折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS I神戸0−1日テレ 日テレ圧倒す

<<   作成日時 : 2015/09/14 18:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 1位のINAC神戸、2位の日テレベレーザ、勝ち点差4という状況で行われた首位攻防戦。場所は徳島県鳴門のポカスタ。I神戸はホームゲームを何度か遠方で行っているようだ。この試合はJ2の徳島-長崎戦の前に行われた。観客は7,022人。

 前半開始早々から日テレが激しく攻め立てた。だが得点を得るには至らず。10分くらいからボールを奪い合う戦いになった。決定機は日テレに多く、シュート数は前半I神戸2対日テレ6。日テレFW田中美南の動きが良くGK海堀と1対1の好機もあったが前半0-0で終了。

 後半開始からも日テレの攻撃が長く、そのうち落ち着くのかと思ったが日テレ優位が終わらなかった。ひとつひとつのプレーでは代表選手の多いI神戸のほうが上かもしれないが、スタミナの点では日テレの方が上。いや、守備から攻撃への連携でも日テレが上だった。
 得点は74分、籾木がゴール前に上げたクロスに阪口が飛び込んでヘディングシュート。テレビで見ていると阪口は画面の外側からすっ飛んでくるような勢いだった。

 その後も日テレがゲームを支配した。日テレに2点目が決まったと思ったらオフサイド。それでも日テレ優位は変わらず。後半のシュート数はI神戸3に日テレ6。終了間際になったら日テレの時間稼ぎが始まりそのまま試合終了。
 これまで日テレはW杯に出た選手しか知らなかったのだが、籾木とか中里とかいい選手がいるなと勉強にもなった。

 これでI神戸と日テレの勝ち点差は1に詰まった。レギュラーシリーズは残り3試合。ちなみにその後、昨年同様エキサイティングシリーズがある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
I神戸0−1日テレ 日テレ圧倒す 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる