アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
折り返して逆サイド
ブログ紹介
水谷秋夫
宮城県出身、山梨県在住。
一にベガルタ、二にヴァンフォーレだが、サポーターではない。


ひとりで吠えてる過疎ブログ

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
浦和1−1神戸 神戸が引き分けに持ち込む
 開始4分、神戸GKキム スンギュのフィードを受けた小川が宇賀神を振り払うようにして浦和GK西川と一対一になりシュートを決めた。あっという間だった。  19分、右サイド奥に走り込んだ柏木がマイナスのクロス、そのクリアボールを宇賀神がシュート、ゴール前で矢島がコースを変えて同点になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/16 17:58
川崎F3−2仙台(生観戦) これで勝てないなら
 また来た等々力。6日前と違って寒い。6日前は晴れ25℃、この日は曇りのち雨21℃。6日前は半袖の人も多かったが、この日はハーフコートの人が多くいた。  それから観客が少なくなった。ルヴァン杯準決第2戦は22,385人。J1第29節は18,892人。決勝に出られるか否かのトーナメントのほうが見に行きたくなるものだろうか。あるいは天気のせいか。ベガルタとの試合はもう飽きたのか。  等々力の川崎F戦というと2011年のあの試合以外で仙台が勝ったのを見たことがない。2週続けて負け試合を見せられるの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/15 15:45
日本3−3ハイチ たぶん何人かは帰ってこない
 ハイチのいう国について、試合前にどういう印象があっただろうか。 ・どんな国かよく知らない。 ・北中米カリブ海の最終予選には出ていない。 ・長い間、W杯に出場していない。 ・知らない監督。 ・知らない選手。 ・母が日本人の選手がいるらしい。 ・FIFAランクは日本とあまり変わらない。  こんなところだろうか。  知らないということは、相手を舐めていて調べていない、ということである。相手を舐めているとスポーツではしばしば酷い目にあう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/11 22:18
ル杯準決第2戦 川崎F3−1仙台(生観戦) 2戦合計5-4で敗れる
 正直、仙台がルヴァン杯で準決勝まで進出すると思っておらず、しかも第1戦で勝つとも思わず、急遽見に行くことにした。さて、この日の観客22,385人のうち、急遽の人と予定通りの人はどれぐらいの割合だっただろう。第一戦仙台ホームで3-2という結果は仙台有利ではあるが、紙切れほどの優位差でしかない。双方勝つつもりで来た人が多かったのではないか。  私が座ったのはバックS自由席。バックスタンドのアウェー側2階。西日を避けて上の席に座った。季節はもちろん秋だが、暑く感じられた一日だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/09 15:22
日本2−1ニュージーランド 代表サバイバルの中で
 ニュージーランド代表は11月に南米5位と大陸間プレーオフを戦う。すでにW杯出場を決めた日本と違い、彼らにとってこの試合はプレーオフに向けた重要な準備試合ということになる。  試合前、ニュージーランドDFサム・ブラザートンは「(大陸間プレーオフの)11月までにそれほど時間がない。そんな中、日本は本番を想定した相手として申し分ないと思う。彼らはボールを持ったら巧みに相手ゴールに迫るし、南米のチームに通じるテクニックも持っている」と語ったそうである(GOAL.com)。  日本サッカーは長い間、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/07 15:42
U-16女子 日本1−0中国 U-17W杯出場
 AFCU-16女子選手権タイ2017 3位決定戦。名称が長い。アジアで3位以内になれば、FIFAU-17女子ワールドカップウルグアイ2018、の出場権が得られる。こっちの名称はもっと長い。試合はタイのチョンブリで9月24日に行われた。  ところが10/1放映の録画放送を見るまでこの試合についてニュース・情報を見た記憶が無い。サッカー系のサイトを除けばサンスポで短い記事になったぐらいのようだ。  もっと注目してほしい。若年代とはいえワールドカップ出場可否を決めた試合なのだから。と書いている自... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/03 18:10
大宮0−0清水 大宮術中に嵌る
 この試合の前に甲府が柏に勝ち、札幌と広島が引き分けていた。この時点で大宮は15位広島まで勝ち点差6、清水は16位甲府まで勝ち点差1である。  当然どちらも勝ちたいわけだが、降格圏から抜け出したい大宮のほうがより勝ちたい立場にある。それに対して清水は負けない戦いで臨んできた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/02 18:03
柏0−1甲府(生観戦) 相手が悪かった
 スポーツの秋。柏駅から日立柏へ向かう道の途中にある柏第三小学校では、陽光の下、運動会が開催されていた。  今年は所用で柏-仙台戦を見損ねていた。それなら甲府戦で見に行こうと出かけた。私の席はバックスタンドアウェー側上層。一度日立柏のバックスタンドに回ってみたかった。それに午後4時開始だとバックスタンドは西日が背中側になるのがありがたい。  柏は3位で首位の鹿島を追いかける立場。一方の甲府は毎度の残留争いも16位でこのままなら崖から落ちる。入場者数は11,123人。  バックスタンドでは黄... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/01 15:48
木曜映画サイト CMを飛ばせない映画
 前にも書いたが、私は膝痛対策の筋トレをしながら映画番組を見ている。となると放送中の番組を見ることはまずない。録画したものばかりを鑑賞している。  録画するのはNHK-BSで放映されたものが最も多い。だが民放の番組もある。民放から録画したものには当然CMがある。民放のBS録画は通販CMがかなりの割合を占める。はっきり言って退屈なのでCMを飛ばして見ることが多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/28 18:25
鹿島2−1G大阪 今の鹿島は勝負強いのではない
 鹿島もG大阪も9/20(水)に天皇杯を戦っていて中二日だった。コンディションを考慮してか、鹿島は小笠原をベンチスタートとした。一方、G大阪は遠藤をフォワードの位置で先発させた。  序盤から鹿島の攻撃のほうが鋭いしボールも持っていた。しかし、先制したのはG大阪。7分、ファン・ウィジョの右サイドからのシュートがゴール右隅に決まった。ウィジョにはマークがついていたし、ゴールから距離があったので曽ヶ端は反応が遅れた。一人で決めてしまった個人技のゴールである。ちなみにしてやられたマーカーは昌子。次の日... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/24 13:54
天皇杯 筑波大0−2大宮 意外(失礼!)にも大宮勝利
 会場がカシマスタジアム。筑波大がホーム扱いだった。  大学サッカーのスケジュールは知らないがあちらも過密であるらしく、筑波大は中三日とのこと。スタメンにはお馴染みになりつつある三苫や中野が名を連ねた。一方の大宮もJリーグから中三日。スタメンは塩田・渡部・翼・金澤・長谷川・岩上ら。9/16(土)のJ1リーグG大阪戦のスタメンは山越しかいない。ほぼ総とっかえだった。大宮は残留争い中であり、ここでレギュラーを出している余裕はないのだろう。  スタメンを見たら筑波大が勝つかなと思っていた。私の勝敗... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/21 20:24
横浜M1−1柏 守り切ろうという罠
 前半9分、学が得点をあげた。山中のクロスが柏の中谷の体に当たり、クリアされたかと思ったらそのボールは学のもとへ絶妙なパスになった。学のシュートはファーサイド、ゴール右に決まった。そのボールが学の所へ跳ね返って来たのは偶然で、大抵のゴールはミスか偶然が絡んでいるものだ。だが、そのボールをシュートして決めてしまえるのは偶然ではない。  さすが齊藤学、と思ったらこれが今季初ゴールだという。少なすぎる。今年の学は横浜Mがチームとして成り立たせるのに懸命で、自身のゴールまで手が回らなかったのだろうか。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 07:39
F東京1−0仙台(生観戦) 富田不在の仙台が新監督のF東京に敗れる
 飛田給駅を降りると雨だった。台風はこの時まだ九州の西南西にあったが、東京にまで影響を及ぼしていた。空気には残暑のかけらもなかった。  私の席はホーム自由席、バックスタンド1階アウェー側。観客は雨を避けて屋根の下に集まり前方の席はがら空きだった。観客は17,940人。7月8日の鹿島戦42,979人と違って少なすぎないか。それは相手が仙台だからか、台風が来ているからか、F東京が連敗中だからか。恐らくその全部が理由だろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/17 16:18
全部同じじゃないですかクソコラグランプリ、のコラなし
「これが中田英寿」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/14 22:28
FC東京の監督交代に関して
 公式戦5連敗だそうだ。  そこにはナビスコ杯川崎F戦の2試合も含まれる。その2試合目が1-5の惨敗だった。その直後、F東京の立石GMは篠田監督を「よほどのことがない限り支えていく」と言ったという。どうなるかと思ったら、その次のJリーグC大阪戦でF東京は1-4の完敗を食らった。  C大阪戦のダイジェストを見ると、この1失点目が間抜けだった。ボールを追いかけるC大阪の松田陸とボールの間に、F東京の小川諒がいた。そこにGK林が飛び出してきて、小川が足を止めたらその横をすり抜けて松田がボールをかっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/12 20:23
川崎F3−0横浜M 矛が盾を破る
 攻撃力の高い川崎Fと守備力の高い横浜M。矛と盾の戦いである。一般にサッカーでは矛よりも盾の方が強い試合が多いが、さてどうなるか。また、矛対盾などと言われれば、もう一方の川崎Fの盾と横浜Mの矛の戦いも気になるところである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/10 14:34
ウズベキスタン0−0韓国 打っても入らない韓国代表が韓国人に褒めてもらえないW杯出場
 別組で日本の出場が決まった後だったので、気楽に見ていられた。  前半は互角か、ややウズベキスタンが良いかなというところ。大声援もあるし芝にも慣れているし、ウズベキスタンはここまでホームで強い。21分にはハイダロフの強烈なミドルシュートがポストを叩いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/07 22:13
サウジアラビア1−0日本 勝てる試合を落とすに至るまで
 サウジアラビアの勝ちパターンに嵌ったなと。  前半は相手(例えば日本)のほうがいい。ボールは持たれるし小気味よく攻められる。  それをゴール前でとにかく跳ね返す。  そのうち相手の方が先に疲れてくる。  そこで攻め込む。多くはPKで、時にシュートが決まる。暑くて疲れているから相手はあと一歩が出ない。  あとは時間を稼いで終了。最後にはなぜか勝っている。それがサウジの勝ちパターン。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/06 22:16
日本2−0オーストラリア(生観戦) 素晴らしい試合でW杯出場決定
 試合前、午前中に降った雨はとうに止んでいたが、曇天の下で北風がひゅるひゅると入り込んでいた。公式記録では気温22.0℃。さて、この天候はどう働くだろうか。日本人はオーストラリア人と違って日本の蒸し暑さに慣れている。だから、暑い方が有利な筈だ、そう思う人もいるだろう。だがそう単純なものだろうか。相手よりも走ることを特徴とするチームならば、涼しいほどより走れるわけだから気温は低いほうがいい。それにイラクの猛暑で苦しんだ日本代表の姿は記憶に新しい。さらに古いことを言えば冬の南アフリカW杯で日本はベス... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/01 22:30
UAE2−1サウジアラビア 僥倖
 序盤からUAEは積極的にボールを奪いに来た。その結果、サウジの先制点まではUAEが優位に試合を進めていた。  18分、サウジアラビアがPKを得た。アルアビドがペナルティエリア内でボールを受け、反転したところで倒された。この倒れ方が見事で、マークをしていた相手の腕が自分の体に当たっていたと同時に、ここで反転すれば相手の足が自分の足にかかる、という。審判はPKを取らざるを得ない。サウジの選手はPKを得る倒れ方の練習、というものを日々行っているに違いない。このPKをアルアビド自身が決めてサウジ先制... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/30 22:25

続きを見る

トップへ

月別リンク

折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる