストラリア。


ウズベキスタン5-1UAE ウズベキスタンが最後は圧勝

 前半はUAEも悪くなかった。UAEのゴールキーパーもナイスセーブを繰り返していた。
 先制はUAE。13分、ロングフィードに裏抜け一発でアメリが決めた。
 しかし16分ウズベキスタン、アリジャノフのミドルシュート。人が沢山いた中のどこを通ったのかという精緻なゴール。
 さらにVAR足ひっかけPKで26分、このPKをコビロフが決めて逆転。
 41分にはボゾロフのミドルシュートが綺麗に決まってさらに点差を広げた。

 後半開始時にUAEは選手を2人代えて勝負に出た。後半開始当初はそのUAEに勢いがあってゴールにも迫っていた。しかし次第にウズベキスタンからボールを奪えなくなってゲームは一方的になっていった。
 ウズベキスタンの4点目、5点目はUAEが疲れてさらに集中力が切れてきたところに崩して得点したもの。最後はウズベキスタンの圧勝だった。
 ウズベキスタン、決勝の相手はサウジアラビア。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント