折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 東福岡2−0星稜、国学院久我山2−1青森山田

<<   作成日時 : 2016/01/11 16:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 本日決勝が行われた高校選手権だが、まず準決勝の感想から。

東福岡2−0星稜 強いほうが勝った

 序盤から星稜が激しくプレッシャーをかけていたが、東福岡はそれをかいくぐってボールを繋ぐことが出来ていた。そして福岡は中央から外に出ていってフリーになりシュートまで持ち込むパターンが何度かあった。星稜はこれに手を焼いていた。どうにか星稜は前半耐えていたが、前半終了間際にサイドでフリーで飛び出した東福岡の橋本が藤川にボールを送り、その藤川がマーカーをものともせずにシュート。先制点を決めた。
 後半も東福岡がサイドの攻略で優位に立っていた。57分、右サイドから崩して星稜守備陣が横に伸びた所で中へボールを送り、後ろから出てきたアンカーの鍬先がシュートを決めた。2点目。
 星稜はボールを前に運んでも東福岡のディフェンスの網にかかって中々ラストパスが出せなかった。90分でわずかにシュート1本。東福岡が圧倒し勝利した。強いほうが順当に勝った。


国学院久我山2−1青森山田 終了間際に強い青森山田を終了間際に久我山が得点して下す

 出だしは久我山のプレスが嵌っていて久我山優位かと思ったが先制点は青森山田。17分、原山がロングスロー。弾道の鋭いボールは常田のバックヘッドを経て鳴海のヘディングシュートを導いた。青森山田先制。噂通りの恐るべきロングスローだ。ちなみにアシストの常田は来春ベガルタ仙台に入団するとのこと。
 しかし久我山も反撃。25分、コーナーキックからの混戦、サイドに抜け出した名倉がクロスを上げて野村のヘディングシュートが決まって同点。
 後半は青森山田の左サイドで北城と神谷が好機を作り神谷が何度かシュートを打っていたが決まらず。ちなみに神谷は湘南に行くとのこと。
 準々決勝までの試合を私はほとんど見ることが出来なかったが、終盤に強い青森山田のニュースは聞こえていた。しかし勝ったのは久我山。そろそろ後半も終わろうかという93分、コーナーキックが流れて山本が左からミドルシュート。そのシュートを戸田がコースを変えてゴールイン。これが決勝点になった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東福岡2−0星稜、国学院久我山2−1青森山田 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる