折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島1−1神戸、甲府0−0磐田

<<   作成日時 : 2017/05/07 17:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

広島1−1神戸 どちらがより悪かったのか不明

 広島は前節まで1勝しか出来ず降格圏で喘いでいる。中でも得点力不足が深刻で9試合で6点しか取っていない。寿人も浅野もウタカも去った。野津田は清水にレンタル移籍中。期待の新戦力工藤は3得点で広島の全得点中半分を占めているのだが、まだまだ物足りないところ。ところでその広島の6得点のうち3点が仙台戦なのだがいったいどんな試合だったのやら。
 神戸は開幕4連勝で首位に立っていたが、直近では3連敗中。その3戦では1得点3失点。こちらも得点力不足が目立つ。先発で千真が外れ、前節では4バックだったようだが5バック(3バック?)にして田中順の1トップ。何かを変えたいところだったらしい。
 先制点は神戸。32分、田中順がバイタルエリアでボールを持ち、広島ディフェンスを引き付けたところで前の大森にパス。大森は左に塩谷がいたが構わずゴール左へシュート。この時、塩谷が少しでもプレッシャーになっていたら左にシュートは打てなかった筈。塩谷もボールウォッチャーになっていたのだろうか。
 52分、広島の同点弾はアンデルソン・ロペス。右からクロスが入ってきたとき、ペナルティエリア内にはロペスも含めて4名いた。リスクをかけて攻撃し、それが功を奏した形だ。
 1-1の同点で終了したが、調子の悪いどうしの試合でどちらがより悪かったのかというとよくわからなかった。守備面では失点場面以外どちらも特に悪くないように見えた。だが、どう点を取っていくのかが双方はっきりしない。広島は工藤にどのように点を取らせるのかが見えなかった。神戸はというと新フォーメーションが良かったのか悪かったのか判断が難しい。


甲府0−0磐田 甲府数的優位を生かせず

 甲府は河本ドゥドゥのツートップ5-3-2。このフォーメーションは5の右端と左端の前の空間を起点に使われやすい。しかし甲府は3の中盤が懸命にスライドしてその空間を埋めていた。
 磐田は俊輔が復帰。俊輔-川又のラインがやはり脅威。ただボール保持は前半ほぼ互角。甲府は割にサイド攻撃を繰り出せていた。内容も五分と思いながら前半は見ていた。
 後半になって62分、俊輔が川又にフィード。畑尾とリマに挟まれた川又にぴたりと合わせた。鳥肌ものだ。ここは川又のシュートを岡が好セーブ。
 63分、磐田の宮崎が警告2枚目で退場。甲府が右サイドから攻め込もうとしたときに宮崎がすっ飛んで行って小椋がひっくり返っていたのでその時だろう。これで甲府が数的優位になった。
 俊輔がボランチに下がり、甲府が押し込み磐田が引いて守る形になった。普段甲府が引いて守っているところばかり見ているのでなかなか珍しい光景だった。この数的優位に甲府は何度も好機を得たが守り切られてしまった。
 79分、久々にウイルソン登場。しかし、調子が上がっていないのは明らかで決定的なプレーをするには至らなかった。結局、0-0で終了。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広島1−1神戸、甲府0−0磐田 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる