ベルギー2-3日本 世界5位でシード国のベルギーに勝った

 ベルギーは世界5位だそうである。
 日本代表と試合をする国の監督さんはよく、「日本は急成長した」とほめてくださる。だが、ベルギーは日本以上に急成長している。日韓W杯で日本と戦った後、ベルギーはW杯に出場していない。それがブラジルW杯に予選一位、無敗で出場を決め、世界5位。所属を見るといわゆる欧州一流クラブが多くいて、特にイングランドプレミアリーグの選手がかなりいる。この急成長の理由をぜひとも知りたいところである。
 もちろん、日本は苦戦するものと思われていた。

 ホームのベルギーは試合開始からラッシュをかけてきた。日本は受けに回った。
 15分。宏樹のパスが奪われてルカクに渡る。吉田がルカクをマークし、ルカクについていく。そこでなんと川島がサイドライン近くまで飛び出してルカクに向かう。ルカクは川島をかわしてミララスにパス。高徳は自分の後ろを走るミララスに気づかずのんびり走っていて、ミララスに追い越された。パスはミララスに渡ってゴール。
 ルカクは吉田よりも足が速い。それが頭に入っていた川島は、吉田がルカクに振り切られると想定して飛び出してしまったのだろう。しかし、吉田はルカクに突っかけることもなく相手の攻撃を遅らせようとしており、川島の飛び出しは過剰反応だった。おばかだ。
 今は出なければいけないところ、出ないところの対応をハッキリさせている。スポーツナビ
という川島についての話を読んだのだけれど、あれはなんだったのか。
 もちろん後ろを走っているミララスに気付かずに、ちんたら走っていた高徳もおばかだ。想定外の川島の動きに惑わされた吉田や酒井高の対応は責められないなどと書いていた新聞こそ、対応がおかしい。
 コンフェデ杯の時は吉田がおばかなプレーをして責められたが、このところ試合ごとにおばかなプレーをする選手が変わる。どう対応したらよいのだろうか。
 失点後、香川が高徳を信用していない、と感じた。高徳がオーバーラップしてもボールが出て来ない。攻撃時ばかりでなく、左サイド側が危ないと、香川が何度も下がって守備をしていた。高徳一人では危ないと思われていたのではないか。

 失点の話が長くなった。だが勝った時ほど身を引き締めないといけない。
 柿谷の得点はお見事。その前の宏樹のクロスはさらにお見事。ディフェンダーの間に位置していた柿谷に対して、クロスボールが柿谷の前にいたディフェンダーをほんの少し高く通り過ぎて柿谷の頭に落ちてきた。絶妙。

 遠藤は今回もスーパーサブ。ザッケローニ監督就任後の何年か、ブラジルW杯で比較的高齢となる遠藤の後継はどうするのかと話題になっていた。最近は本番のW杯が近づいたので誰もポスト遠藤などと言わなくなったが、問題が去ったわけではなかった。遠藤の守備は数年前よりも不安が増していて走行距離も短くなっているようで、失点に直接絡みはしなくても問題視されつつあった。実際、G大阪でも最近は守備の負担の軽い、フォワードもどきな位置でプレーしている。
 しかし、後半45分限定なら従来以上のプレーメーカーであり、十分走れるから守備の不安も少ない。遠藤スーパーサブはいける。
 本田の逆転弾をその遠藤がアシスト。アシスト直前に、いまここによこせと遠藤が要求していたのが印象的だった。
 本田のシュートは右足。日本側から見て本田の左からディフェンダーがすっとんで来ていたから、ゴールキーパーはシュートが右にくるものと体重を移していた。しかし本田が左に打ったシュートに逆をつかれた。

 3点目は岡崎。このブログで次はそろそろ得点を頼むと書いたからか? これも岡崎ばかりが素晴らしいのではなく、その前の柿谷のアシストが柔らかい打ちやすそうなボールだった。
 今回の3点はみなアシストが素晴らしかった。シュートを打つ人間への「おもてなし」だ。

 オランダのコーナーキックからの2点目。誰もアルデルワイレルトについていなかったのはいただけない。ついていた人間の頭越しにやられた、というなら高さにやられたと言ってもいいのだが、これは違う。アルデルワイレルトを見るべきだったのは長谷部だろうか? 大いに議論して反省して修正すべきだ。修正出来なかったらW杯本番でもやられてしまうだろう。
 やられたのはミスとセットプレー。勝ち越して日本が後ろでブロックを組んでからは、ベルギーに崩される機会は無かった。そうした意味では世界5位といってもブラジルのような恐さはなかった。

 ともあれ、来るW杯のシード国に勝ったのは気分がいい。オランダ戦の後、オランダは本気ではなかったと言ったのは誰だったか(知ってるけど)。そうした人はベルギーも本気ではなかったと言うのだろうか。
 オランダもベルギーもW杯予選が終わったばかり気が抜けた、というのはあるかもしれない。そうした意味ではコンフェデ杯あたりの日本の立場と今は近いだろう。

 ザッケローニ監督の四年間、ずっと右肩上がり、ということも有り得まい。コンフェデ杯から先月のベラルーシ戦あたりまでが、上る階段の踊り場だった。そう、本番が終わってから述懐出来ればいいな、と考えている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック