折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本女子1−0イタリア女子 勝ったはいいが再び

<<   作成日時 : 2015/05/29 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 前半、イタリアが鋭く攻めてくる時間帯があった。イタリアはオランダとのプレーオフに敗れて今回のW杯に出られなくなったそうだ。これだけのチームが出られないのかと思った。
 ただ、遠くから来てコンディションの問題があったのか、後半は最終盤を除いてほぼ日本の時間帯になった。イタリアは67分に3人の選手を交代させていたが、その効果があったようにも見えなかった。選手層が薄いのかもしれない。

 日本のコンディションはニュージーランド戦よりも上がったようだ。後半でも最終盤を除けば走れていた。心配だったのは川澄で、持ち味のカットインなどはなく、ミスパスも多かった。本来スタミナが自慢の選手だがハーフタイムで交代させられた。全員が全員同じようなコンディションではないのだろう。
 前半途中から日本が攻勢に出ていたが中々点は入らず、先制は後半に入ってからの52分。
 大儀見の得点が決まった時には、そこですっ飛んで来るのかと驚いた。あの時、大儀見の足がどうなってボールがゴールに向かったのかがわからなかった。アウトにかけていたのはスローで見てからようやく知った。うむ、さすがエース、技術が高い。柿谷のトラップを思い出した。

 その後の日本にも決定機はあったのだが入らず。阪口のは惜しかった。菅澤は鮫島にまかせずに自分で打ってほしかった。コンディションが上がってキレが良くなれば、ああした好機でゴールが取れるのだろうか。
 そもそも勝ったのは良いことだし、無失点と流れの中での得点はさらに喜ばしい。といっても、このままの日本なら優勝などとても口には出せない。現地に入ってからだ。そこでどこまで状態が上げられるか。
 グループリーグ一位で抜けられればトーナメントのくじ運はいいので、まずそこまで行けるのかが第一目標になる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本女子1−0イタリア女子 勝ったはいいが再び 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる