折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS いわゆる秋春制について

<<   作成日時 : 2013/02/21 20:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 欧州クラブ協会会長のカール・ハインツ・ルンメニゲ氏が、秋春制に批判的な意見を述べたそうである。
 日本サッカー界で、いわゆる秋春制への動きが盛んになっていたが、砂の上の城が崩れるような話だった。

 このブログは趣味でやっているものだから、書きたくなければ書かなければいいだけだ。しかし、たまに「これは書かなければならないのだろうな」というテーマに出会うこともある。今後の日本サッカー界を左右するような大きな問題の時だ。このいわゆる秋春制がそれに当たる。
 原博実技術委員長と中西本部長が登場した「Jリーグラボ」の動画を見た。いくつか細部で思うところはある。例えば、9月,10月,11月にインターナショナルマッチデーが入ることがそれほど重要なことなのか、などだ。だが、それは細部だ。
 あの動画で最も重要だと思われた点はひとつ。彼らは本気だ、ということだ。
 雪国での練習場の問題。スポンサーの問題。春に年度が区切りとなる日本で、新卒者をどのように受け入れるか。想定されうる多くの、いわゆる秋春制での問題点が原氏と中西氏から語られていた。ただ狂信的にいわゆる秋春制を押し切ろうというのではなく、沢山の問題のひとつひとつをあぶり出し解決しようとする、本気の姿勢が見て取れた。

 さらにJリーグ戦略会議がこの2月の13、14日に山形で行われたという。
 雪の中で試合が行われるたびに、サッカーファンからは、「協会の秋春制とか言ってる連中はこの試合をスタンドで見てみろよ」、などという声が上がる。
 いわゆる秋春制を進めようとする人々はそんな意見にも答えようとしていたのだろう。雪国の実態を実際に見に行ったのだ。

 さてここまで、秋春制の前に、いわゆる、という単語をつけてきた。それは、日本でこれが実現した場合、実質的には秋春ではなく夏春制とか秋夏制とかになってしまうだろう、と思われるからだ。ひょっとしたら夏夏制かもしれない。
 日本のサッカーシーズンは正月の天皇杯決勝で終わり、2月下旬のゼロックス杯で始まる。その間は、今年、中52日。この52日の間にオフがあり、キャンプがある。時に代表戦が入って来る。そしてこの52日以外にはJリーグ、ナビスコ杯、天皇杯、あるいは代表キャンプ、代表戦、ACL、CWC、さまざまなサッカーがのべつまくなしに行われている。
 春秋だろうが、秋春だろうが、結局、このおよそ52日間をどのように配分するかという問題でしかない。
 秋春制にして積雪の多い時期もオフにして、という考えは、この52日を二つに分けようというやりかたであろう。例えば豪雪を避けて30日のオフを冬に挟むなら、夏のオフは22日になる。だいたいそんな話だ。7月にシーズンを終えて8月に次のシーズンが始まる。これでは夏夏制だ。
 それはオフなのか。ただ、この52日を分割するなら、選手が、例えば3週間の休養を得る、といったことは不可能になる。シーズン終了後に選手にはどれだけサッカーをしない日々が必要なのだろう。私はスポーツ選手だった経験はないからよくわからない。ただ、選手経験者からは反対論が出そうな気がする。

 このいわゆる日本型秋春制のメリットはどこにあるのだろう。夏は暑いから良いゲームが出来ない? 私はその暑い夏の夜の、よろしくないゲームを毎年観て楽しんでいる。一方、冬の観戦は大嫌いだ。私は温暖の地、宮城県で生まれ育ったので寒さに弱い。寒冷地に育った関東人や関西人などには違う意見があるかもしれない。
 結局、いわゆる秋春制のメリットは、欧州とカレンダーを合わせるという点にしかない。
 そこでルンメニゲ氏の話だ。UEFA会長のプラティニ氏も春秋制を考えているという。欧州が春秋制にするのなら、日本型秋春制にメリットは無い。
 欧州の春秋制論が現実化するかどうかはわからない。ただ、欧州もいつ春秋制になるかわからない、という話があるなかで日本がいわゆる春秋制に踏み出せるものだろうか。

 日本サッカー界もまた日本だな、と思う。外国の動向を常に気にしてその度に右往左往する。なんと日本的な姿であろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いわゆる秋春制について 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる