長友インテル移籍

 普通に驚いている。
 これだけ驚いたのは、鳥居みゆきが結婚した、と聞いた時以来かもしれない。

 長友をテレビで初めて見たのは、2007年11月の天皇杯4回戦清水戦。当時彼は明治大学の三年生。テレビ観戦記に彼のことは書いていないが、交替選手として出てきて、何度も何度もサイドを駆け上がっていたのを覚えている。当時から無尽蔵のスタミナを誇っていた。
「世界一のサイドバックになる」と言って、チェゼーナに行ったのが去年の7月だ。出発の挨拶を味の素で聞いた。サングラスをかけた姿がどうにも微妙だったのが印象的だった。

 世界一のサイドバックになると言ってイタリアに行き、7ヶ月後には世界一チームの一員になっているのだから話が早すぎる。

 インテルでレギュラーを取るのは容易ではないだろう。しかし、
「確かパクチソンって京都がJ2にいたり天皇杯を取ったりした頃にサンガにいた」と思っていたら、いつのまにか当たり前のようにマンチェスターUにいたように。

 長友はこれから、当たり前のようにインテルでサイドバックをしているような気がする。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック