折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 女子アジア杯 日本3−1中国 実力差通り

<<   作成日時 : 2018/04/18 21:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 前半に日本が張り切ってプレスをかけ続けたせいで、さすがに後半足が止まった。後半開始直後に二度中国に好機があった。ゴール前に抜け出したのとファーのポストに当てたのと。あれどちらかが入っていたら後半開始直後に1-1になったわけで、結果はどうなったかなと思う。
 結局、勝てるかどうかはそうした好機が決められるかどうかなのだ。決められなかった中国は日本よりも弱く、実力差通りの結果になった。ただ日本の危うさは危うさとして反省しておくべきである。

 岩渕の先制弾も横山の2点目もお見事な得点だった。お見事な得点を決めることが出来るフォワードは、世界にそう多くない。こうしたタレントが日本にいることをまず喜ぶべきだ。
 一失点は反省点。PKを取られる時は、周りが見えていればそこで慌てなくてもよかったのに、ということが多いものだ。ペナルティエリア内で落ち着くのは難しいが、周りに誰がいるのかも頭に入れてプレーしなければならない。

 準決勝2試合と5位決定戦で日本のいたグループBが全勝した。まったくなんでこんな偏った組み合わせになったのだろうか(Wikipedia)。中国の圧力かタイを利するためか。
 ともあれ次は決勝は日本-オーストラリア戦。ここで決着をつけよう。アジアチャンピオンを決めるのにふさわしい試合になるだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
女子アジア杯 日本3−1中国 実力差通り 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる