折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜M1−2鳥栖 首位にふさわしい鳥栖

<<   作成日時 : 2014/05/10 17:42   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 横浜Mは鳥栖と違い、ACLの関係で6日の試合が無かった。コンディションなら横浜Mのほうが良かった筈である。しかし、前半は鳥栖が圧倒し、横浜Mは有効な、ひょっとしたら入りそうなシュートがほとんど打てなかった。一方の鳥栖は2得点した。

 鳥栖の先制点は10分。水沼の鋭いミドルシュート、GK榎本哲が弾いたところにキム・ミヌが押し込んだ。
 追加点は16分。左サイド安田のクロスから、ファーで余っていた池田のヘディングシュート。
 連休連戦の最終日であり、相手よりも日程的に不利でありながら鳥栖は圧倒した。鍛え方が違うのだろう。安田は磐田にいた昨年はラガーマンのような体格だったのに、鳥栖にいる今年はサッカー選手らしく痩せている。

 後半開始から藤田祥に代わって俊輔登場。横浜Mがボールを持ち、鳥栖がブロックを作って待ち受ける展開になった。
 俊輔が正確なボールを送り、学が突っかけ、という横浜M得意の攻撃だが、スペースを埋めてガツガツ潰しに来る鳥栖のディフェンスを攻めあぐねた。
 終盤は栗原を上げてパワープレー。俊輔の見事なミドルシュートも決まったが、反撃が遅かった。

 鳥栖はJ1で資金の少ないクラブだが、横浜Mを圧倒して先制し反撃を最少失点に留めて逃げ切った。少なくとも現状においてこの戦いは首位にふさわしい。
 豊田が代表に選ばれるかどうかは重要だ。しかし、それ以上にマスコミには、鳥栖がいま首位でいる理由を伝えてほしいと思うのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜M1−2鳥栖 首位にふさわしい鳥栖 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる