折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS ACL 鹿島3−2水原 鹿島大逆転

<<   作成日時 : 2018/10/04 18:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 鹿島は入り方を間違えた。
 ホーム側は何よりもアウェーゴールを取られたくない。それで慎重にというか大人しく入ってしまった。そこに水原のハイプレスを受けて面食らった。
 最初の失点は内田のオウンゴール。内田を責めてもよいのだが、そもそもあの場所に内田がいるというのはセンターバックが引き出されていて、危ないと内田が中に絞っているから。内田は昔から危機察知能力は高いのだが危機打開能力はそれほど高くない。だからしばしば失点場面に居合わせる。
 その後も鹿島ディフェンスは股抜きをあっさり許すなど安定しなかった。2失点目はスンテがファーかニアかの丁半に負けたようなところもある。それでも優磨がオウンゴールを誘発させて1点差で前半終了。

 水原の序盤ハイプレスは無理をしていたようで後半は足が止まった。
 後半早々に内田がペナルティエリア内で押されて倒されたのだがPKにはならず。恐らく内田はここから入っていけば相手が押すか足を掛けるかするから、というところまでイメージしていただろう。しかしこの日の主審は糞で、足で掛けるかユニフォームを引っ張るかしないとなかなかファウルにならなかった。
 水原がディフェンスでボールを回してカシマることは出来なかったのか、とも思うのだが水原にカシマるほどの余裕はなかったようだ。しかし鹿島もなかなか攻撃が得点に結びつかなかった。

 と思っていたら84分、途中出場西のクロスにセルジーニョ。ついに同点に追いついた。
 そしてアディッショナルタイム。鹿島のフリーキック。ゴール前に送られたボールのこぼれ球に内田がシュート。跳ね返ってきたところにもう一度シュート。ボールはゴールに吸い込まれた。
 山本が触ってオフサイドかなと思ったが山本は触っていなかったし実はオフサイド位置でもなかった。

 劇的な逆転勝利だが、まだ半分が終わっただけ。アウェーゴールを2点も取られているしまだわからない。
 次の試合、鹿島は入り方を間違えずに、先制逃げ切りでお願いしたい。この試合は観ていて疲れた。もっと簡単なゲームにしてほしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ACL 鹿島3−2水原 鹿島大逆転 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる