折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラジル2-0コスタリカ、ナイジェリア2-0アイスランド、スイス2-1セルビア、ベルギー5-2チュニ

<<   作成日時 : 2018/06/24 17:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブラジル2−0コスタリカ ブラジル対ナバス
「ブラジル対ナバス」と書くと、コスタリカのGK以外の10人が無能みたいに見えるかもしれない。
 そうではない。コスタリカの10人とブラジルの10人の力の差はわかっている上でそれでもコスタリカのナバス以外の10人の話をしておきたい。
 サッカーというのは点を取って勝つサッカーであるから、例えば「ネイマールが点を取るために他の10人がどう動いたか」みたいな表現がある。これはサッカー独特で、野球には「中田翔が満塁ホームランを打つために前の三人がいかにして塁に出るか」みたいな言い方はあまりしない。しかしサッカーはフォワードに特別なストライカーがいた場合、他の10人がどう動いてそのフォワードに点を取らせるかという表現が成り立つ。
 それでこの試合だが、ナバスという世界的なゴールキーパーに点を防がせるためにいかにして他の10人が動くか。そんなサッカーをコスタリカがしていた。
 守備的とかそんな聞き飽きた話ではない。ナバスがセーブするためにはボールをゴールから遠ざけないといけない。シュートを打つ人の前に立たなければならない。ナバスに正面でセーブさせるためにシュートコースを限定させなければならない。そういう動きを他の10人が献身的に行っていた。
 それは後半アディッショナルタイム中の91分に破綻した。そろえは後ろからすっ飛んできたコウチーニョが偉いという話でもある。
 この試合でブラジルを褒める人はいくらでもいるだろう。だがこの試合でグループリーグ敗退が決まったコスタリカをここでは取り上げたい。あなたたちは素晴らしかった。ナバスのセーブのためにいかに献身的に働いたかと。
 良い試合だった。「最後はどうなるんだ、どうやって終わるんだ」と夢中で見た90分だった。


ナイジェリア2−0アイスランド 後半ナイジェリア突然の覚醒

 前半はアイスランドが良かった。ナイジェリアにシュートを打たせなかった。決定機もあった。しかしナイジェリアGKウゾホが当たっていて、どうにか前半0-0で終わった。
 後半、ナイジェリアは突然覚醒した。
 49分カウンター。右サイドを破ってセンタリング。これを高く右足を上げてアウトにトラップしたのはムサ。自ら落としたボールを右足で叩き込んだ。ナイジェリア先制。
 さらに75分。今度は同じムサが快足を飛ばした。左サイドから右に切れ込みアイスランドGKハルドーソンまで置き去りにしてゴール。
 その後アイスランドにPKの機会があったがシュートは枠外に消えた。
 ハーフタイムに何があったのだろう。ナイジェリアは唐突に自らの力を取り戻した。次の試合の相手は悩めるアルゼンチン。


スイス2−1セルビア スイス逆転

 サッカーは得点が少ないゲームなので逆転勝ちがそもそも少ない。W杯だとさらに少ない。日本代表のドイツW杯オーストラリア戦とかブラジルW杯コートジボワール戦とかは結構希少なのだ。
 さてこの試合は比較的オープンな打ち合いで始まった。開始5分、右サイドからのクロスにミトロヴィッチのヘッド。マークを外したのではなくディフェンダーとの競り合いに勝ったもので、セルビアの高さを生かした形になった。ところでセルビアは、本来背の高い人が多い国なのだろうか。
 前半は打ち合いだったがその後点は入らず。しかし後半は徐々にスイスペースになっていった。52分、シャキリのシュートが弾かれたところにシャカが強烈なスーパーミドルシュート。同点。
 その後セルビアが走れなくなったのか、スイスの攻める時間が長くなった。90分、シャキリが裏へ飛び出してゴールキーパーとの一対一も制してついに逆転。見事な逆転劇だった。


ベルギー5−2チュニジア ベルギーの恐るべき攻撃

 チュニジアは打ち合いに来た。その意気やよしだが、前半早い時期からアザール、ルカクと得点したのでいったいベルギーに何点入るのかと思った。コーナーキックからチュニジアは1点返したが、前半のうちからディフェンダー二人をアクシデントで交代させた。前半終了間際にまたルカクの得点があった。正直、勝敗への興味はここでなくなった。
 ベルギーは後半、守備的に戦った。後半はそのために2点しか入らなかったというべきだろう。ルカク、アザールも早めに交代させる余裕の采配もあった。代わりに入ったバチュアイが外しまくっていたが1ゴールも決めた。攻撃についてベルギーは何の問題もない。
 チュニジアは後半アディッショナルタイムに2点目をあげた。多少は気の晴れる思いもしただろうか。ベルギーは攻撃は良かったが、守備にいくらかの不安を残すことにもなった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラジル2-0コスタリカ、ナイジェリア2-0アイスランド、スイス2-1セルビア、ベルギー5-2チュニ 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる