イラク0-1日本 日本が仕掛けた中東の罠

 旅行をしていた。
 どこに行ったかはあす以降に書く。
 コンフェデのブラジル戦が終わったばかりだが、時系列順に書き忘れたものから書いていく。まずはW杯最終予選イラク戦の感想から。

 日本がオーストラリアと引き分けてW杯出場を決定させた同じ日、イラクはオマーンと戦い0-1で敗れていた。
 イラクはパスワーク主体のサッカーでオマーンを押し込み、何度も決定機を得た。しかし決定力が無く、シュートは何度も枠を外した。そして前半終了間際にコーナーキックから失点し、後半も引いて守るオマーンを攻めあぐね、やがて足が止まって敗れ去った。
 私はこうした負け方を中東の罠と呼んでいる。ボールは持っている。決定機も何度もある。しかし、引いて守る相手をどうしても攻略しきれない。そのうちセットプレーやカウンターで失点する。最初から攻めていた側は疲れて足が止まるが、ひきこもっていた相手は最後まで守りぬく体力がある。結局守りきられて敗北する。
 日本は中東で何度もそんな煮え湯を飲まされてきた。それと似たような負け試合を、イラクがオマーン相手にやっていた。イラクはジーコ監督が退任してペトロヴィッチ監督が就任すると、パスワーク主体のポゼッションサッカーに変貌した。それはかつての日本のようで、同時に日本の欠点も内包していた。日本人でもアラブ人でも似たようなサッカーをすると似たような敗戦をしてしまうものらしい。

 さて、イラク対日本戦はどうだっただろう。イラクは相手が日本でも、オマーン戦と同じサッカーをしようとした。それは、なかば成功した。得点というその一点をのぞけば。結局、押し込んで決定機の数では凌駕しながら、イラク選手たちは決定力、ゴール前の精度が無かった。ゴール前で無理な体勢になっても、どうにかしてボールをコントロールする、例えばそんな力がなかったのだ。
 何度も攻めこんで点を取れないとバランスを崩してでも攻めようとする。そこでカウンターを受けやすくなる。無理やりカウンターをファウルで止めればセットプレーの危機になる。序盤から攻めこんでいれば、カウンターを止めるための足が残っていない。セットプレーの前にカウンターだけで失点するかもしれない。
 イラクは日本相手に、中東の罠にはまったのだ。

 岡崎と遠藤のダッシュ。試合終了間際にあのスピード。イラクには悪魔の疾走にも見えただろう。遠藤の正確なアシスト。そしてゴール前で決めるべきシュートを確実に決めた岡崎。イラクには無かった決定力。
 まるで中東の罠。恐るべきカウンターによる日本の勝利だった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック