中国女子0-2日本女子 完勝でW杯出場

 まず説明から。
 これは中国で行われた女子アジア杯の3位決定戦。日本女子代表は準決勝でオーストラリア代表に敗れ、3位決定戦に回った。
 3位以上なら来年の女子W杯ドイツ大会に出場できる。つまり、W杯出場をかけた一戦だった。

 試合は5月30日に行われた。
 放映は6月7日午前一時。およそ一週間経っている。生放送でとは言わないが、もう少し早く放映してほしいものだ。
 解説者が川上直子。ゲストになんと安藤梢。自分が出てる試合に自分でコメントするという、奇妙な番組だ。
 安藤はノーネクタイのスーツ姿。マスコミには慣れていないようで、話ぶりに滑らかさは無い。それが却って誠実さを感じさせる。面白いことは言わないんだけどなんとなく周囲が頼りにしている凛々しいOL、という感じ。刀を持たせてBLEACHの朽木ルキアのコスプレをしたら似合うのではないかと思う。
 スタジオの安藤のほうが顔がやや丸い。ピッチ上の安藤は極限まで絞った顔をしている。当日は相当体を追いこんでいたのだな、と思える。

 試合は完勝だった。アウェーで完勝なのだから、日本は明らかに中国を追い抜いている。日本が強くなったのか、中国が弱くなったのか。おそらく両方だと思う。
 ゴールキーパーは海堀。プレーを見るのは初めて。あまり代表経験は無い筈だが、安心して見ていられた。
 先取点は18分。ゲストの安藤。ゴール前でごちゃごちゃしたところを押し込んだ。
「気持ちで押し込みました」
そう語っていたが、実際、スローモーションで見ても、安藤の体のどこに当たったのかよくわからない。
 二点目は澤。62分。宮間のフリーキックにバックヘッド。

 女子のW杯出場は男子ワールドカップの100分の1くらいしか話題になっていない。10分の一くらいでも、この勝利が話題になればいいのに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック