折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS サッカーは人生よりも重要か

<<   作成日時 : 2017/12/29 18:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 実は私の人生にサッカーは必要ない


「サッカーは人生よりも重要だ」
と言った監督がいる、と聞いたことがある。初めてそれを知った時には、「何を馬鹿なことを言っているのだろう」と思ったものだ。
 ただなんとなく気になって調べてみた。

"Some people believe football is a matter of life and death, I am very disappointed with that attitude. I can assure you it is much, much more important than that"(wikipedia)

 サッカーが生と死の問題だと思う人もいますが、私はその態度に非常に失望しています。 私はそれがはるかに重要であり、それよりはるかに重要であることを保証することができます(Google翻訳による)

 語ったのはリバプールで1959年から1974年まで監督を務めたビル・シャンクリーである。彼はイングランド二部にいたリバプールを、イングランドの名門クラブに引き上げた。日本に例えたら、J2にいた柏レイソルをJ1に引き上げてJ1で優勝させたネルシーニョが、柏を退任することなくそれから10年以上柏を率いて何度もタイトルをもたらした、と想像したら近い話になるだろうか。

 さて、ここからはシャンクリーの発言に想起されたことである。
 life and death、と言う。まだ死んでいないのならこの世はLIFEのうちだ。LIFEは日本語で人生と訳される。
 人生においては、生と死の問題より重要なことなどない。私はそう思う。
 だがその前に人生とはなんだろう。

 学校に行ったり学校に行かなかったり
 仕事をしたり仕事をしなかったり
 恋をしたり恋をしなかったり
 結婚をしたり結婚をしなかったり
 子供を育てたり子供を育てなかったり

 そうしたものが人生だ。

 そんな人生を楽しめるか。
 人生が楽かどうかはその人の境遇によるだろう。だが人生が楽しいかどうかは、実は境遇よりも気の持ちようが大きいのではないかと思う。
 そしてその気の持ちようというものも、結構その人の才能というか、生まれつきのものが大きいのではないかと。
 楽しめる人は境遇がどうだろうと楽しめるし、楽しめない人はむしろ人生という現実を忘れたいだろう。

 酒無しでこの辛い現実に、どうやって耐えていくんだ? (吾妻ひでお「失踪日記2 アル中病棟」)

 私はサッカー場につくと、まずビールや焼酎を飲むことが多い。それは酔っ払いたいから、とは少し違う。サッカー場を異空間にしたいのだ。これから始まることは非日常だと自分を切り替えたいのである。
 私の人生を忘れるために。


 私の人生にサッカーは必要ない
 だが人生を忘れるためにサッカーは不可欠だ




 次の更新は1月4日以降になります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サッカーは人生よりも重要か 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる