このサッカーは日本のスタンダードになり得るか

 日本代表は中立地でW杯16強という、これまでにない成果をあげた。それでは今後、このサッカーが日本のスタンダードになっていくだろうか。
 屈強なセンターバックの前にパスを配給するのが得意なアンカーが立ち、ブロックを作り、まずここで奪うことから考える守備重視のサッカー。それが、今後日本のメインストリームとなっていくのか。
 どうもそういう話にはなっていないようだ。

・このサッカーで16強に入ったことは重要な示唆を含む
・16強までは来れたが、それよりも上に行くにはこのサッカーでは駄目だ
・守備は良かったが、攻撃は偶然に頼るものだ
・アジア予選とW杯では違うサッカーに対さなければならない
・日本が目指すべきはスペイン
・オシムが健在だったらどんなサッカーを披露していたか

 いろいろな人がいろいろなことを言った。私は注意深くそれらを読んでいった。だが、
「日本は今後も、この南アW杯でプレーしたサッカーで行くべきだ。さらにこのサッカーを突きつめるべきだ」
という意見はほとんどなかった。

 私はある国のサッカーは、その国のサッカーファンの間でコンセンサスを得なければならない、と考える。
 イタリアのサッカー、オランダのサッカー、ドイツのサッカー。それらは国民がこれでよしとしているから、強固なスタイルを築いてきた。
 ブラジルのサッカーは、勝つことに徹したサッカーで一時成功しても、それが国民の支持を得られない。だからそうしたサッカーがブラジルスタンダードにはならない。

 私の意見を書く前に、いろいろな意見を列挙したのも、国民の間でコンセンサスを得られるか否かを提起したかったからだ。
 私は得られないのではないかと思う。恐らくこのサッカーは日本スタンダードにはならない。
 なぜかというと、このサッカーは見ていてつまらないからだ。結果は出した。だが自分に問うてほしい。自分が日本人でなかったら、この日本代表の試合を夢中になって見ただろうか。

 それが、オシムが監督の頃のような、か、スペイン代表のような、か、俊敏性を生かした、か、何かわからない。だが、将来的には、見た目の面白さがあるサッカーが、日本では目指されていくのではないかと想像する。
 その見た目の面白さ、何を面白いとするか、は人によってまだばらばらだ。しかし、それはサッカーが国民の中で歴史を重ねていくなかで収斂されていくのかもしれない。

 ならば、この南アW杯の日本サッカーは、一時の成功で終わるのだろうか。つまらないと忘れられるだろうか。
 そうはならないだろう。恐らくは底流で生き続ける。
 相手が手ごわい時、攻め込まれた時、中心選手にアクシデントがあった時、このサッカーは思い出される。

「困った時は南アW杯のジャパンスタイルで」

 日本は、苦しい時に帰る場所を得たのだ。このW杯で。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック