デンマーク4-0ブルガリア セルジオ解説の妙

 私は賑やかな解説というのが苦手なのですね。
 だから民放とNHK-BSが同時に放映されていたらNHKのほうを見ているわけです。日本代表戦の松木さんとかは不得手なのです。セルジオ越後さんもです。
 ところが、日本代表戦ではない試合で解説がセルジオさんでした。
 セルジオさん、テンション低いんですよ。日本が出て来ないと。
 静かで良かったです。

 でも静かでもセルジオさん、辛口でして。
 勝ったデンマークを褒めていましたが、それ以上に負けたブルガリアを貶していました。
 前半引きこもっていたブルガリアをやる気あるのかみたいなこきおろし方で。
 ブルガリアも、1点負けている間の後半、45分から72分の2点目が入るまでは頑張って同点にしようとしていたんですけどね。
 その間だけはセルジオさんも少々ブルガリア寄りだったんですが。

 2点、3点、4点とデンマークに点が入っていくと、これではブルガリアはW杯は無理でしょうとか、2試合で11点も取られてとか、ブルガリアサッカーが心配だとか。母国でなんと言われているかとか。
 ブルガリア、確かに良くなかったんですけれども、それを淡々とテンション低く貶していくんですよ、セルジオさんが。

 いや、なんか新鮮で面白かったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック