折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲府3−1湘南(生観戦) 耐えて耐えてクリスティアーノ

<<   作成日時 : 2016/04/10 20:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 この時期の甲府盆地は桃の花が美しい。盆地全体が桃源郷のようなもので、中央本線に乗っても高速道路を走っても桃の花を堪能することができる。
 一方、小瀬の桜は満開を若干過ぎた所。桜吹雪が公園内を舞っていた。ブルーシートを拡げて花見に興じていた人があちこちにいた。
 甲府を訪れた湘南サポーターも、甲府の花を堪能しただろうか。

 私にとっては今年最初の中銀スタジアム。甲府は第1節こそ勝利したもののその後勝ちが無く15位。一方の湘南はいまだ勝利が無く17位。
 資金が乏しいクラブが勝つには二つの方法がある。守り勝つか、走り勝つかだ。甲府は前者、湘南は後者でJ1に生き残ってきた。今はどちらも苦しい位置にいる。シーズンはまだ始まったばかりとは言え、この戦いは今年の残留争いを占う一戦となるであろう。

 気温はこの時期にしては高めの22℃。天気は曇り。中銀スタは10027人を集めた。

 甲府
GK: 河田、DF: 新井・畑尾・津田、MF: 松橋・黒木・セレスキー・田中佑、FW: 稲垣・ニウソン・クリスティアーノ

 山本英が前節浦和戦で退場し出場停止。畑尾がスタメン。黒木って誰、と思ったが昨年まで長崎にいた選手。身長訂正などで話題を呼んだFWチュカがベンチに入った。

 湘南
GK: ベラピ、DF: 島村・アンドレバイア・三竿、MF: 藤田征・パウリーニョ・石川・菊池、FW: 高山・藤田祥・大槻

 昨年まで甲府にいた下田北斗がベンチ。甲府サポーターから拍手。ちなみに下田は出て来なかった。長谷川アーリアジャスールがベンチ。

 試合開始。

 山本英がいないので誰がキャプテンかと思ったらクリスティアーノ。違和感満載。
 5分、甲府が左からのコーナーキック。ショートコーナーからそのクリスティアーノがクロス。ファーに飛び込んできた津田が足でボールを押し込み、甲府が早々に先制した。
 その後は湘南が攻めた。甲府のニウソンはハイボールを頭で受けられる。けれども、湘南に押し込められてニウソンがボールを落としても味方がいない。ニウソンは足下がおぼつかないので自分でボールを持つと奪われることが多い。
 甲府は最終的にはクリスティアーノにシュートを打たせなければならない。しかし、どうやってそこまでボールを運ぶのか。山本英がいないのでロングフィードの精度が悪い。黒木はセレスキーとボランチをしていたがバランサーといった感じであまりボールは繋げていない。となるとサイドの松橋・田中佑の推進力に頼るしかないが、ここを抑えられると次の手が無い。
 一方の湘南は攻めているのだがラストパスとシュートに精度がなく、押し込んでもなかなかシュートが打てず、打っても入らない。
 前半は甲府1点リードで終了。

 後半開始からパウリーニョに代わって長谷川。チームが変わってもチャントは変わらず恋してカリビアン。ららららららららーら。
 長谷川は繋ぎのパスの精度が高い。湘南の攻撃に危険度が増した。河田が何度かセーブして甲府を救う。
 ところが56分、湘南のコーナーキック、湘南側から山なりのヘディングが枠の外に外れたかな、と思った。すると何を思ったか、稲垣が手を伸ばしてそのボールに触っていた。ハンド。PK。警告。これは枠内だったら一発退場だ。57分、このプレゼントPKを高山が決めて同点。
 その後も湘南の攻撃が続く。反撃が出来ない甲府は70分にニウソンに代えてチュカ。ボールが収まらないのなら、まだチュカがボールを引き出そうと動くほうが良かった。71分には黒木に代えて保坂。いくらか中盤で繋げるようになった。
 でも湘南優位は変わらず、同点で終わるか逆転で甲府が負けるかだな、と見ながら時間は過ぎた。そして後半ロスタイム。

 91分、右サイドでボールを引きだしたチュカが走った。中央でクリスティアーノが並走した。チュカがラストパス、クリスティアーノがワンタッチシュート。ファーに決まって甲府勝ち越し。
 得点が決まった瞬間、耐え続けていた甲府ディフェンス陣が緊張を解いたのか倒れ込んだ。
 湘南前がかり。後は甲府が守りきれば、というところで田中佑が左サイドでボールを奪った。ボールを受けたクリスティアーノは一人旅。93分、駄目押し点。今度倒れたのは力尽きた湘南ディフェンス陣だった。
 クリスティアーノは2年前よりもシュートがうまくなったなあ、などと思った。
 そのまま試合終了。

 甲府は今季ホーム初勝利。耐えに耐えて勝ち切る感動的な展開に甲府サポーターは酔った。
 一方の湘南サポーターはまだ今季未勝利。しかもこうした負け方は堪える。小瀬の桜も盆地の桃も、何も印象に残らなかったかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
甲府3−1湘南(生観戦) 耐えて耐えてクリスティアーノ 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる