アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
折り返して逆サイド
ブログ紹介
水谷秋夫
宮城県出身、山梨県在住。
一にベガルタ、二にヴァンフォーレだが、サポーターではない。


ひとりで吠えてる過疎ブログ

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
タイ0−3サウジアラビア よっぽどのことが起きませんように
 日本の次の相手がタイなので、なにか弱点はないかなという視点で見ていた。この試合で明確な欠点が三つあった。ひとつは一対一。サウジからなかなかボールが取れなかった。もうひとつは戦術理解。一対一で取れないなら複数人で挟み込むなどしなければならないのだが、そうした工夫がなかった。三つめは攻撃時の連携。誰かがボールを持って持ち込むとき、逆サイドで誰も上がってこない。単独の持ち込みはどこかで奪われるかカットされて終わった。  一方でタイの長所はボールを持つときのテクニック。ドリブル、パスの技術は高い。味... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/27 18:25
UAE戦についてそのほか
 試合はアブダビではなくアルアインで行われた。ピッチが近く、アウェーで迫力の大歓声ということだった。だが、UAE選手たちにしてみれば、後半戦初戦の緊張感があるところでホームの大歓声。それが却ってプレッシャーになったのかもしれない。  日本代表について振り返ってみれば、2次予選の初戦にホーム埼玉でシンガポールと引き分け、最終予選の初戦ではホーム埼玉でUAEに敗れている。初戦にホーム迫力の大歓声というのは、ホームチームにとって実は難しいのかもしれない。むしろ初戦ホームならピッチが遠く歓声が届きにく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/26 11:54
UAE0−2日本 なぜ川島だったのか
 UAE戦でもっとも驚いたのは本田がベンチスタートだったことでも今野や久保が先発したことでもない。ゴールキーパーが川島だったことだ。なにしろ彼は本田よりも試合に出ていない。試合勘云々で言ったらもっとも出してはいけない選手だ。  それならなぜ川島だったのか。マスコミはハリルホジッチ監督の言葉から、経験を重視したと書いている。だがその言葉を、中東アウェーの経験が豊富だからアウェーの歓声の中で舞い上がって失敗することはない、などと受け取ったらあまりに単純である。問題はその経験の中身だ。  川島がU... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/25 07:53
F東京3−0川崎F ソンリョンのオウンゴールからガラガラガッシャン
 Jリーグも第4節。私はまだサッカー場で観戦が出来ていない。柏対仙台は0-1で仙台が勝ったらしいが、所用で行けなかった。3月は浮世の義理が多い。  さて、BS-1では多摩川クラシコを放映していた。私はクラシコとかダービーとかはあまり見に行ったことがない。残留争い中の浦和-大宮戦を見に行ったくらいか。クラシコとか言われても自分は部外者だから、当事者同士で楽しんでください、という気分になる。  F東京は前節G大阪に3-0で敗れた。川崎Fは家長が1カ月、舞行龍が5カ月の怪我という記事が出ていた。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/19 13:34
UAE・タイ戦の日本代表選手発表
 私は野球も好きなのでWBCは楽しんで見ている。  WBCの試合内容はともかくとして、中居君の声が変に暗くねちっこく感じられて気になっている。普段からあんな声だったのか。  それとも中居君は最近、なにか嫌なことでもあったのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/16 20:17
G大阪3−0F東京 圧勝と完敗の中身
 通常サッカーで3-0ともなれば圧勝あるいは完敗と呼ばれる。だがシュート数は10対11、コーナーキック数は3対7でF東京のほうが多い。またメンバーを見れば、圧勝するほどの実力差があるものとも思われない。F東京が大型補強を敢行したのに対してG大阪は補強が思うように進まず苦しんでいたようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/12 11:45
アルガルベ杯 日本2−3オランダ 勝てた試合というのがなんとも
 オランダと戦うことになったのか。結構強いという噂だ。いや、メンバーはほどんど知らないのだが、一人だけプレーを見てきた選手がいる。  ヤクルトのバレンティンが活躍しているそうじゃないか。  それはWBCのお話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/10 20:45
アルガルベ杯 日本2−0ノルウェー 良くなってきたこの代表
 メンバーを試合ごとに変えてこの試合は籾木が先発。籾木が日テレの好選手なのは知っているが、代表で生きるかはやってみないとわからない。ちなみにキャプテン熊谷は出ずっぱり。怪我でもしなければよいがと心配している。  ノルウェーは奪ってからの速い攻めが特徴。一方の日本は繋いでポゼッション。序盤にノルウェーはポスト直撃の逸機があり、どうなることやらと思いながら見ていた。そもそも奪ってから速くだと2,3人でシュートに持ち込めるが、繋いでポゼッションはシュートまで5人以上を経ることがある。介する人数が多い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/08 20:00
浦和3−1C大阪、横浜M3−0札幌
 ベガルタ仙台は2連勝だそうで、御同慶の至り。昨年と同じ体制ならスカパー無料の日で、ありがたくも第一日曜日に磐田戦だけは見ることが出来たのだろう。しかし今年そんなものはない。  ダゾーンのおかげで2リーグ制が1リーグ制に戻ったことには感謝している。しかしダゾーンを見るかというと……。今はダゾーン配信に関するニュースが無くなったら検討しようかなと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/07 18:04
甲府0−1鹿島 ウイルソンは元気と伝えたかったが
 山梨中銀スタジアムの初戦。中銀スタは13,199人を集めた。鹿島はACLを含む連戦で2連敗中。彼らはここで是が非でも勝ちたいだろうが、甲府もホーム初戦で相手の日程が過密のうちに勝ちたいところだ。  試合開始直後に金崎が甲府ディフェンス二人に挟まれながら、斜め後方から小笠原が送ったフィードをトラップしてシュート。これはセーブされたがいきなりのシュートで存在感を示した。その後も鹿島の攻勢は続いたが、甲府がしのいで次第に拮抗した展開になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/06 18:15
アルガルベ杯 日本2−0アイスランド 長谷川の2得点で逃げ切る
 アイスランド戦はスペイン戦から次のように先発が変わった。カッコ内がスペイン戦。 GK: 山下(山根) DF: 鮫島・熊谷・中村(高木)・北川 MF: 川村・宇津木・千葉・長谷川(阪口・佐々木・中島・中里) FW: 田中・横山(増矢) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/05 11:31
アルガルベ杯 日本1−2スペイン つくづく日本弱いなと
 アルガルベ杯か。もう1年経ったのかと思ったら勘違い。2016年のアルガルベ杯はリオ五輪予選と重なったため日本代表が出ていない。女子代表にとってアルガルベ杯は2年ぶりになる。もう2年経ったのか、だ。  3月2日の朝、結果を早く知りたくて録画した試合を早送りした。早送りで試合の詳細はわからないが、ボールがどちら側にあるのかはわかる。多くの時間、日本の陣内でゲームが行われていて、それだけでも苦戦したのがわかった。  前半は特にひどく、日本はボールをつなげられない、セカンドボールを拾えない、スペイ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/03 18:22
清水0−1神戸 前評判通り
 表題に前評判と書いたが、それはこの試合の前評判ではなく順位予想のほうだ。J2から昇格してきた清水は残留を争うのではないかと予想されており、ポドルスキが来るという噂もあった神戸は優勝争いのダークホースとみなす人が多かった。  例えば仙台から清水には六反が、神戸には渡部が移籍した。だが、六反は出場機会を求めての移籍であり、渡部は引き抜かれた形である。この両者を比較するだけで、資金力の差は明らかであろう。  最前線を見れば清水は大前の穴が埋められていないのに対し、神戸は田中順也を補強している。レ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/26 13:23
鹿島0−1F東京 開幕戦は公式戦初戦のFC東京勝利
 ついにというかようやくというかもうこんな日になったというか、Jリーグ開幕である。2月は寒いので私はテレビ観戦。昨年王者の鹿島と鹿島以上に大型補強が話題になったF東京の対戦。カシマスタジアムは28240人を集めた。注目の一番を裁くのは西村主審。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/25 19:45
木曜映画サイト この愚かさには覚えがある 「ばしゃ馬さんとビッグマウス」
 映画でも小説でも漫画でもいいのだが、愚かな人がいると物語が作りやすい、ということがある。  例えば所持している株が暴落している時に、 「あら、しょうがないわね。損切りしなきゃ。……ポチ」 と冷静にやられたのでは物語にならない。 「もうだめ、もう駄目なのぉ。売って。いくらでもいいから売ってぇぇぇ。もうおしまい、もうおしまいよぉ。どうしたらいいのぉ。早く、早く売ってぇっ」 という、愚かな人のほうが物語にしやすい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/23 18:47
ゼ杯 鹿島3−2浦和 やはり最後に勝つのは鹿島
 もうゼロックス杯だ。日本サッカーのオフシーズンはあっという間に終わってしまった。サッカー観戦は楽しみだが、もう少しのんびりしたかった気もする。  Jリーグと天皇杯優勝クラブが同一の場合、Jリーグ2位に出場権が与えられる。ということで、Jリーグ王者兼天皇杯王者の鹿島対Jリーグ2位の浦和。こう書くとJリーグ最多勝ち点だった筈の浦和が無理やり試合成立のために引っ張り出された感がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/18 20:36
仙台に来た増嶋竜也について
 増嶋竜也というディフェンダーは何で知られているだろうか。  プレーヤーとしてよりも、奥さんが潮田玲子ということで知られているかもしれない。このところその奥さんの記事がいくつか出ていた。夫とともに子供と仙台で暮らすという。かつて仙台に住んでいた私としては、一気に潮田玲子の好感度が上がったところだ。  増嶋は柏から期限付き移籍で仙台に来ている。戻る気なら単身赴任もありだろう。だが、増嶋本人としては借りパクされる気マンマンなのかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/16 20:07
たまに書いている木曜映画サイトについて
 そもそもなぜ木曜なのか。  今はシーズンオフだが、シーズン中サッカーは代表戦でもない限り、土曜日や日曜日に行われる。それを見た上で感想を書くのは土曜日から月曜日ぐらいまでになることが多い。  それで火曜日あたりは、書くことは書いたから今日は書かない、書かない一日は楽でいい、といった気分でいる。それが木曜日くらいまでくると、なにか書くことないかなという気分になってくる。それでサッカー界でなにかしらの話題やなにかしらのネタを書こうとする。だがサッカー界になにかしらの話題があるとは限らないし、十... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/09 18:50
2017年J1展望
 北から順に書いていく。クラブ名の左が予想順位である。  個人的には、奇を衒わずに平凡な予想をしたつもりでいる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/05 20:04
W杯出場枠拡大に関して
 決定は1月10日だったからいささか旧聞に属する。だが当時はまだ高校選手権が終わっていなかったのでこれに対して考察し文書化している暇はなかった。  何日も経ってしまったので、まず決定内容を復習してみよう。 1)2026年大会から、出場国が現在の32ヵ国から48ヵ国になる。なお、2026年はカタール大会の次の大会に当たる。 2)グループリーグは3ヵ国で争われ、上位2ヵ国計32ヵ国が決勝トーナメントに進出する。決勝まで最大7試合なのは現状と変わらない。 3)W杯の総試合数は現在の64から80... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/31 18:04

続きを見る

トップへ

月別リンク

折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる