アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
折り返して逆サイド
ブログ紹介
水谷秋夫
宮城県出身、山梨県在住。
一にベガルタ、二にヴァンフォーレだが、サポーターではない。


ひとりで吠えてる過疎ブログ

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
天皇杯 筑波大0−2大宮 意外(失礼!)にも大宮勝利
 会場がカシマスタジアム。筑波大がホーム扱いだった。  大学サッカーのスケジュールは知らないがあちらも過密であるらしく、筑波大は中三日とのこと。スタメンにはお馴染みになりつつある三苫や中野が名を連ねた。一方の大宮もJリーグから中三日。スタメンは塩田・渡部・翼・金澤・長谷川・岩上ら。9/16(土)のJ1リーグG大阪戦のスタメンは山越しかいない。ほぼ総とっかえだった。大宮は残留争い中であり、ここでレギュラーを出している余裕はないのだろう。  スタメンを見たら筑波大が勝つかなと思っていた。私の勝敗... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/21 20:24
横浜M1−1柏 守り切ろうという罠
 前半9分、学が得点をあげた。山中のクロスが柏の中谷の体に当たり、クリアされたかと思ったらそのボールは学のもとへ絶妙なパスになった。学のシュートはファーサイド、ゴール右に決まった。そのボールが学の所へ跳ね返って来たのは偶然で、大抵のゴールはミスか偶然が絡んでいるものだ。だが、そのボールをシュートして決めてしまえるのは偶然ではない。  さすが齊藤学、と思ったらこれが今季初ゴールだという。少なすぎる。今年の学は横浜Mがチームとして成り立たせるのに懸命で、自身のゴールまで手が回らなかったのだろうか。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 07:39
F東京1−0仙台(生観戦) 富田不在の仙台が新監督のF東京に敗れる
 飛田給駅を降りると雨だった。台風はこの時まだ九州の西南西にあったが、東京にまで影響を及ぼしていた。空気には残暑のかけらもなかった。  私の席はホーム自由席、バックスタンド1階アウェー側。観客は雨を避けて屋根の下に集まり前方の席はがら空きだった。観客は17,940人。7月8日の鹿島戦42,979人と違って少なすぎないか。それは相手が仙台だからか、台風が来ているからか、F東京が連敗中だからか。恐らくその全部が理由だろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/17 16:18
全部同じじゃないですかクソコラグランプリ、のコラなし
「これが中田英寿」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/14 22:28
FC東京の監督交代に関して
 公式戦5連敗だそうだ。  そこにはナビスコ杯川崎F戦の2試合も含まれる。その2試合目が1-5の惨敗だった。その直後、F東京の立石GMは篠田監督を「よほどのことがない限り支えていく」と言ったという。どうなるかと思ったら、その次のJリーグC大阪戦でF東京は1-4の完敗を食らった。  C大阪戦のダイジェストを見ると、この1失点目が間抜けだった。ボールを追いかけるC大阪の松田陸とボールの間に、F東京の小川諒がいた。そこにGK林が飛び出してきて、小川が足を止めたらその横をすり抜けて松田がボールをかっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/12 20:23
川崎F3−0横浜M 矛が盾を破る
 攻撃力の高い川崎Fと守備力の高い横浜M。矛と盾の戦いである。一般にサッカーでは矛よりも盾の方が強い試合が多いが、さてどうなるか。また、矛対盾などと言われれば、もう一方の川崎Fの盾と横浜Mの矛の戦いも気になるところである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/10 14:34
ウズベキスタン0−0韓国 打っても入らない韓国代表が韓国人に褒めてもらえないW杯出場
 別組で日本の出場が決まった後だったので、気楽に見ていられた。  前半は互角か、ややウズベキスタンが良いかなというところ。大声援もあるし芝にも慣れているし、ウズベキスタンはここまでホームで強い。21分にはハイダロフの強烈なミドルシュートがポストを叩いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/07 22:13
サウジアラビア1−0日本 勝てる試合を落とすに至るまで
 サウジアラビアの勝ちパターンに嵌ったなと。  前半は相手(例えば日本)のほうがいい。ボールは持たれるし小気味よく攻められる。  それをゴール前でとにかく跳ね返す。  そのうち相手の方が先に疲れてくる。  そこで攻め込む。多くはPKで、時にシュートが決まる。暑くて疲れているから相手はあと一歩が出ない。  あとは時間を稼いで終了。最後にはなぜか勝っている。それがサウジの勝ちパターン。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/06 22:16
日本2−0オーストラリア(生観戦) 素晴らしい試合でW杯出場決定
 試合前、午前中に降った雨はとうに止んでいたが、曇天の下で北風がひゅるひゅると入り込んでいた。公式記録では気温22.0℃。さて、この天候はどう働くだろうか。日本人はオーストラリア人と違って日本の蒸し暑さに慣れている。だから、暑い方が有利な筈だ、そう思う人もいるだろう。だがそう単純なものだろうか。相手よりも走ることを特徴とするチームならば、涼しいほどより走れるわけだから気温は低いほうがいい。それにイラクの猛暑で苦しんだ日本代表の姿は記憶に新しい。さらに古いことを言えば冬の南アフリカW杯で日本はベス... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/01 22:30
UAE2−1サウジアラビア 僥倖
 序盤からUAEは積極的にボールを奪いに来た。その結果、サウジの先制点まではUAEが優位に試合を進めていた。  18分、サウジアラビアがPKを得た。アルアビドがペナルティエリア内でボールを受け、反転したところで倒された。この倒れ方が見事で、マークをしていた相手の腕が自分の体に当たっていたと同時に、ここで反転すれば相手の足が自分の足にかかる、という。審判はPKを取らざるを得ない。サウジの選手はPKを得る倒れ方の練習、というものを日々行っているに違いない。このPKをアルアビド自身が決めてサウジ先制... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/30 22:25
磐田2−1神戸 ポドルスキゴールも磐田逆転
 磐田は俊輔が体調不良で不在、上田がスタメン。神戸はネルシーニョ監督が契約解除となり吉田代行監督になって2試合目、前節は横浜Mと引き分け。話題のポドルスキは7月29日大宮戦以降ゴールが無い。  前半の主役は飯田主審。そもそも試合開始直後からラフプレーが多く主審が試合を落ち着かせることが出来ないでいた。そのラフプレーはどちらかというと神戸に多く、それで磐田ホームの雰囲気はテレビで見ていてもわかるほど険悪になっていた。  24分、磐田のアダイウトンが前でボールを奪い放ったシュートがゴール右上に入... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/27 13:45
オーストラリア戦、サウジアラビア戦の代表選手発表
GK 川島、東口、中村 DF 長友、槙野、吉田、酒井宏、酒井高、昌子、植田、三浦 MF 長谷部、山口、高萩、井手口、小林、柴崎、香川 FW 浅野、久保、本田、乾、武藤、原口、岡崎、杉本、大迫 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/24 22:27
G大阪0−1柏 シュートを沢山打っているほうが普通は勝つ
 得点は68分だったのだが、柏のほうが勝ちそうだという雰囲気だった。それは柏の方がボールを持っているということもあったが、何よりもシュートを多く打っていたからだ。  柏のクリスティアーノ、ハモン・ロペス、伊東純也という前目の選手にボールが入ると、どこでボールを受けたにしてもシュートまでいってしまう。それにはシュートを打つ意識もあるのだろうし、少々のマークを受けてもシュートを打てる能力というものもある。  結局、サッカーは点を取って勝つゲームなので、シュートを打つチームが勝てそうなチームに見え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/21 18:15
ノジマ―仙台L(生観戦) 雷雨中断中止延期
 ノジマステラ神奈川相模原、対、マイナビベガルタ仙台レディース、である。どちらも正式名称が長い。仙台の方はマスコミに出すときの略称がスポンサードしているマイナビになっている。それは理解している。ただそうすると書いている私の頭が混乱するので、昨年と同様に仙台Lと書く。  ノジマのホームスタジアムは相模原ギオンスタジアムなのだが、この試合は町田市立陸上競技場、いわゆる野津田の天空の城が舞台となった。開始時間は18時。ギオンはナイター設備がないので野津田を借りたのだろう。  町田ゼルビアの試合なら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/20 15:43
川崎F3−1鹿島 策士策にというものか
 川崎Fがボールを持って攻め、鹿島が守りつつ隙を伺う。予想された通りの展開になった。問題はそこで川崎Fが押し切れるのかという点だ。川崎Fは奪われた直後の守備が集中していて、鹿島に容易にカウンターを許さなかった。というわけで前半、川崎Fが攻めながら点を取れない時間帯が続いた。  さて、この試合で鹿島は土居ではなく遠藤を先発させ、金崎と充孝のツートップないし金崎ワントップ充孝シャドウ、としてきた。この二人に加えてレアンドロと遠藤康の四人でボールを流動的に動かそうという意図があったらしい。これがうま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/17 18:29
仙台1−0広島(生観戦) 寒い夏の薄氷の勝利
 仙台寒いでば。山梨暑すぎで、なんぼがでも避暑になんねがなど思って帰省して来たんだげんと、試合記録の気温24.8℃どがそんなんで、毎日低温注意報出でっと。  3年ぶりのユアスタだげんと、寒くて長袖着て行ったでば。周り見っと長袖20人に1人ぐれだったげんとな。  おらの席は自由席南。メインスタンドから見だら右奥の角っこ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/16 18:00
広島2−2G大阪 どちらにも痛い引き分け
 広島はヨンソン監督が就任してからJリーグでは3試合目。前の2試合は1勝1敗。一刻も早く降格圏から抜け出したいところだ。一方のG大阪は優勝争いに食い込みたい。しかし前節甲府に敗れた。どちらも勝ち点3を切望しているところである。  試合の立ち上がりでは双方積極的に攻めようとしていたが、G大阪の攻撃のほうがより危険に見えた。  しかし先制は広島。15分、アンデルソン・ロペスがボールを受けて反転シュート。この反転が速かった。東口も及ばず。なお、アンデルソン・ロペスのシュートはこのゴールがこの日3本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/09 22:19
浦和2−2大宮 浦和が勝ち点2を失う
 ペトロヴィッチ監督はJリーグで偉大な足跡を残したかたである。  クラブは契約解除という表現を使っている。漢字二文字なら解任という言葉が最も適当だろう。ペトロヴィッチ氏のようなかたがこうした去り方をするのは残念でならない。ただし、よくあることでもある。Jリーグに偉大な足跡を残した監督がこのような去り方をしたことは彼が最初ではない。  後任の堀氏は姓の同じゼリコ・ペトロビッチ監督の後任でシーズン途中から監督をしたことがある。あれは2011年。あの時を思えば今回のほうが簡単な仕事に思えてしまうの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/06 13:38
アメリカ女子3−0日本女子 これが現状の女子代表
 ブラジル戦はあと少しの工夫としたたかさがあれば勝てたと思えた。  オーストラリア戦は負けない試合に出来たとは言わないが、スカウティングと戦術がもう少しましだったらもっといい試合になっただろうと感じた。  だがこのアメリカ戦については、タラレバなし。正当な実力差が現れた完敗だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/05 16:05
日本女子2−4オーストラリア女子 自滅ではあるけれども
 2-4だから、オーストラリアのほうが強いのだろう。それにリオオリンピック予選の頃よりもさらに差が拡がったようではある。  と言ってもこの試合に関してはスカウティングと監督の作戦にも問題があったと書かざるを得ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/01 18:04

続きを見る

トップへ

月別リンク

折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる