女子W杯 日本2-1オランダ "ほぼ"完璧な勝利

 日本はリスク覚悟で最終ラインを上げてきた。
 最終ラインを下げて中盤との間を空けるのは守備にならないから論外である。ならば最終ラインと中盤をともに下げるドン引きは、敵を呼び込むことになるしボールを奪ってからの攻撃が遠い。だから中盤と最終ラインをコンパクトにしてラインを上げた。ところがオランダのフォワードは日本のディフェンダーよりも足が速い。当然裏を狙われた。
 狙われるのは覚悟の布陣だった。フォワードとディフェンダーの追いかけっこで、追い越されても振り切られない微妙なライン取りで日本は守っていた。

 最終ラインに不安があれば、前線から献身的に守る必要がある。大野は獅子奮迅の働きだった。試合開始から何度もダッシュを繰り返してオランダディフェンダーやゴールキーパーにプレッシャーをかけ続けた。これがどれだけ後方を助けたか。大儀見は大野ほど動いてはいなかったが、必要に応じて後方へ下がり前から相手を挟みあるいはボールを受けに戻っていた。
 自分たちの欠点、速さも大きな体も持たないことを理解したうえで、日本はオランダの攻撃を封じ込めていた。

 先制点は10分。宮間のクロスに大儀見のヘッドがバーを叩いた。オランダのクリアが入って、はい残念でしたと思った所に走り込んできたのは有吉。地を這うシュートがファーに決まった。
 前述のように危うく守りつつ、惜しい好機を作りつつ前半は1-0で終了。オランダと言えば両ウィングからの幅の広い攻撃が特徴だが、有吉と鮫島のサイドバックに破綻は無かった。

 後半、オランダにも決定機があったが海堀が持ち前の反応の良さを見せて防いだ。少しずつオランダは元気をなくしていった。
 66分、序盤から走りまくっていた大野に代えて岩渕。岩渕の俊敏性はオランダ守備陣に脅威を与えた。だが人のいない所にパスを出していたのはご愛嬌。
 78分、岩渕からディフェンスの裏へとスルーパス。追いついた大儀見は反転してからヒールパス。そこに走り込んだ宮間が中央へボールを戻した。そこにいた岩渕はスルーして阪口ミドルシュート。4人が関わった見事な連係。オランダの選手達は、今のはなんだ、という顔をしていた。

 そのまま勝てば完璧だった。海堀がやってしまったが、佐々木監督が言う通り、1点差ハラハラの試合にしなければならないシナリオでもあるのだろう。
 次はオーストラリア戦。日本は中三日、オーストラリアは中五日。相手はブラジルを倒して盛り上がっている。また厳しい戦いになるだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック