高校選手権決勝 青森山田5-0前橋育英 点差ほどの圧倒ではないが

 青森山田も前橋育英も選手権の常連だが、どちらも優勝すれば初優勝だったという。少々意外。
 5-0というと青森山田が圧勝したようだが、前半は必ずしも青森山田が優勢ではなかった。前橋育英のほうが点を取りそうな好機が多かった。しかし、青森山田GK廣末との一対一、あるいは廣末を外に釣り出した場面、ゴール前で足下にボールを置いた場面が前橋育英にあっても、シュートは枠を外しあるいはディフェンダーに防がれて得点にはならなかった。

 青森山田の得点はもちろんシュートが枠内に入っていた。シュート自体はそれほどコースを狙ったものは少なく、前橋育英GK月田の動きの逆を突いたものが多かった。このゴールキーパーが動かなかったら点になったかな、と想像した。だがテレビで見ている人間が言うのは簡単だが、実際にやるのは簡単ではないのだろう。

 後半は廣末が左足の付け根を痛めたようで動きがおかしくなった。しかし、その廣末のロングフィードを起点に青森山田が2点を追加した。わざと痛そうにしていたのか(失礼!)。前橋育英は後半にも好機があったがシュートがなかなか枠内に飛ばない。5点目は佐々木の豪快なミドルシュート。ほどなく試合終了。
 雪国の優勝、これまでの高校選手権で最も北の高校の優勝、とアナウンサーが言っていた。東北地方から優勝校が出るのはもちろん自分も嬉しい。優勝おめでとう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック