日本2-4ウルグアイ 相性を打ち破るくらいでないと

 ウルグアイは強いのだろうな、と思ってはいたが、やはり強かった。
 ただ、彼我の力の差がどこらへんに起因するのか、というのはやはり戦ってみないとわからない。今回は特に相性の悪さ、その悪さを打ち破れるだけのものがなかった、という感想を持った。

 ウルグアイは守備的なサッカーをする。ボールを持つことに拘泥しない。ゴール前で構えて守る。そのゴール前に、たいていの攻撃を防げる守備者がいる。そして人数をかけていなくてもシュートまで持ち込める攻撃主がいる。そしてそのシュートの決定率が高い。
 日本はその逆だ。まずボールを持とうとする。ラインを上げてコンパクトにし、人数をかけて攻め込む。構える相手を崩して攻めようとする。

 その人数をかけた攻撃がウルグアイの構えた守りに通じない。コンパクトにするために上げていたラインの裏を突かれる。裏を突いたフォルランとスアレスがあっさりゴールを決めてしまう。
 日本は南米の国と戦うと、だいたい似たような負け方をしてきた。
 南アW杯では違った。あの時、日本は構えて守った。それはグループリーグで通用しベスト16に進めた。しかし、パラグアイ戦では互いに構えた守りあい、隙の突き合いに終始した。そしてスコアレスドローとなり、PK戦で敗れた。
 日本サッカー協会は、これでは先が望めないという判断があり、バランスを重視するザッケローニ監督を招聘した。
 私は先が望める望めないの前に、好みの問題があると考えている。こうした構えて守るリアリズムサッカーを、大方の日本人は好まない。つまらないサッカーだと。日本人に好まれないサッカーは、結果を出しても主流にはならない。

 ならば、現在のサッカーでどうウルグアイ等に対抗するのか。
 今のやり方をさらに高めて凌駕する方向に進まなければならないのだろう。構えた相手を崩しきるだけの攻撃、ボールを奪われない試合運び、奪われても裏を取られない、裏を取られても得点されない守備。
 それにはひとりひとりの力の向上、それだけでなく戦術理解力の向上が必要だろう。相手の足が速く決定力が高いのなら、馬鹿正直にラインを上げ続けるのではなく、どこかで臨機応変にラインを下げることもある。それは妥協ではない。応用だ。

 ひとりひとりの力、とか、戦術理解力というのは難しいことを書いているわけではない。
 たとえば三失点目の吉田。クリアする前に味方がどこにいて敵がどこにいるか把握していないといけないよね? 蹴る前に誰がどこにいるか見ていないよね? どうしても見られないこともある? 見ていないなら大きくクリアしないといけないよね?
 そうしたことも、ひとりひとりの力、戦術理解のひとつだろう。

 日本はすでに舵を切った。結果を残した岡田監督のサッカーから離れた。それなら今のサッカーを突き詰めなければならないだろう。
 相性を打ち破るくらいの強力なサッカーにしていかなければなるまい。今の発展形で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック