折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島2−0長崎 長崎健闘も地力の差

<<   作成日時 : 2018/08/13 06:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 夏に広島と長崎の対戦。ピースマッチということで、試合前には黙とうが行われた。
 平和なればこそのサッカーである。


 首位の広島と残留争い中の長崎とあれば実力に段違いの差があるのかと思っていた。そうでもなかった。シュート数は12対9。特に0-0の間の前半はほぼ互角と言ってよく、長崎がボールを握っている時間も結構長かった。長崎で目立っていたのはやはりファンマ。一度は二人に囲まれながら突破する体の強さを見せていた。
 しかし前半アディッショナルタイム、広島にペナルティエリアすぐ外でフリーキック。柴崎晃の蹴ったボールは壁の外にいた島田の頭を越えてゴール左上隅に飛び込んでいった。これは蹴った柴崎晃を褒めるしかない。

 後半は長崎に攻めさせて広島の逆襲、という構図。パトリックとの一対一を止めるなど、GK徳重が活躍していた。
 しかし88分、裏に抜け出した途中出場のティーラシンが徳重の肩を越える絶妙なシュートを決めて2点差。ここで試合は決まった。
 長崎が健闘したものの地力の差があったか。


 平和なればこそ、と言えば。
 戦争が無かったら、ベルリンの奇跡を起こした日本は順調に力をつけて今頃は強豪国、という意味の事を言っていたサッカー評論家がいた。後藤さんだったか。違っていたらごめんなさい。


 次回更新は8/18(土)以降になります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広島2−0長崎 長崎健闘も地力の差 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる