日本0-4ブラジル 取られ取られの負け負け

 ブラジル強いですね。
 圧倒されたというよりも、隙を見せたら確実にやられる、という感じです。

 一点目は内田のクリアミスから始まったんですけれど、川島の反応が遅かったのがもっとまずかったです。パウリーニョの後ろから撮った映像を見ると、パウリーニョがシュートを打つ直前まで川島が構えてないんですね。ここから打ってくると予想していなかったようです。それで反応が遅れました。川島はフランス戦で運を使い果たしたかな。

 二点目は今野のハンドを取られて、全然意図的ではなかったのに不運でした。ただ、あそこにカカに入りこまれたことに問題がある、と思えば、不運ですませてよい話ではありません。

 三点目は長友がマークしきれなかったのと、吉田のシュートブロックしそこないが重なりました。
 四点目は吉田のパスをカットされたところから。ビルドアップ時に出しどころを間違えるとこんなショートカウンターを食らいがちですが、狙われてましたね。取られた直後に攻撃3対守備2になっていました。こうなるとブラジルは逃してくれません。

 日本にも本田や長谷部や香川にチャンスはあったんで2点くらい取れた可能性はあります。
 しかしブラジルの決定機はその倍くらいあってポストが結構防いでくれたし、8点くらい取られても不思議は無かったんで、とても勝てたゲームではありませんでした。
 試合前にはもうすこしやれるかと思っていたんですが。

 だいたい日本代表は本番までどこかで痛い目に遭うのがこれまでの通例です。トルシエ監督時のフランス戦とか、岡田監督時のオランダ戦とか韓国戦とか。足りないものがあることを見せつけられて、大きく舵を切ったりしました。
 私が今回足りないなと思ったのは、パスの精度、シュートの精度、わりと細かいことです。戦術がどうこうよりも選手一人一人が考えて落とし込むような類いのものです。この試合を境に、急激に伸びる選手が出てくるといいですね。伸びて今のレギュラーを追い越していく若手が出てきてもいい。

 フランス戦後に、これは将来、日本がサッカー一流国に踊り出た日と記憶されるかもしれない、と書いたばかりですが、まだ先のようです。
 とりあえず来年のコンフェデ、そしてブラジルW杯で日本代表がどれだけ伸びていくか、期待してみましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック