折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS F東京1−0仙台(生観戦) F東京の守備を崩せず

<<   作成日時 : 2016/10/30 13:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 中位同士の優勝争いも残留争いもない戦いである。見る方は気楽でよろしい。ただ、F東京はホーム最終戦であるから、通常よりモチベーションが高いかもしれない。ちなみに仙台はJリーグ味スタ4年連続敗戦中。
 試合前は日が射して温かいと思ったのだが、味スタに着くと日が陰ってきた。風が冷たい。思えば木枯らしも間近な季節だ。私の席はバックスタンド2階自由席。高みの見物。味スタは見た目ガラガラだが、21,198人を集めた。仙台側は2000人を超えるサポーターが来たという。

 F東京
GK: 秋元、DF: 橋本・森重・丸山・室屋、MF: 梶山・草民・水沼・東、FW: 中島・前田

 誰にオファーが来たのなんのという情報が飛び交う季節でもある。秋元はスタメン、高橋はベンチ。

 仙台
GK: 関、DF: 大岩・平岡・渡部・石川、MF: 富田・藤村・梁・奧埜、FW: 野沢・ハモンロペス

 F東京からレンタル中の三田は契約上出場不可。赤嶺の時にF東京のフロントは批判を浴びたから、F東京と戦う三田など見たくないであろう。三田の代わりに藤村が出場。仙台側ゴール裏では今年限りでベガルタを去るウイルソンの9番が掲げられていた。しかしウイルソンはこの試合に帯同していない。

 試合開始。

 前半14分、F東京先制。左サイドのスローインから中島が前田とのワンツーでペナルティエリア内に侵入。GK関が釣り出された所で中島が浮かせたボールを水沼がヘディング。綺麗に決まった。相手がベガルタでなかったら拍手喝采を送っていたところだ。見事な崩しだった。
 中島がF東京のレギュラーに定着したということは、彼の才能を思えば日本サッカー界にとって目出度いことなのだろう。
 その後、76分間、ベガルタ仙台はFC東京を攻めあぐねた。F東京完勝。
……<終>



 これではなんだから、もう少し書こうか。
 仙台がボールを持てる時間はあった。その時は攻撃しているようにも見えた。しかし、シュートが打てない。先制しカウンターを警戒している森重と丸山は前に出て来ない。そして仙台はこの森重と丸山の壁を破れない。
 後半はシュート2本。ハモンロペスの大して強くもないミドルシュートと、富田が無理な体勢から打ったヘディングシュートのみだった。
 前半14分のゴールだけで、もうF東京には十分だった。

 試合後、味スタのコンコースを歩いていると、仙台ゴール裏からウイルソンのチャントが聞こえてきた。
オー、ウイルソン、ゲットゴール、ららららら、ららららら
 彼のプレーを直接見たのは大宮戦が最後になってしまったか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
F東京1−0仙台(生観戦) F東京の守備を崩せず 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる