アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
折り返して逆サイド
ブログ紹介
水谷秋夫
宮城県出身、山梨県在住。
一にベガルタ、二にヴァンフォーレだが、サポーターではない。


ひとりで吠えてる過疎ブログ

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
大学女子サッカー選手権決勝 早稲田1−0神奈川 早稲田堂々の3連覇
 試合は1/14(日)に行われたのだが、出かけていたり体調不良があったりで、一週間近くたってからようやく見ることが出来た。  早稲田はこの大会、いわゆるインカレ2連覇中。皇后杯ではINAC神戸を破っている程の強豪。一方の神奈川は2年前にインカレ決勝で早稲田に敗れている。王者相手にリベンジ戦となる。  会場は西が丘。観客は4060人。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 11:05
木曜映画サイト 2017年に見た映画
 映画館で見たもの 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」 「追憶」 「メッセージ」 「22年目の告白 ―私が殺人犯です―」 「エル ELLE」 「猿の惑星 聖戦記(グレイト・ウォー)」 「ゴッホ最期の手紙」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 18:04
高校選手権決勝 前橋育英1−0流経大柏 熱戦は劇的幕切れ
 真冬の雨の中、埼玉スタジアムは4万1千を越える観客を集めたそうだ。浦和レッズのJリーグ平均入場者数よりも多い。大した人気だ。  ところで長友が高校選手権の過酷な日程に警鐘を鳴らしていたそうである(フットボールチャンネル)。長友が出場した2004〜2005年の大会日程は12日間だったが、今回は10日間と短くなっている。試合間隔を短くすればそれだけ大怪我の危険性は高まる。あの高校野球ですら投手の連投を避けようとしているのに全く時代に逆行している。早急に改めるべきであろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 19:12
高校女子選手権決勝 藤枝順心2−0作陽 総合力に優った藤枝順心
 私もこのぐらいの娘がいてもおかしくない年齢ではある。  試合中にアナウンサーが、○○選手のお父さんが△△と仰っていました、などと言っていた。私に娘がいて、うっかりこうした大会の決勝に出てしまったらいろいろ聞かれるわけだ。もっともらしいことを言わないといけないのか。嫌だなそれは面倒くさいな、などと思いながら見ていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 11:04
流経大柏1−0矢板中央、前橋育英6−1上田西
流経大柏1−0矢板中央 流経大柏が押し切る  矢板って原博実の出身校では、と思ったら原氏は矢板東高出身だった。矢板中央出身というと富山とか山越などがいる。流経大柏出身者は大谷、近藤祐、池田、林彰、石川大、長谷川悠、大前などなど多士済々。  前半は流経大柏が優位だった。チェックが厳しく、矢板中央はボールをつないでゴール前にボールを運ぶこと自体がなかなか出来なかった。流経大柏の5番関川はU-17代表で、ヘディングが強くハイボール落下点への予測が速いとアナウンサーが言っていたが、ボールを奪うのもう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/07 12:22
高校女子選手権準決 作陽1−1(PK5-4)福井工大 PK戦が90分をなぞったような
 第26回全日本高校女子サッカー選手権大会。また寿限無だ。正式名称を覚えられない。  準決勝2試合のうちこの第一試合はBS-TBSで、第二試合の大商学園−藤枝順心戦はTBSで放映された。だが山梨のTBSキー局であるテレビ山梨は第二試合を放映せず、同時刻に水戸黄門の再放送等を流していた。とても残念だ。  高校女子選手権は準決勝以降45分ハーフで行われる。それは男子と同じ。なぜ全部45分ハーフで行わないのかと思う。早急に改めるべきだろう。  同点の場合は延長戦がなく、すぐにPK戦になる。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 14:37
天皇杯決勝 C大阪2−1横浜M 一瞬の隙というもの
 得点について、一瞬の隙を突いた、という表現がよく使われる。それなら一瞬の隙が無ければ勝敗が逆になったのだろうか。  それよりは、守備の隙もまた実力だと思った方がいい。相手に隙があるなら得点になる、という攻撃を何度繰り出せたか、ということも重要だろう。惜しい攻撃を何度か繰り返していると相手も疲弊してくるし、単純な話、そのうちどれかが当たる可能性も高まる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/05 18:41
謹賀新年
 年末年始は例によって帰省していた。  テレビを見ると朝日や樹氷をバックにした年賀状みたいなCMを多数観た。これを見ると宮城県に帰ってきたな、という気がする。山梨県ではあのようなCMがあるのか、というと年末年始には山梨にいないのでよくわからない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/04 19:34
サッカーは人生よりも重要か
 実は私の人生にサッカーは必要ない ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/29 18:08
高円宮杯U-15 鳥栖2−2(PK6-5)F東京深川 白熱した好ゲーム
 U-15はプロになるまで原則3年以上ある。この試合で活躍した選手の名前を覚えていられる自信は全くない。というわけでなんとなく眺めているつもりだったのだが、存外に面白かった。  2分、いきなり鳥栖の先制点。西村がインターセプトしてフィード、そこに走り込んだ田中禅がワンタッチシュート。ゴールネットを揺らした。  鳥栖のサッカーはトップチームに似ていて攻守の切り替えが早く奪ったらとにかく前へ。前半はそれでF東京深川を苦しめていた。  しかし37分の深川、笹沼のパスに抜け出した青木が鳥栖GK田中... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/28 22:44
今年観戦したサッカーについて
 今年は18試合観戦した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/27 18:46
皇后杯決勝 日テレ3−0相模原 日テレ圧勝
 準決勝を見て、決勝は日テレが勝つのだろうとは思ったのだが、思った以上に順当だった。  1点目は岩清水のロングフィードに田中美。  2点目は岩清水のロングフィードに阪口。  ビデオテープを見ているような。いや、最近の若い人はビデオテープを知らないのか? ともかくこの2点は人を変えて同じ録画を見たような気分だった。  おそらくノジマは日テレの試合を研究して、こうしたら点を取られる、点を取られないためにはこうこうしたらいい、ということは十分考えていただろう。ところが縦ポン一発ループで決められ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/26 18:30
大学選手権決勝 流経大5−1法政大 流経大が最後は圧勝
 全日本大学選手権、いわゆるインカレの決勝である。  流経大は4人、法政大は1人、Jリーグ内定者がいるという話だ。ベガルタ仙台への加入が決まっているジャーメイン良は流経大の2列目右ミッドフィールダーとして先発した。法大では右サイドバックの武藤友樹、どこかで聞いたような名前だが、彼は松本に内定している。  試合を見ていたら、思ったよりもテクニックよりもフィジカル勝負だな、と感じた。よく走るししばしば激しくぶつかり合う。テクニックに特に秀でた選手なら、大学へは行かずにJユースないし高校卒業後すぐ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/25 18:26
天皇杯準決勝 C大阪3-1神戸、横浜M2−1柏
 これまで天皇杯の準決勝は12/29に行われることが多かった。だが、12/29は仕事の年末年始休暇初日に当たることが多く、となると帰省の移動日になることが多かった。すると天皇杯決勝は帰省中に生放送で見て、帰省が終わってから準決勝を録画で見るという逆転現象がよく起きていた。結果、準決勝は醒めた目で見ることが多かった。  個人的には今年12/23が準決勝になったことは、とてもありがたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/24 14:26
皇后杯準決勝 日テレ2−1浦和、相模原1−0千葉
日テレ2−1浦和  ちなみにマイナビベガルタ仙台レディースは準々決勝で、浦和にPK戦で敗れたとのこと。  この試合、テレビで日テレベレーザは「日・ベレ」と表記され、アナウンサーはベレーザと言い続けていた。意地でも日テレとは表記したくないし呼びたくもないらしい。  日テレの最終ラインには岩清水が君臨し、浦和の最前線では帰国した安藤が走り回った。このところ日本代表では見かけない二人だが、元気にプレーをしていてなんとなく嬉しい気持ちになった。  試合の前半は序盤から日テレが優位だった。浦和は前... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/22 20:16
高円宮杯U-18 F東京3−2神戸 F東京逆転で制す
 F東京は品田と原、神戸は佐々木がトップに昇格するという。品田と佐々木は目立っていた。品田は正確なプレースキックが持ち味。佐々木は頑丈な体とパワフルなドリブルと確かな技術があった。  先制は18分の神戸。ロングスローを頭で後ろに送って泉が押し込んだ。神戸の2点目は33分、佐々木がフィードから裏へ抜け出して倒されPKを得た。佐々木が自ら決めた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/19 18:01
CWC アルジャジーラ1−4パチューカ、Rマドリード1−0グレミオ
アルジャジーラ1−4パチューカ 順当な3位決定戦  前の2試合で240分間プレーした本田はお休み。  快進撃をしていたアルジャジーラ。だが、Rマドリード戦でそれまで神がかり的なセーブを繰り返していたハセイフが負傷してからは進撃が止まった。アルセナーニも見たところ悪いGKではないのだが、神懸ってはいない。  パチューカの4得点のうち3得点を決めたウレタビスカヤ、ハラ、デラローザ(17歳)はいずれもゴールキーパーの動きをよく見た落ち着いたゴールだった。PKを決めたサガルもゴール左隅にきっちり決... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/18 18:13
E-1 日本女子0−2北朝鮮女子、日本男子1−4韓国男子
日本女子0−2北朝鮮女子 完敗  幸運もあって韓国、中国戦に連勝してきた日本代表だが、北朝鮮戦で運は関係なく完敗を喫した。  前半開始当初から北朝鮮の圧迫を受けたが、前半途中から日本が持ち直してきて優位な展開になった。田中美や岩渕のあわやな好機もあった。これは大いに期待が持てると思った。  しかし、後半の日本はほとんど好機が作れなかった。一方その後半に2失点した。1失点目はキム・ユンミの強烈なミドルシュート。ユンミはこれで今大会4得点目とのこと。強力なストライカーである。2失点目は日本の左... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/17 13:12
CWC アルジャジーラ1−2Rマドリード レアル泡食ったがかろうじて勝利
 ゲスト解説の岡田氏が両チームとも守備が緩いと言っていた。ボールや人に対する厳しさがないということだろう。  ただし技術的なことに関しては段違いの差があるので、Rマドリードが圧倒的に攻めた。それに対し緩い守備のアルジャジーラは次々にシュートを浴びてしまう。しかしアルジャジーラGKハセイフがこの日も大当たりで次々とスーパーセーブを繰り返した。  二度Rマドリードのシュートが決まったかと思われたが、一度目はCロナウドのファウル、二度目はビデオ判定でオフサイド。  すると41分Rマドリードがボー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/16 14:04
CWC グレミオ1−0パチューカ 本田敗れる
 本田がパチューカの11人のうちただの11分の1だったら本田敗れるなどと書かないのだが、彼は攻撃の中心だった。中心選手であればそうした表現になる。  カサブランカ戦で本田があまり動かなかったと書いたが、膝の具合が悪いらしい。この試合でもトータルではあまり動いていなかった。だが、ここというところでスピードアップしてゴール前に入っていくので、なかなか彼から目が離せなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/15 21:55

続きを見る

トップへ

月別リンク

折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる