折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥栖2−0C大阪、新潟3−2湘南 印象箇条書き

<<   作成日時 : 2013/10/30 18:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

鳥栖2−0C大阪
・前半はC大阪が何点取るかという勢い。柿谷杉本南野が次々とシュートを放つ。
・シンプリシオがバイタルエリアの人と人の中間地点に立っていて、ボールを受けてはスルーパスだキープだと。奪われないし本当に嫌な選手というか、なんでこの人日本にいるんだっけ。経歴を見ると信じられないのだが。
・C大阪は守っては山下が危ないところでボールを奪っていく。
・得点は取れる時に取らないと、というけれども一歩違っていたら0-4くらいでC大阪が勝っていたかもしれない。
・61分、0-0で南野と螢を、エジノと枝村に交代。早くに代えた。後で思えばクルピ監督は勝負師で、ここで点を取らないとまずいというものを感じたのか。
・シンプリシオのアクシデントは痛かったに違いない。
・セレッソは攻め疲れたと解説者。セレッソの好機の作り方は瞬間ダッシュ系なので、見た目の走行距離以上に消耗するのかもしれない。
・ラスト10分は鳥栖が圧倒。この走力はなんだろう。どんな練習をしているのか、いやその前に、どんなものを食っているのか聞きたくなる。

新潟3−2湘南
・ザッケローニ監督が見に来た時に川又ハットトリック。今風に言うなら、持ってる。
・2点目は実質成岡の得点だが。
・目の前で3点も取ったのだからザッケローニ監督も呼ばざるをえまい。
・(いや、見に来たの、東口だから)
・ザッケローニ監督の横に通訳のお兄さんがいなかったのだが、どうしたのか。
・72分で3-0。普通は心理的にガクッと来る。
・ここから湘南、怒涛の攻撃。素晴らしい。
・オウンゴールにも仕方がないものとお馬鹿なものがある。湘南の2点目はお馬鹿なほう。
・上がるサンターナ。ビジュアル的にも映える。
・湘南と試合をした相手のサポーターは、「湘南はいいサッカーをしている。J1に残ってほしい」と、よく言う。いや、その通りいいサッカーだ。だが湘南が残ると、うちの近所のチームが落ちる。残ってほしいということは、よそなら落ちてもいいということか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳥栖2−0C大阪、新潟3−2湘南 印象箇条書き 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる