折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜M1−4C大阪 清武は復活している

<<   作成日時 : 2017/11/19 07:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 3位C大阪と5位横浜Mの勝ち点差はわずかに2。ACL出場権争いの直接対決。
 13分、ダビド バブンスキーのシュートで横浜M先制。これが左サイドからのミドルシュートをゴール右のポストにぶち当ててゴールインするという強烈なもの。バブンスキーはバルセロナ下部組織出身の23歳。そんな人がなぜ横浜Mにいるのだろう。父親のボバンが1996-1998にG大阪でプレーしている(44試合6得点)。父の勧めがあったのだろうか。

 その後しばらく1-0の時間が続いた。その間、C大阪が押し込んで攻め続けていた。それを見ながら、横浜Mが1-0のまま守り切れなかったらC大阪が逆転で勝つのかな、どちらかだな、と思った。C大阪が横浜M守備陣を長い時間振り回していたので、C大阪が1点でも取ったらもう横浜Mに反撃する体力は残っていないだろうと。
 攻撃力のないチーム相手なら横浜Mが耐えきれるのだろうが、さてC大阪の攻撃力はどうだろうか。

 すると64分、清武のミドルシュートが決まった。68分には清武の意表を突くバックヒールパスから水沼がゴールを決めた。
 C大阪復帰以来、清武は怪我が多く心配していた。日本代表にもしばらく招集されていない。しかし見よ、清武は復活している。

 その後は一方的な展開になった。結果はC大阪の圧勝。ACL出場権確保に前進した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜M1−4C大阪 清武は復活している 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる