折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲府2−0熊本、東京V0−1横浜C

<<   作成日時 : 2012/11/07 18:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

甲府2−0熊本 甲府がホーム最終戦を飾る

 熊本は前々節に横浜Cに敗れたもののそれまでJ2で5連勝。前節も鳥取に勝っている。また、J2連勝中には天皇杯で仙台にも勝っている。現時点でJ2最強ではないかと言われる所以だ。
 一方の甲府はJ2優勝を果たしてホーム最終戦に凱旋してきた。バーンアウトが懸念されるところだが、城福監督は不敗記録を続けると選手に発破をかけ続けている。

 試合はポゼッション能力に優れる甲府が攻め、熊本が守る展開になった。甲府はダヴィを中心にゴールに迫るがなかなか点を取れない。粘り強い守備とはありふれた表現に過ぎるが、熊本はボールホルダーに忠実に寄せて、サイドに追いこんだら囲む守備が徹底していた。そこを突破しても、ゴールキーパー南が反応鋭くシュートを止めた。前半は0−0。
 40分、ダヴィに警告。累積で次の京都戦は出られなくなった。

 後半開始早々、荻が引き出されて熊本の大チャンスがあった。しかし、ゴールライン上で盛田がかろうじて搔き出した。
 その後は甲府のペースになった。56分。右からの鋭いクロス。ファーでダヴィが構えた。熊本ディフェンダーは途中でカットしようとしたところがオウンゴール。甲府先制。
 その直後に甲府は永里に代えて井澤。さらに圧迫を強めた。68分、福王が二度目の警告を受けて退場。甲府がますます優勢となった。70分、伊東に代えて石原。
 74分、井澤が裏に飛び出してゴール。2−0。さらに甲府は攻め続けた。南の奮闘などによりそれ以上の得点は入らなかったが、甲府の快勝。

 優勝決定後最初のホーム戦でもあり、試合後は優勝セレモニーとホーム最終戦セレモニーがあった。甲府サポーターには幸せな一日となっただろう。


東京V0−1横浜C 東京Vは7位以下決定し昇格ならず、横浜Cは6位以上確定

 東京Vのサポーターは現在、献身的という言葉がもっともふさわしい人々だと考えている。かつての栄光は遠い過去になった。読売が去り日テレが去りその後もごたごたがあって、かろうじてクラブが存続してきた。その中でサポーターを続けていくのは並の精神力では務まらなかったのではないか。
 その東京Vは今年、J2で首位に立ったこともあったが、この日の敗戦で七位以下が決定した。来季もJ2で戦うことになる。

 今年私は7月29日に甲府-東京V戦を観戦している。試合前に東京Vは首位。この試合に勝って甲府は首位に躍り出た。
 私は甲府の試合を今年8試合サッカー場で観戦したが、快勝はこの東京V戦のみである。後は辛勝か引き分けか敗戦だ。
 あの試合が両チームにとって分水嶺だったような気がしている。

 東京V-横浜C戦は熱戦だった。どちらに勝利が転がるのかわからなかった。東京Vは伝統のパスワークで繋ぎながらゴールに迫った。横浜Cは前半に長身の大久保をターゲットとして攻めた。これもまた好対照だった。
 シュート数は東京Vの9本に対して横浜Cは11本。しかし数えたわけではないが、決定機は東京Vに多かったような気がする。しかし決定力に欠けた。J1のストライカーなら一本は決めていたのではないか、などと俗なことを思った。そういう理屈で言うなら、そこで決められないからJ2なんだということになる。

 73分、横浜Cのパワフルプレーヤー、田原が投入された。75分、その田原が東京Vのゴール前でハイボールを競った所から横浜Cのゴールが生まれた。試合中はオウンゴールと放送されたが、田原のゴールということになったようだ。
 最前線のパワフルプレーヤーにボールを集めた横浜Cの攻撃が結実した。横浜Cはそのまま押し切り、5位。プレーオフ圏の6位以内を確定した。

 東京Vはそのままホーム最終戦のセレモニーに入った。キャプテンの森勇介がサポーターに向かって挨拶をした。
 昇格不可となった直後に話をしなければならない。残酷な仕事があったものだ。私は見ていられなくて、即座にテレビのスイッチを切った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
甲府2−0熊本、東京V0−1横浜C 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる