東アジア杯 日本3-2オーストラリア 最大の問題は解決されぬまま勝利に酔う

 なぜ日本が勝てたのか。オーストラリアが日本以上に弱かったからか。
 オーストラリアは日本と同様に代表レギュラーは少ない。スタメンを見たら聞いたことのある名前が3人くらいしかいなかった。バイタルエリアは空けてくれるし、サイドでは簡単に数的不利になってくれるし、日本の苦手なロングボールは最後まで蹴って来ない。
 3-2になって、どうしてロングボールを蹴って来ないのかと思った。日本のプレスはもう効かなくなっていたのに勝ちたくないのかと。監督に繋げと言われたのかとも考えたのだが、オジェック監督がそんな指示をするような気はしない。結局、ロングボールを蹴れる人も受けられる人もいなかったのではないか。そうした意味ではケネディがいないのはかなり痛かったのかもしれない。彼がいれば、とりあえずケネディめがけて蹴れ、と。それだけで日本はけっこう苦労しただろう。

 そんなオーストラリア相手に日本は途中まで楽勝ペースだった。しかし、2-0から2-2に追いつかれて泡を食った。
 センターバック二人がロングボールに反応して空いたところに入られて失点。次はセンターバックが引っ張り出されてかわされて、もう一方がフォローと思ってマークを外した所で、空いたところに入られて失点。
 コンフェデ杯で何が問題だったかと言えば、3試合で9失点した守備だ。吉田・今野を乗り越える選手が出てこないか、東アジア杯最大の期待はそこにあった。しかし2試合で5失点。問題は何も解決していない。
 ザッケローニ監督はどうしてもパス出しに優れたセンターバックが欲しい。鈴木大・千葉のコンビはこの点では優れていた。だがこんなわかりやすいポカをするようでは。
 吉田・今野のセンターバックは安泰のようだ。

 もちろん収穫はあった。まずザッケローニ監督自身が有能だな、と改めて思った。寄せ集めの選手達を、たった五日でちゃんとチームにしてきた。例えばシーズン途中から突然チームを任せられて、一週間でチームを作れる監督がどれだけいるだろうか。
 もちろんそれに応えた選手達が優秀だということもある。失点したことをのぞけば、それぞれの選手達は素晴らしかった。個々の長所、Jリーグで観客を魅了したプレーを見せてくれた。山田も、豊田も、齋藤も、高橋も、エトセトラエトセトラ。
 その中でも大迫を推したい。2点を取ったが、それだけではない。彼はボールが収まる。以前から知っていたつもりでいたが、国際試合で再認識した。このキープ力は、「本田がいない時にどうする」という問題を解決するものだ。本田に問題があった時に、憲剛や香川をトップ下にしてきたがうまくいかなかった。大迫ならうまくいくかもしれない。

 と、収穫もあっただけに残念だった。弱いオーストラリア相手に、またしてもセンターバックが結果を出せなかったことが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック