アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
折り返して逆サイド
ブログ紹介
水谷秋夫
宮城県出身、山梨県在住。
一にベガルタ、二にヴァンフォーレだが、サポーターではない。


ひとりで吠えてる過疎ブログ

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
湘南1−0磐田 決める時に決めないと湘南相手なら
 磐田の控えに俊輔。怪我上がりの彼は後半のどこかで出てくるだろう。どんな状況で出てくるか、それがひとつの焦点だった。  湘南は野田がセンターフォワードでスタメン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/20 11:10
G大坂0−0浦和 お互い点が入らない
 W杯が近づいて、NHKはその宣伝に熱中している。壮行試合ガーナ戦のメンバーも決まった。ということでガンバには東口、レッズには槙野と遠藤航が代表に選ばれています、とアナウンサーは盛んに語っていた。  正直、私はどうでもいい。W杯に向かう日本代表という物語が頭の中で焦点を結ばない。皆さん頑張って行ってらっしゃい、行った行った、さあ飯でも食うか風呂でも入るか、もうこっちには関係ない、みたいな。  ただ、中島が入っていないのだけは納得いかない。マリ戦ウクライナ戦で唯一点を取り、最も点を取りそうな選... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/19 17:33
追悼、西城秀樹
 子供の頃、西城秀樹が好きだった。少年の私の目から見ても彼は格好良かった。マイクスタンドを振り回す仕草などずいぶん真似したものだ。  分類するなら歌謡曲なのだろう。だが勢いよく歌い踊る姿は、後にロックンロールを参考にしたものだと聞いた。私が中学以降にビートルズに代表される洋楽を盛んに聞くようになったのも、西城秀樹の曲に親しんでいた影響があったからかもしれない。  高校の頃、芋煮会で友人たちとYMCAを歌い踊ったのも懐かしい思い出だ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/05/17 19:58
仙台1−3広島、横浜M1−1G大阪
仙台1−3広島 広島強し  広島が首位を快走している。その広島の試合をNHKーBSで放映するのは今年初めて。仙台の戦いぶりもさることながら、広島がなぜ首位にいるのかに興味があった。  試合開始から30分ほどはむしろ仙台が優位だった。セカンドボールはほとんど奪えていたし、蜂須賀・関口の両ワイドがボールを運んで何度も好機を作っていた。守備ではパトリックをタイトにマークして仕事をさせなかった。12分には奥埜が角度のないところからシュート。幸先よく先制した。  しかし30分くらいから広島が盛り返し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/13 12:05
甲府2−1栃木 甲府ホーム初勝利
 甲府は上野監督となってから山口戦で引き分け。その後アウェー熊本戦で勝利、ルヴァン杯札幌戦で勝利。新監督上々の立ち上がりである。  この試合、前半早々の5分、湯澤のクロスからバホスゴール。千葉戦でも同様に得点しており、甲府の得点パターンのひとつとなってきたようだ。  17分にはバホスの裏抜けからのゴールがあった。これで2-0。これだけバホスの得点が続くと夏に引き抜かれるのではないか。むしろ心配になってきた。  ところが好事魔多し。この得点時にバホスが足を痛めて動けなくなった。筋肉系のような... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/12 18:24
ねじ式甲府式
「まさか、こんなところにチバクラゲがいるとは思わなかった。  ぼくはたまたま、中銀スタにサッカーをしに来たチバクラゲに左腕を噛まれてしまったのだ。当然、静脈は切断された。真赤な勝ち点が、とめどもなく流れ出した。  ぼくは出血多量で昇格どころか降格するかもしれない。一刻も早く、新監督を捜さなければならないのだ。  しかし、不案内なこのJ2で、新監督を捜すのは容易なことではない。しかも切断された血管の切口と切口がずれないよう右手で、くっつけて合わせていなければならないので走りまわることができな... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/09 18:14
湘南1−3仙台(生観戦) 仙台が左側に残る
 BMWスタジアムの周囲ではゆるきゃらが沢山出ていてあちらでもこちらでも記念撮影が行われていた。客寄せは大切。  風は強い南風。昼間は暑かったが試合開始の午後4時頃には太陽が雲に隠れて涼しくなってきた。私の席はメインスタンドの右端近く。コーナーフラッグの斜め後ろ。  試合前に順位表が大型ビジョンに映し出された。土曜日の結果を受けて仙台も湘南も右側、つまりJ1下位にいた。どちらも勝てば左側、上位になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/07 20:10
川崎F0−2F東京、鹿島1−0浦和、名古屋1−1横浜M
川崎F0−2F東京 頑張る永井  得点者の橋本、森重、それにつながるキックを蹴った太田を差し置いて永井がヒーローインタビューを受けていた。ロンドンオリンピックの頃よりもハンサムになった気がした。その頃よりも年齢を重ねて肌が滑らかになったのではないか。  彼はあれほど頑張る選手だっただろうか。もともと走り回る献身的な守備には定評があった。ただF東京に移籍してからは時々快足を見せる印象しかなかった。よく走る選手、よく頑張る選手も、環境によってはどう走ってよいか、どう頑張ってよいかがわからなくなる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/06 08:06
CL準決第二戦 Rマドリード2−2バイエルン あんなミスをするのだね
 バイエルンミュンヘン1-2Rマドリードの第一戦を受けての第二戦。Rマドリードにとっては1失点以下に抑えれば良いという簡単なお仕事。と思ったら簡単なゲームでは全くなかった。  開始早々の3分、キミッヒがこぼれ球を押し込んでバイエルン先制。キミッヒは右サイドバックなのになぜそこにいる。菅井か。これでバイエルンはあと1点あげれば2戦合計で勝利となる。  ところが11分のRマドリード。左サイドからマルセロがクロス、ファーサイドでベンゼマが頭で合わせて同点。ベンゼマが中央に走り込もうとしていたのにク... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/04 15:35
名古屋0−0C大阪 名古屋連敗を止める
 名古屋はここまで8連敗。なぜそれほど連敗したのか、そしてこの試合でその連敗は止まるのか、に興味があった。  一方のC大阪は杉本が怪我で離脱。このところの連戦でどうしても怪我人は出やすくなる。なかでも代表選手は疲労が溜まっているだろう。清武も23分に怪我で途中交代した。清武は復帰後3試合連続で先発だったそうで、無理をしたからかと思う。  瑞穂は大雨だった。ピッチ上は水が張った状態だったらしい。一般に雨だとボールが繋ぎにくくトラップ・シュートも不正確になりがちで点は入りにくい。この試合も浮かせ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/03 08:05
西野監督でいいのか(文中敬称略)
 原則論からいったら最低だ。  基本、技術委員長は監督を評価する立場だ。それに監督の首を切ったら次の監督を探す立場でもある。だから、技術委員長が監督になるというのは、自分でやりたいから監督の首を切ったと思われても仕方がない。もしそうなら公私混同も甚だしい。  技術委員長が監督になると、次の技術委員長が監督を評価しにくいということもある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/01 18:09
清水2−1柏、横浜M3−0鹿島
清水2−1柏 シーン、パタパタパタ、シーン  前半は攻める柏、守る清水で推移した。柏は中川がちょこまか動き回ってクリスティアーノ、という有力な形があった。だが清水が厳しくボールホルダーに詰めてよく守っていた。0-0でずっと続くのかなという気配がした。  それが38分テセ、40分クリスティアーノ、41分北川。パタパタパタと点が入った。  テセはコーナーキックからヘッド。点が入ってからなら、なぜテセをフリーで飛び込ませるのかと言える。だがあの迫力でテセが飛んでくるとは予測できなかったのだろう。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/30 13:26
甲府1−1千葉(生観戦) ラストワンプレーで
 この日の甲府の最高気温は26.8℃。日が差している間はシャツ一枚でも暑いくらいだった。だが午後6時の試合開始の頃には日が南アルプスに落ち、風もあってシャツの上にジャケットを着ていても寒かった。知ってはいたのだが、改めて盆地の寒暖差を感じた。  ここまで甲府は2勝4分4敗。中銀スタジアムではまだ勝利が無い。吉田監督が三連勝を約束した後の愛媛戦では引き分け。クラブは愛媛戦後に吉田続投を明言したが、もはや負けられないではなく勝たなければならなかった。  一方の千葉は3勝1分6敗。こちらも状態が良... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/29 15:57
CL準決第一戦 バイエルン1−2Rマドリード 怪我もあれだが
 バイエルンミュンヘンには、試合中にロッベンとボアテングを失うという不運があった。ただ、そろそろシーズンが終わるという時期は怪我人が多いものでもある。怪我人が出るのは不運だが怪我人が重なるのは不運ではない。バイエルンミュンヘンにはロッベンとポアテングを酷使しなければならない事情というものがあったのかもしれない。よく知らないが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/27 22:29
鳥栖0−2川崎F 点が取れない鳥栖
 鳥栖はイバルボその他が怪我で出られず、小野裕と田川がフォワード。前半はその鳥栖が有利で、小野裕が何度かあわやゴール、の場面を作っていた。だが、小野裕は横浜Mにいた頃から点を取るのは得意ではない。小野裕の横か斜め前あたりに得点力のある選手がいれば良いのだが、田川も得点力はあまりない。川崎Fは押されていたがソンリョンらが守って0-0に留めていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/26 19:41
ハリルホジッチの解任時期に関して
(2)なぜこのW杯本番の約2か月前に解任したのか(文中敬称略)  ハリルホジッチ監督のサッカーには賛否両論があった。否の論者は私とは相容れないが、それはそれで一つの意見として尊重する。  なお、ハリルを代えろとブレずに言い続けていたのは武田修宏と杉山茂樹だ。二人ともそのサッカー論に納得できないことが多かったので、私は二人の文章をハリルとは関係なく読まないことにしている。  二氏の他に、ハリルホジッチ監督を解任すべしと一部スポーツ紙が声高に論じていた。それはスポーツ紙の記者が、というよりも、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/23 19:59
G大坂1−0C大阪 絶不調ガンバが勝つ
 連戦が続いている。C大阪はこの大阪ダービーのためにACLのメンバーを落としたという。その落としたという表現がどうか、ACLグループリーグ敗退にどれほどの影響を与えたか、については議論があるかもしれない。ただ、C大阪のユン監督が真剣にガンバに勝とうとしていたことは容易に想像がつく。  一方のG大阪はここまで絶不調。ここまで1勝1分6敗の最下位。もともと今年はフォワードの得点力が低くないかなと私は危惧していた。だが、蓋を開けてみたらフォワード以前に中盤が駄目でフォワードにボールが渡らなかった。ク... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/22 15:50
女子アジア杯 日本1−0オーストラリア 圧倒されながらの優勝
 正直、アジアチャンピオンになるのは厳しいと思っていた。特にこのところ勝てていないオーストラリアと戦うのは大変だろうと。  5位以上は間違いないからW杯出場は堅い。もしグループリーグで韓国より上に行ければ、準決勝では勝てるだろう。だから2位は有り得る。その程度と予想していた。  それがオーストラリアに勝って優勝するとは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/21 18:53
ハリルホジッチ氏解任に関して
 この件に関する論点は主に3つある。分けた方が話をしやすい。以下敬称略。 (1)ハリルホジッチを解任して良かったのか (2)なぜこのW杯本番の約2か月前に解任したのか (3)新監督が西野でいいのか ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/19 21:07
女子アジア杯 日本3−1中国 実力差通り
 前半に日本が張り切ってプレスをかけ続けたせいで、さすがに後半足が止まった。後半開始直後に二度中国に好機があった。ゴール前に抜け出したのとファーのポストに当てたのと。あれどちらかが入っていたら後半開始直後に1-1になったわけで、結果はどうなったかなと思う。  結局、勝てるかどうかはそうした好機が決められるかどうかなのだ。決められなかった中国は日本よりも弱く、実力差通りの結果になった。ただ日本の危うさは危うさとして反省しておくべきである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/18 21:08

続きを見る

トップへ

月別リンク

折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる