アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
折り返して逆サイド
ブログ紹介
水谷秋夫
宮城県出身、山梨県在住。
一にベガルタ、二にヴァンフォーレだが、サポーターではない。


ひとりで吠えてる過疎ブログ

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
川崎F3−1鹿島 策士策にというものか
 川崎Fがボールを持って攻め、鹿島が守りつつ隙を伺う。予想された通りの展開になった。問題はそこで川崎Fが押し切れるのかという点だ。川崎Fは奪われた直後の守備が集中していて、鹿島に容易にカウンターを許さなかった。というわけで前半、川崎Fが攻めながら点を取れない時間帯が続いた。  さて、この試合で鹿島は土居ではなく遠藤を先発させ、金崎と充孝のツートップないし金崎ワントップ充孝シャドウ、としてきた。この二人に加えてレアンドロと遠藤康の四人でボールを流動的に動かそうという意図があったらしい。これがうま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/17 18:29
仙台1−0広島(生観戦) 寒い夏の薄氷の勝利
 仙台寒いでば。山梨暑すぎで、なんぼがでも避暑になんねがなど思って帰省して来たんだげんと、試合記録の気温24.8℃どがそんなんで、毎日低温注意報出でっと。  3年ぶりのユアスタだげんと、寒くて長袖着て行ったでば。周り見っと長袖20人に1人ぐれだったげんとな。  おらの席は自由席南。メインスタンドから見だら右奥の角っこ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/16 18:00
広島2−2G大阪 どちらにも痛い引き分け
 広島はヨンソン監督が就任してからJリーグでは3試合目。前の2試合は1勝1敗。一刻も早く降格圏から抜け出したいところだ。一方のG大阪は優勝争いに食い込みたい。しかし前節甲府に敗れた。どちらも勝ち点3を切望しているところである。  試合の立ち上がりでは双方積極的に攻めようとしていたが、G大阪の攻撃のほうがより危険に見えた。  しかし先制は広島。15分、アンデルソン・ロペスがボールを受けて反転シュート。この反転が速かった。東口も及ばず。なお、アンデルソン・ロペスのシュートはこのゴールがこの日3本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/09 22:19
浦和2−2大宮 浦和が勝ち点2を失う
 ペトロヴィッチ監督はJリーグで偉大な足跡を残したかたである。  クラブは契約解除という表現を使っている。漢字二文字なら解任という言葉が最も適当だろう。ペトロヴィッチ氏のようなかたがこうした去り方をするのは残念でならない。ただし、よくあることでもある。Jリーグに偉大な足跡を残した監督がこのような去り方をしたことは彼が最初ではない。  後任の堀氏は姓の同じゼリコ・ペトロビッチ監督の後任でシーズン途中から監督をしたことがある。あれは2011年。あの時を思えば今回のほうが簡単な仕事に思えてしまうの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/06 13:38
アメリカ女子3−0日本女子 これが現状の女子代表
 ブラジル戦はあと少しの工夫としたたかさがあれば勝てたと思えた。  オーストラリア戦は負けない試合に出来たとは言わないが、スカウティングと戦術がもう少しましだったらもっといい試合になっただろうと感じた。  だがこのアメリカ戦については、タラレバなし。正当な実力差が現れた完敗だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/05 16:05
日本女子2−4オーストラリア女子 自滅ではあるけれども
 2-4だから、オーストラリアのほうが強いのだろう。それにリオオリンピック予選の頃よりもさらに差が拡がったようではある。  と言ってもこの試合に関してはスカウティングと監督の作戦にも問題があったと書かざるを得ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/01 18:04
G大阪3−1C大阪 なにはともあれファンウィジョ
 まずファンウィジョだ。漢字表記だと、黄 義助。え? 義助か。その漢字を見ると一気に親しみを感じる。6月に城南から加入したばかりのフォワード。無理矢理にでもシュートに持ち込もう、というプレーが多かった。見た目はその辺の兄ちゃんだが、あまり日本人にいないプレースタイルだ。こうした選手が一人いると、うまくすれば前への推進力になる。下手を打つとただのエゴイスト。このファンがガンバでは最も目立っていた。  彼のヘディングシュートが同点弾になった。この得点にはマテイヨニッチと木本の間にクロスを送った藤春... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/31 18:59
川崎F2−5磐田(生観戦) 雨の中磐田カウンター炸裂
 大雨である。武蔵中原駅から等々力競技場に着くまでに靴の中までびしゃびしゃになった。柏-仙台戦や日本-シンガポール戦ほど悲惨なことにはならなかったが、それは駅から歩く時間が両者よりも短かったからにすぎない。  こんな強雨の中、サッカーを見に来る人はよっぽど熱心なサポーターとお思いだろうか。私はどちらのサポーターでもない。ダゾーンにすら登録していないライトなサッカーファンだ。こんな雨になると前もってわかっていたなら前売り券は買っていない。  雷が鳴らなかったのは幸いだった。入場時、新聞をもらっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/30 16:07
日本女子1−1ブラジル女子 勝てた試合を勝ちきれない
 2017 Tournament of Nations、トーナメントオブネイションズ、だそうである。  4か国でリーグ戦をやるそうだ。どこがトーナメントなのだろう。アメリカではリーグ戦のことをトーナメントというのだろうか。英語の授業で習ったことと違うではないか。  その初戦のブラジル戦だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/29 10:59
C大阪4−2浦和 レッズどうしちゃったんだろうね
 サッカーの試合を見ると常ならざるものに目を引かれるものである。この試合なら浦和の2点よりもC大阪の4点だ。  そしてどちらの視点で見るかということがある。どちらのサポーターでもない身であれば、C大阪が4点を取ったことよりも、浦和が4点を失ったことのほうが気にかかる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/23 13:28
木曜映画サイト 馬鹿は地球を救うのか
 アメリカ映画に多いストーリーに、馬鹿が地球を救う話がある。 「インデペンデンス・デイ(1996)」「アルマゲドン(1998)」「バトルシップ(2012)」 そんな映画だ。こう並べると、後ろに行くほど馬鹿さ加減がパワーアップしているようでもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/20 18:13
浦和2−3ドルトムント 面白かったが勝たないと
 以前、浦和-バイエルンミュンヘン戦という、酷い試合をテレビで見たことがある。それ以来、この手のクラブ間親善試合は始まってみないとわからないと思うことにしている。こちらの日本のクラブ側もだが、相手側がどれだけ本気で来るかまったくわからないからだ。  それで疑いながら見てみたらかなり面白かった。ひとつには興梠の先制点でドルトムントの本気を引き出した、という面があるだろう。興梠は相変わらず飛び込むのがうまい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/16 14:12
天皇杯3回戦 筑波大2−1福岡、名古屋1−0八戸(雷雨中止)
筑波大2−1福岡 筑波大強し ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/13 20:38
神戸3−0仙台 力負け
 6/21(水)、天皇杯2回戦で筑波大に敗れた翌日のこと。ベガルタ仙台の公式インスタグラムで渡邉監督は、敗戦の謝罪と次戦C大阪戦での意気込みを語った。  それについては異例の事なので批判もあった。私としては、それで選手スタッフのモチベーションが上がるのなら良いのではないかと思っていた。ただ、そうしたことをやった後に負けたら格好悪いだろうな、とも思った。  この神戸戦の敗戦で、天皇杯以降ベガルタ仙台はC大阪戦、G大阪戦を含めて3連敗となった。格好悪いことこの上ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/10 17:59
F東京2−2鹿島(生観戦) 満員の熱戦はドロー
 梅雨明けはまだのようだが関東地方は真夏の暑さだった。湿度も高かったようで息苦しかった。  味の素スタジアムに着くと当日券がないということで驚いた。報道では武藤のサヨナラゲーム以来2年ぶりとか。私にとってはフォルランがいた頃のC大阪戦以来だ。あれは2014年4月だったか。味スタが満員になるのは珍しい。  この試合後にJ1は中断期間に入るし、鹿島は現在の首位だから見に行こう、と私は思い立ったのだが他にもそう思った人が多かったのだろうか。観客は42,979人。  私の席はホーム自由席だが、場所... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/09 13:54
コンフェデ杯決勝 ドイツ1−0チリ わかきどいつがー
 試合開始直後はチリが攻勢を取った。何度もドイツのゴール前を脅かした。  よく試合開始直後はどちらが、と書いているのだが、開始直後に優勢だったチームが勝つ確率はどれくらいなのだろう。一度この「折り返して逆サイド」で統計を取ってみようか。  ともかく、チリの攻勢は実を結ばなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/04 22:17
コンフェデ杯 3決 ポルトガル2−1メキシコ よもやの延長戦からあらあら
 試合開始直後はポルトガル優勢だった。パス回しに拘っているメキシコをパス回しで圧倒していた。さすが欧州1位だ、北中米1位に優るか、と思っていた。問題は優勢の時間帯に点が取れるかだ。  16分、ポルトガルがPKを得た。ビデオアシスタントレフェリー(VAR)によるものだが、テレビを見ている限りではビデオで見るまでもないと思った。もちろん主審はテレビを見ているわけではない。VARは好きではないが、あって良かったということか。そのPKはメキシコGKオチョアがセーブした。ポルトガルはチリとのPK戦に続い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/03 21:56
新潟0−2磐田 新潟はなぜ敗れるのか
【後半に追記・謝罪あり】 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/07/02 12:38
コンフェデ杯 ドイツ4−1メキシコ ドイツ圧倒
 まず電光石火のゴレツカの2得点。2点ともワンタッチシュート。1点目はゴール左隅へナイスコントロール。2点目はメキシコGKオチョアの動きを良く見て左側を抜いた。これが6分と8分。  その後はメキシコが必死に攻撃したが、人数をかけて守るドイツをどうしても崩せず前半終了。エルナンデスのシュートなど惜しかったが、クロスバーの上。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/30 22:37
コンフェデ杯 チリ1−1オーストラリア、チリ0−0(PK3-0)ポルトガル
チリ1−1オーストラリア そんなにオーストラリアが良かったか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/29 22:16

続きを見る

トップへ

月別リンク

折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる