折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲府0−1名古屋 荻がやってもうた

<<   作成日時 : 2013/03/19 19:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

・名古屋センターバックに本多。誰?
・本多 勇喜。グランパスU-18、阪南大出身、今年グランパスに加入、左サイドバックのほうが本職らしい。
・元甲府のダニエルは2012年から名古屋なので、甲府戦は初めての筈。そのあたり、テレビではほとんど触れられていなかった。

・甲府に何度か決定機。特にウーゴが決定的シュートを何度か放つ。そのことごとくを楢崎セーブ。
・楢崎って偉大なゴールキーパーだなと再認識。
・もちろんゴールキーパーが目立つ名古屋は、ろくなサッカーをしていない。
・名古屋の出来の悪さは他人事ながら心配になるレベル。攻撃も守備も一人一人がばらんばらん。例えば、闘莉王は頑張っている。玉田も頑張っている。小川も頑張っている。でも闘莉王と玉田と小川でどうしていたかというと、何をしていただろう?

・松橋26分の警告は、足の裏でダニエルの足を蹴ってしまったもの。意図的ではなくても危険な行為なので警告は妥当。
・松橋56分の警告は、自分の横をすり抜けてゴールに向かう隼磨を止めてしまったものだから警告は妥当。
・甲府が10人になっても名古屋が有利になったわけではなかった。

・ゴールを決めた本多の名前はしっかり覚えた。覚えたかったわけではない。
・荻はロスタイムまでは良いセーブもあったし、素晴らしかった。
・風の影響? それを言うなら判断ミス。パンチングしていればなんでもなかった。取れると思って手を伸ばしたのなら取らないといけない。

・荻、やってもうたなあ。
・人生に失敗はある。
・失敗は何度でもある。楢崎にも何度もあった。優秀なゴールキーパーほど失敗が印象に残るものだ。
・荻もJ2優勝チームのレギュラーゴールキーパーとしてJ1に乗り込んできたからこそ、その失敗がBS劇場でさらされたのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
甲府0−1名古屋 荻がやってもうた 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる