折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 高校選手権準決 星稜3−0日大藤沢、前橋育英1−1(PK5-4)流経大柏

<<   作成日時 : 2015/01/12 16:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 決勝が本日終わっているのだが、順番に準決勝から。

星稜3−0日大藤沢 厳しい球際で勝つ

 ボールの奪い合いでお互いにがつがつ行っていたのが印象に残った。ああした球際の激しさはユースだとあまり見られない。ユースはもっと綺麗にパスを繋げるしそれで力があるところは勝てている。だが、代表で海外に出ていって相手にがつがつ来られたらどうなるか。高校出身者が入って来ないと代表は強くならないのでは、というのはこの辺りが理由のひとつだ。
 そのがつがつしたボールの奪い合いで星稜は優位に立っていた。それが積もり積もって3点差になったという気がする。1点目はPK後のオウンゴール。2点目はディフェンダーからボールをかっさらい。3点目はPK。どこか事故的な得点で3点ほどの実力差はなかったと思う。だが、ボールを奪ってあるいは奪おうとしてゴール前に行かなければPKは取れないしディフェンダーからボールを奪うことも無い。
 そういう意味で言えば、球際で勝った星稜が勝ったのは正当な結果だった。


前橋育英1−1(PK5-4)流経大柏 下駄を履くまで

 後半終了間際まで流経大柏が勝ちそうだった。1点先制した後もルーズボールをより多く拾っていたし、ポゼッションでも好機演出でも優位に立っていた。同点になるよりは2点差になる可能性の方が高そうに見えた。
 鈴木の同点弾は見事だったが、解説の都並氏は「流経大柏の押し上げが」と指摘していた。ゴール前の守備でほんの少しミスがあってそれが隙になった。
 下駄を履くまで勝負はわからない。だが90分間集中し続けるのは難しい。高校生ならなおさら。しかしそれが出来なければ勝利は一瞬で遠のいていく。敗れた流経大柏には残酷な結末となった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高校選手権準決 星稜3−0日大藤沢、前橋育英1−1(PK5-4)流経大柏 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる