折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 横浜M1−1鹿島、川崎F2−1名古屋

<<   作成日時 : 2013/05/05 11:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 あ、うぶ、ガムは、もう嫌、もう嫌、もう言う、石膏の、斥候の、拙攻の、部隊で

 BS劇場の空耳。こう聞こえるんだから仕方がない。

 さて先日、甲府-磐田戦の最後に監督の首が怪しいと書いたのだが、磐田の森下監督が本当に解任されてしまった。
 どのJ1クラブも中銀スタには勝つつもりでくるから、甲府に負けるというのは痛いのだ。甲府は強いから負けても仕方がない、などとどのJ1クラブも思ってくれない。


横浜M1−1鹿島 ロスタイムに諦めてはいけない

 マリノスとアントラーズ。
 やってるほうは真剣なのだろう。瞬間瞬間で、おっ、という場面はある。だが、全体としては血湧かず肉踊らざる。
 横浜Mの学が怪我したのも大きい。学は黙って立っているだけでも面白いのだが、ボールを持つとさらに面白い。彼が出てくるだけでわくわくする。横浜Mが六連勝のあと失速したのは彼の不在が大きいのではないか。油断ならないドリブラーが一人いるだけでディフェンダーの注意は分散される。彼本人の得点力ばかりが脅威ではない。
 横浜Mが勝っていた頃は俊輔がびしばしフリーキックを決めていたのだが、鹿島の警戒は怠りなかった。俊輔のプレースキック時、蹴る前の攻防が素晴らしい。コーナーキックでマーカーを引き剥がそうとする中澤の動きは見応えがあった。
 先制はアントラーズのフリーキックから。野沢がゴール前から離れてひとりぽつんと立っていたのだが、そこにボールがこぼれてきて、労せずして野沢はフリーでシュートを打てた。ぽつんと一人で野沢を立たせてはいけないということなんだろう。
 後半ロスタイムになって追いつきたい横浜Mはパワープレーに出た。マリノスのパワープレーってあまり成功したの見た記憶がないんだよね、と冷めた目で見ていたら違ったことが起きた。フリーキックでドゥトラが入れたロングボールにマリノスもアントラーズもヘッドまたヘッド。何度も繰り返した後のクリアボールにファビオシュート。意表を突かれたのだろう、曽ヶ端は一歩も動けずゴール左隅に突き刺さった。同点。
 ロスタイムに諦めてはいかんなと再認識した一戦だった。


川崎F2−1名古屋 わくわくの好ゲーム

 前半の小林悠は何度も好機をつぶしていて、彼がストライカーとして化けないと川崎Fは厳しいなと思っていた。それが前半ロスタイム。憲剛の指揮のもと、田中裕のクロス、小林悠のバックヘッド気味のヘディング。虚を突かれたのか反応が遅れた楢崎の頭上をボールは通過した。川崎F先制。
 後半、名古屋は藤本投入。名古屋は彼らのストロングポイント、ケネディの高さとそれを狙ったサイドからのクロスボールを中心にして攻めた。83分、ケネディの落としたボールに走り込んだ藤本のシュート。ゴール右に突き刺さった。同点。
 川崎Fのパスワークか、名古屋の高さか。激しい攻め合いになった。どんな結末を迎えるのかとわくわくした。
 86分、川崎Fは小林悠に変わって怪我から復帰のレナト投入。
 勝ったのは川崎F。87分、レナトがドリブルで持ち込み、名古屋ディフェンダーが彼に引き寄せられたところで中にボールを戻すとそこにいたのは山本真希。ミドルシュートがゴール左に突き刺さった。その後も激しい攻防が続いたのだが、川崎Fが逃げ切りリーグ2勝目をあげた。
 それにしても面白いゲームだった。これを現地で見たサポーターの興奮はいかばかりか。サッカーの面白さを堪能させてもらった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横浜M1−1鹿島、川崎F2−1名古屋 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる