仙台1-2柏 こんな試合で負けるからこの位置にいる

 ベガルタは、負けはしたが前節の名古屋戦よりはよっぽど良い試合をしていた。ウイルソンが試合開始早々にいなくなることよりは、ウイルソンがいないことがあらかじめわかっているほうが、よっぽどいいということだ。
 ベガルタが勝てそうな試合だった。勝てそうな試合で負けるから、ベガルタは残留争いをしているのだ。
 武藤は得点もしたが、久々の先発とあって90分サッカーをする体力がなく足を攣らせていた。一度90分やったから、次の試合ではましになるだろう。

 仙台の2失点はいずれもセットプレーから。
(1)セットプレーの練習をしていない
(2)セットプレーの練習をしているがやりかたが悪い
(3)セットプレーの練習をしていてやりかたも間違っていないが、セットプレーで守る能力の無い選手しかいない
 いずれが理由だろう?
 監督は練習をすると言っているから、今後に期待しよう。

 柏は3試合連続で後半ロスタイムに得点したそうだ。
(1)体力に優れているので最終盤に体力差が現れる
(2)テクニックや戦術に優れていて、自分は走らないのに相手を走らせて、最終盤に体力的に有利になる
(3)決定力が無いので、相手守備陣の体力が無くなってくれないと点が取れない
 理由はよくわからない。ただ、ベガルタの守備陣は後半寄せが甘いように見えた。俊敏性の点で自信が無かったのかもしれない。

 仙台は3連戦で、勝利・引き分け・敗戦の順番。仙台はベテランが多く、連戦に向かないだろうと考えられる。しかし、ここから先は連戦がない。いくらか息がつける。
 ベテランが多いのなら、それらしく、冷静に、狡猾に、生き残りを図ることだ。91分間抑えていたレアンドロに92分に決められるなどというのは、全然狡猾ではない。
 この3連戦で仙台は勝ち点4、甲府は5、大宮は3、清水は3、C大阪は4。どこも大して変わらなかった。

 あと4試合。ここからだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック