U-19 日本女子2-1北朝鮮女子 アジア制覇

 AFC U-19女子選手権タイ2019の決勝戦である。勝ったので録画放映された。
 女子は男子ほど注目されていないが、優勝すればさすがに放映してくれる。男子以上に勝たなければならない事情がある。
 試合はタイのチョンブリで行われた。芝の生育が悪かったが、キルギスの沼地のようなピッチを見た後なので、だいぶマシに感じられた。

 女子にとって北朝鮮はアジア最強のライバルである。しかし、様子が次第に変わってきた。かつては北朝鮮がフィジカルに優り、日本がテクニックで対抗していた。現在では日本は決して一対一の競り合いに負けていない。それだけ安心して見ていられる。
 ボールは概ね日本が持っていたが、北朝鮮はゴール前に壁を築いて体で日本のシュートを跳ね返していた。一方の北朝鮮は速いカウンターとクロスが主体。日本も戻りが早く決定機を作らせない。前半は0-0で終了。

 後半開始直後の47分、いきなり日本が先制。右サイドを走る中尾が中国選手を躱しながら抉ってゴール前にクロス。このボールが北朝鮮の人の壁をすり抜けて山本の元へ。山本のシュートに、中尾に引き付けられたゴールキーパーは戻って来れずにゴール。
 さらに72分、コーナーキック。高橋が北朝鮮ディフェンスの間に割って入り高い打点のヘディングシュートを決めた。これで2点差。

 ここから北朝鮮の猛攻。左サイドからクロスを何度も入れたが、ゴールキーパー田中らが守った。だが82分、ゴール前の攻防で高橋の腕にボールが当たったとして北朝鮮にPKが与えられた。これが決まって1点差。
 その後は北朝鮮が押し込み日本はゴール前にくぎ付けになった。しかしゴールは割らせず試合終了。守り切った。

 この世代、日本は3大会連続6回目の優勝とのこと。アジア最強だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント