折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS フランス0−1ポルトガル CロナウドのCロナウドによるCロナウドのための

<<   作成日時 : 2016/07/12 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 私は、クリスティアーノ・ロナウドという選手が、得意ではない。
 屈託がないように見える。
 劣等感がないように見える。
 自信満々に見える。
 自分が点を取れなかったら、自分以外の何かが間違っているかのように振る舞う。
 自分のチームが勝てなかったら、自分と自分のチーム以外の何かが間違っているかのように振る舞う。
 もちろん、私にはそう見えるというだけの話だ。彼には彼の葛藤があるのかもしれない。ただ、テレビを見ている鈍い私にはそれが感じられない。
 そして私は、何かしらの葛藤が感じられない人は苦手なのだ。

 そしてポルトガル。
 参加国を増やしたことでグループリーグ3位で決勝トーナメントに出られた。スペインもイタリアもドイツもフランスもいない山に入って決勝にやってきた。準決勝と決勝の間は中三日。中二日のフランスよりも日程に恵まれていた。
 そして、ここまで見た試合、ポルトガルは全然強そうではなかった。90分で勝ったのはウェールズ戦のみ。さらにエースのCロナウド頼みの攻撃は見ていて面白いものではなかった。
 正直、ポルトガルに勝ってほしくはなかった。

 ポルトガルは序盤からフランスのハイプレスに圧倒された。
 8分にCロナウドが怪我をした。大したことのない接触のように見えたが、当たりどころが悪かったらしく25分に交代した。
 この交代は必ずしもポルトガルには悪くなかったかもしれない。Cロナウドはあまり動かない。動く選手が代わりに入ったほうが、フランスの猛攻対策には良かったかもしれない。
 ただどちらが勝つにしろ、これでCロナウドのユーロは終わったな、と思った。

 実はここからが、Cロナウドのユーロだった。
 ハーフタイムに彼はスピーチし、チームメイトを奮い立たせたという。
 そして後半にはテクニカルエリアに出てきて、檄を飛ばし、アドバイスを送り、監督と同じ手振りで指示を送った。
 79分、レナト・サンチェスに代えてエデル。彼は9番を背負っている。Cロナウドがいるためにこれまで出られなかった。
 そのエデルが延長後半、109分に決勝点を決めた。
 エデルのドリブルにコシェルニが振り切られた。それはスローモーションのように見えた。エデルの前に立ったユムティティはエデルと間を空けすぎていた。シュートが決まった。
 この試合に限らず、ユーロではボールを持つ攻撃手とディフェンダーとの間が空いていた。ネイマールだったら、2メートルも空いていたらミドルシュートを打って決めてしまうというのに。だが、ユーロにネイマールはいない。メッシもスアレスもいない。
 いたのはテクニカルエリアのクリスティアーノロナウドである。

 試合が終わってCロナウドが喜んでいるのを見て、いいかな、と思った。
 ただのサッカーファンがいいかなも何も、だが。
 いいじゃないか。ポルトガルが勝って。Cロナウドが勝って。それでユーロが終わっても。

 と、無理矢理自分を納得させた。Cロナウド、ポルトガル、優勝おめでとう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フランス0−1ポルトガル CロナウドのCロナウドによるCロナウドのための 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる