折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS サウジアラビア2−1エジプト、スペイン2−2モロッコ

<<   作成日時 : 2018/06/27 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

サウジアラビア2−1エジプト グループ敗退者のモチベーション
 サウジもエジプトもグループリーグ敗退が決まっている。そうしたチーム同士の対決だが、結構面白い時がある。ひとつも勝たないで国に帰れるか、という思いが熱戦を生むのだ。
 22分、サラーの飛び出しから絶妙なループシュートが決まってエジプト先制。しかし前半終了間際の45分(+6分)、VARによるPK獲得でPKを得たサウジはファラジュが決めて同点。
 後半は消耗戦になった。もうプレスなどかからず中盤は伸びきっていた。ボールはゴール前からゴール前へ。現代的ではないがスリリングで面白い。
 最終的には後半終了間際の95分、ドーサリーの右サイドからのシュートがファーに決まってサウジアラビアの勝利。サウジはどうにか面目を施した。24年ぶりの勝利というから、アメリカ大会のオワイラン以来か。


スペイン2−2モロッコ モロッコあわや

 勝ち点4のスペイン、勝ち点0で敗退が決まっているモロッコ。そうなればあっさりスペインが勝つのだろうと思いきや、モロッコが勝つ寸前までいくのだからサッカーはわからない。
 まず14分、イニエスタとセルヒオラモスとの息が合わず、パスをかっさらわれてブタイブがデヘアの股間を破るシュート。なんとモロッコ先制。
 しかし19分、イニエスタが抉ってボールを戻したところにイスコ。スペインが同点に追いついた。ボールを持ち続けるスペイン、カウンターを狙うモロッコ。前半は1-1で終了。
 もともとモロッコはスペイン戦でもポルトガル戦でもサッカー自体は悪くなかった。ただ、シュートの決定力だけが無かった。しかしこの試合では決定力を発揮した。81分、コーナーキックからネシリがヘディングでゴール。負ければグループリーグ敗退の可能性もあったスペインを追い詰めた。
 スペインは懸命に攻めたがなかなかモロッコのゴールをこじ開けられない。アディッショナルタイムに入った91分、カルバハルのクロスにアスパスが足を伸ばしてボールがゴールイン。当初はオフサイドとされたが、VARにより判定が覆りゴールとなった。ようやくスペインが追いついて試合終了。
 B組は総得点で上回ったスペインが1位、ポルトガルが2位で決勝トーナメント進出。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サウジアラビア2−1エジプト、スペイン2−2モロッコ 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる