日本0-1コロンビア 打てども入らず敗れる

 柴崎がキャプテンマークを巻いていた。寡黙なイメージがあり、キャプテンには向いていなさそうに見えたので驚いた。実際に寡黙だったのかはともかく、彼が代表の中心選手の一人であることを監督が示した。

 センターフォワードを鈴木武蔵が勤めていた。大迫がいない時にさまざまな選手が代わりにセンターフォワードをしていたが今まで誰もうまくいかなかった。武蔵はヘディングで競り負けないし、ボールは収まるし、時にサイドに流れて起点になれるし、守備も出来る。大迫ほどではないが、大迫以外では一番良かったのではないかと感じた。

 前半から気持ちよく攻めていたが、シュートを打てども打てども入らず嫌な予感がしていた。これはカウンター一発で沈むパターンではないかと。
 堂安にしても南野にしても、惜しくも枠を外したように見えるシュートが多かった。枠が外れるのはコロンビアのディフェンダーが寄せているからだ。また、枠を外したシュートは惜しかったのか。ポストぎりぎりまでコロンビアゴールキーパーの手が伸びていて、枠内なら弾き出されていた可能性が高そうだった。
 コロンビアGKはカミロ バルガス。コロンビアのデポルティーボ カリ所属。それほど有名な選手ではないがレベルは高かった。

 前半コロンビアの攻撃機会は少なかったが、ボールを持つと奪えそうで奪えずシュートまで持ち込まれる場面が多かった。日本に比べてコンディションがよくなさそうだが、やはり容易でない相手だった。

 後半から中島にしっかりマークがつくようになり、日本の攻撃は機能不全に陥った。誰かにマークがつけば他が空くはずだが、シュートを打ち過ぎて堂安も南野も疲れてしまったか。

 冨安のハンド判定は厳しい。不可避かつ意図しないプレーであり、Jリーグなら流されるだろう。それを流さない審判がいるわけだが、それならどう防げばよいのかわからない。

 交代で入った選手はそれぞれに動きが良かった。ただし点には結びつかず。
 香川はそれなり。騒ぐほどの良さでも悪さでもなかったが、マスコミの取り上げようはやはりスーパースターである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック