日本0-0ホンジュラス 控えで引き分けミッション成功

 GK以外の控え選手を全部出して、引き分ける。
 試合自体にスペクタルも何もなかったが、十分な結果を得ることが出来た。

 特に感心したのは村松。サイドで見たことはなかったが、守備で奮闘していた。後半に入ったら、もう盤石と言っていい鉄壁ぶりだった。
 山村は前半不安定で、穴にもなっていたし、日本がビルドアップ出来ない要因にもなっていた。後半になって彼が前へ出ていくと、ビルドアップも守備もスムーズになっていくのだから不思議だ。

 杉本は、まあ、頑張れ。一点欲しい後半途中出場、という起用法になっていくのだろう。
 宇佐美はもっと頑張れ。倒された時は、審判に文句を言う暇があったら立ち上がってボールを追いかけてくれ。

 守備は最初は不安定だったが、その後は麻也が釣りだされた時ぐらいしか危機が無かった。今後の対戦国はどうやって麻也を引き剥がそうかと考えてくるかもしれない。
 しかし、麻也が引き出されると視野が広くなるのか、権田がナイスセーブやよい飛び出しを見せていた。

 清武のトラップはすごかった。あれが一番感心した。彼は今年セレッソで得点も少なく心配していた。しかし試合に出るたびに調子が良くなっていくようだ。

 関塚監督らしく、二位が見えてきたか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック