折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS このところのサッカーの話題から

<<   作成日時 : 2013/09/14 18:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

○ネルシーニョ監督の辞任騒動
 帰ってきたウルトラマンに出てきた怪獣、ヤメタランスを思い出した。
 ヤメタランスは労働意欲を失くす病原菌をばらまく。その影響で皆やる気をなくし、MATの隊員も地球を守るのをやめてしまう。
 しかし、ふだん学校をさぼってばかりのやる気のない少年が協力し、ウルトラマンはヤメタランスを宇宙に返し地球を守ることができた。
 だがさて、なぜ普段は学校をさぼってばかりの少年が、この時だけやる気を出したのか。ヤメタランスのおかげで、やめるのをやめたからだ。
 やめるのをやめた。いや、ネルシーニョとの共通点はここだけだ。

○内田篤人が徹子の部屋にゲスト出場
 黒柳さんはサッカーをほとんど知らないのでサッカーの突っ込んだ話はなし。子供の頃の内田の写真を出して、「あら子供の時から可愛いのね」とか、そんな話が主だった。内田もサッカーの話をしている時は、例えば以前の名波との対談の時は面白かったのだが、この日は終始黒柳さんと何を話したものかと戸惑っている感じだった。というわけで、可愛い内田君に黒柳さん大喜び。それ以上のものは感じられず、自分にはたいして面白くはなかった。
 だが、この番組を見た後に読んだフモフモコラム「内田篤人さんがオンナの部屋に入る姿を自分の目で見たのに、悲しくて、苦しくて、信じられない件。」は、最高に可笑しかった。そうか、脳内で
「ああ、ワタシの王子様が、悪い魔女に籠絡されようとしている!」
と思いながら見ると、この対談がこれほど面白くなるのか。
 フモフモさんには参りました。脱帽。

○東京オリンピック開催決定
 私は東京オリンピック招致に賛成でも反対でもなかった。無関心だったのではなく、やるメリットやるデメリット、やらないメリットやらないデメリットがあって、どう判断していいかわからなかったからだ。
 ただ、国際的なイベントだから、やる以上はちゃんとやらないといけないだろう。湾岸部の会場が多いようだが、なによりも震災が来ないように願っている。
 天災が来ない限りはちゃんとやるだろう。日本人はお祭りが来れば熱心にもなる。本番では大勢の観客がどっと繰り出すだろう。ただ、日本人はお祭りが決まるまでは熱心ではない。だからアンケートをしても招致賛成者が少ない、ということがこれまで招致活動の足を引っ張ってきた。今回はマスコミも一緒になって、うまいこと招致運動自体をお祭りにして、支持を集めて成功したな、と思っている。
 七年後か。私はお祭りが好きではない。どっと繰り出した、ってのが苦手。なので、開催中は東京に近寄らないほうがいいかな、などと消極的になっている。

○2ステージポストシーズン制
 私の意見はすでに書いた。
2ステージ制でJリーグの物語性は失われる
2ステージ制になれば見に行かなくなる観客がここにいる
 当時は反対していたが、現在は無力感に包まれている。
 私一人が反対してもなんの力も無い。それはいい。だが、今回の件についてはどんな統計を取っても、普段Jリーグを見ている人々は大反対している。それを知っているにもかかわらず、Jリーグではこうしたことが決定されようとしている。
 つまりJリーグのファン、あるいはサポーターの意見・心情というものはどうでもいいと思われているわけだ。こうしたことを決定する人々には。
 金を払いサッカーを見ている人々はこれほどまでに無力だ。そんなわけで無力感に包まれている。
 ポストシーズンにしか興味を持たない、ライトなファンになるか。そうした人々を機構側は増やしたいみたいだから、素直にそれに乗っかるとしようか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
このところのサッカーの話題から 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる