アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
折り返して逆サイド
ブログ紹介
水谷秋夫
宮城県出身、山梨県在住。
一にベガルタ、二にヴァンフォーレだが、サポーターではない。


 プロとは何か。スポーツで金銭を得ている人たちである。ではその金銭はどこからやってくるのか。スポンサーとか放映権料とかいろいろあるだろう。だが、結局はサッカーを見にくる観客とサッカーをテレビで見ている視聴者がいるからだ。見てくれるアマチュアがいるから、プロはサッカーで金銭を得られるのである。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
追悼、シャペコエンセの元Jリーグ関係者
 シャペコエンセの飛行機事故については言葉もない。どんな哀悼も追いつかないというか、何を書けばいいのかわからない。  そこで思い出したことがある。以前祖父の法事に出た時に、親戚のおじさんが言った言葉だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/03 07:43
鹿島0−1浦和 少なくともつまらなくはなかった
 このチャンピオンシップで浦和が勝ったら、年間一位の優勝は当たり前であるしチャンピオンシップなどいらなかったと思うだけである。  このチャンピオンシップで鹿島が勝ったら、勝ち点15差をひっくりかえして三位が優勝するような仕組みを作った人間が馬鹿だと思うだけである。  試合自体は面白かった。チャンピオンシップは嫌いだが、勝とうとして両チームが真剣に戦うサッカーはそれだけで面白いのだ。ましてJ1優勝がかかっているのだし。  少なくとも試合自体は、つまらなくはなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/30 18:40
ACL決勝第2戦 アルアイン1−1全北 ドウグラスが残念
 第1戦、全北2-1アルアインの結果を受けての第2戦。1-0勝利ならアウェーゴール数でまさるアルアイン。とにかく先に1点が欲しい。そこで彼らは序盤から激しく攻め立てた。  ところが、というか、よくある話なのだが、アルアインが好機を逃している間に全北が先制した。30分、得点は負傷したリカルド・ロペスに代わって途中出場のハン・ギョウォン。コーナーキックからギョウォンはファーからゴール前に入ってきて、その間にアルアイン選手を振り切ってフリーになっていた。  全北断然有利。と思ったら35分、今度はア... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/29 18:06
今年見に行ったサッカーについて
 まだ今年のサッカーシーズンは終わっていない。だが、私が今年見に行くサッカーは終わっているので、それをもとに1シーズンを回顧してみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/27 12:43
川崎F0−1鹿島 鹿島得意の展開で守りきる
 前半0-0でシュート5本ずつだった。  好機の数は同じくらいだが、鹿島のほうがよいと思った。川崎Fのほうがパスミスやトラップミスが多い。それは鹿島の得点という形にはならなかったが、川崎Fのリズムの悪さに繋がっていた。コンディションとメンタルの面で鹿島がうまく仕上げてきたのではないか。  21分に長谷川が足を痛めて憲剛に交代。これで川崎Fはむしろ本来の姿になった。しかし、交代選手を一人失ったことにもなる。鹿島優位と感じていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/23 17:39
2016年J2展望検証
 展望はこちら。  今年のJ2展望もぼろぼろ外れた。本当にJ2は世界一難しいリーグだ。金があるから勝てるとは限らない。  以下はイタリック体で書いてある所が予想で、クラブ名の左に書いた数字が予想順位。北から順番に書いてある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/22 18:39
ACL決勝第1戦 全北2−1アルアイン がっつんがっつんの試合はまず全北逆転勝利
 たいていの日本人はJクラブが出ていないACLなど気にしていないのだが、放映されているものだから見てみた。  いやしかし、がっつんがっつんと当たりが激しくて、見ているだけで痛い。ファウルも多い。ついでに芝も悪い。といって怪我人が出なかったのは幸い。がっつんに慣れると怪我の避け方がうまくなるのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/21 18:17
松本3−2横浜C 松本が勝利も三位でプレーオフ
 そういえば去年もBS1はJ2三位福岡の試合を流していた。三位の逆転昇格という画が欲しかったのだろうか。実際には昨年と同様に、三位松本が勝ったものの逆転はならず、プレーオフに回ることになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/20 18:05
UAE2−0イラク 快勝ではなかったがUAE勝利
 例によって実質70分くらい(?)のぶつ切り放送。  前半立ち上がりからUAEが押していた。UAEはボールを繋ぐ能力が高く、もじゃ頭のオマルは相変わらずボールを奪われずに的確なパスを配球していた。一方のイラクは時折カウンターをかけていたが精度が無い。  26分にそのUAEが先制。右サイドを抉ってのパスをイラクが小さくクリア。それをハリルが豪快にダイレクトボレーでゴールキーパーの頭上を破った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/18 18:36
2016年J1残留争い予想検証
 予想はこちら。  残留争い予想なので下位に入ると考えたクラブしか書いていない。上位に来ると予想して下位に入ったのは横浜Mの10位のみである。上位・下位分けはひとつを除いてほとんど当てた気持ちでいる。というか、J1は上位・下位のヒエラルキーは比較的はっきりしている。その中でどうするか、が現場の腕の見せ所だ。  以下はイタリック体で書いてある所が予想で、クラブ名の左に書いた数字が予想順位。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/17 18:31
日本2−1サウジアラビア(生観戦) 勝てて良かった(ホッ)
 車窓から見る山梨の山は紅葉の盛りだった。だが山を降りて高尾-西八王子間の銀杏並木を見るとまだ少し緑が混じっていた。昼は暖かかったが、夜は北風が入って急速に気温が下がる筈、と天候を読んでいた。だが、思ったほど寒くはならなかった。  日本代表戦を見に行くのははシュートを打ちまくって外しまくりセーブされまくりだったシンガポール戦以来である。あの日は試合後に大雨に遭ったが、まさか今の季節にゲリラ豪雨はあるまい。  浦和美園駅は混雑していて駅を出るだけで時間がかかった。試合開始20分前ぐらいに埼玉ス... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/16 22:18
天皇杯4回戦 柏1−3湘南、川崎F3−3(PK4-1)浦和
 11/12に4回戦をして、次の準々決勝が12/24。その間、J1クラブには公式戦が無い。  何度も書いているが、どうしてこう馬鹿なスケジュールなのだろう。なぜクラブワールドカップ(12/8〜12/18)の前に天皇杯の決勝をしないのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/13 13:35
日本4−0オマーン 概ねいろいろとよろしかった
 まず90分間出なかったこれまでのレギュラー選手について。  長友はベンチにも入らず。  香川が90分ベンチなのも怪我か。  それでは長谷部が出ていなかったのはコンディションの問題か。本田がキャプテンマークを巻いて先頭を歩いているのには違和感があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/12 12:38
天皇杯4回戦 F東京2−1HONDA FC 名勝負はF東京の辛勝
 HONDA FCと言えば名門である。Jリーグが始まった頃、古参のサッカーファンが、なぜホンダはJリーグに参加しなかったのか、と疑問を口にしていたのを覚えている。そのHONDAはJリーグ発足以後長らくJFLの強豪であり、門番などと呼ばれてきた。今季天皇杯では、岐阜、松本、盛岡を破って4回戦に進出した。  一方のF東京はACL出場チームのシードで4回戦から出場。  HONDAは11/6(日)にJFLの試合があり中二日、F東京は11/3(木)のJリーグ最終節以来の試合で中五日。  HONDAに... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/10 20:06
浦和1−1横浜M、川崎F2−3G大阪
 一応、年間一位争いの試合も見た。もっとも、浦和の年間一位よりも名古屋の降格のほうが大ニュースで、しかも名古屋の続報が次々とネット上を賑わしている。年間一位はすっかり霞んだ印象となっているのが現状だ。だいたい一位だからと言って優勝したわけではないし、チャンピオンシップは何週間も先だし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/08 18:21
仙台0−1磐田 仙台は敗れて終了、磐田は自力残留
 ホーム最終試合のホームチームは特別なモチベーションを持つものだから、そこにアウェーに乗り込んで勝つのは大変なのだ。私はJリーグの最終節やその一つ前の節になると、よくそう書いてきた。ところが今季Jリーグ最終節はホーム側の1分8敗だった。ホーム最終試合のモチベーションなど、どこか雲の向こうの話であったようだ。  ついでに言えばこの最終節、ユアスタは前売りチケット完売で19,315人を集めたそうだ。瑞穂も等々力も満員だった。ホームで満員のお客さんが応援しても、負ける時は負ける。  いや、ユアスタ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/07 18:09
新潟0−1広島 勝ち点30の意味
 新潟がよく勝ち点30で残留したと思ったので、J1が18チームになってからの15位と16位の勝ち点を調べてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/06 11:48
名古屋1−3湘南 名古屋降格に寄せて
 なにかの歯車が狂うとチームというのは坂を転がるように勝てなくなってしまうもので、  転がり始めた理由や転がりを止める手段を語ることは実はそんなに難しいことではないのだけれども、転がっている最中にそれを止めるのは本当に難しいもので、  なんでかというと中の人は外で冷静に見ているわけじゃなくて、一緒に転がりながら転がるのを止めようとしているのだから、外の人がほらあそこでああすればと言うのが中の人だと全然簡単じゃなくて、  だから、こういうことは、オリジナル10だろうが、バックに大企業がいよう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/05 18:57
甲府0−1鳥栖(生観戦) 甲府敗れて残留
 小瀬の紅葉は中途半端だった。緑と黄色茶色が混在していた。北北西の風が強く、日差しがあるところは温かかったが、日蔭は寒かった。それも中途半端だ。  甲府にとっては残留をかけた大一番、一方の鳥栖には消化試合。記録によれば観客は14,676人を集めた。通常中銀スタの観客は一万人前後なので大した数だが、満員には至っていない。なお、私の記憶に間違いが無ければ、試合中に観客数の放送はなかった。数を数えるのに時間がかかったのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/04 20:53
U-19 日本0−0(PK5-3)サウジアラビア なんと日本優勝
 イエメン戦やイラン戦を見た後には、優勝どころか、ベスト4も危ういと思っていた。  カタール戦からボランチに市丸が入って潮目が変わった。ボールを前に入れ、市丸自身も前進し、前へボールを運んで攻撃が出来るようになってきた。  ただ、タジキスタン戦とベトナム戦での快勝は、相手に恵まれた面もあった。相手のレベルが上がってきたらどうなるだろう、という疑問は残っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/02 18:33

続きを見る

トップへ

月別リンク

折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる