折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS CL決勝 Rマドリード3−1リバプール なんということか

<<   作成日時 : 2018/05/27 17:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

なんということか(1)
 リバプールとエジプト代表のエース、サラーがセルヒオラモスに腕固めのまま引き倒されて故障。30分にララーナと交代。セルヒオラモスはファウルにすらならない。

なんということか(2)
 Rマドリードのカルバハルが足を引っかけたのか引っかけられたのか。痛めてイグレシアスと交代。

なんということか(3)
 50分、リバプールのゴールキーパー、カリウスがアンダースローでベンゼマの足にボールを投げてしまい、ベンゼマの蹴ったボールはそのままゴールイン。こんなミスがCL決勝で起きるとは。

 なお、54分のリバプール。コーナーキックでリバプールが競り勝ったボールを(例の)セネガル代表マネが押し込んで同点。この試合で最も驚かなかった得点。

なんということか(4)
 61分、クロスバーにシュートを打っていたイスコに代えてベイル登場。63分、マルセロのクロスにそのベイルがバイシクルシュートを決める。

なんということか(5)
 82分、ベイルのミドルシュートをカリウスがパンチングで弾き返そうとして拳に当て損ねてゴールイン。ブレ球ではなかったように見えた。

なんということか おまけ
 ピッチへの乱入者がCロナウドのシュートを防ぐ。


 というわけで3-1でRマドリードがCL3連覇。おめでとう。お金のあるクラブが勝つことはあまり好きではないのだが、お金のあるクラブが強くて、強いチームが勝つのは当たり前のことだ。だが当たり前のことを重ねるのは、しかもCLで勝ち続けるのは簡単なことではない。
 一方、最高の舞台で最低の失敗をしたカリウスは、この試合を生涯悔やみ続けるのだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CL決勝 Rマドリード3−1リバプール なんということか 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる