折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 松本1−1甲府(生観戦) 押しまくる甲府、勝ち切れず

<<   作成日時 : 2012/06/03 12:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

♪信濃の国は十州に 境連ぬる国にして♪
 十州の一、甲斐の国より、
♪松本伊那佐久善光寺 四つの平は肥沃の地♪
 肥沃の平、松本に馳せ参じた。
♪御嶽乗鞍駒ヶ岳浅間は殊に活火山♪
 八ヶ岳が無いようだが、あれは山梨県の山ということでよろしいか。

 せっかく行くのだから電車で早く着いて松本観光、と思ったが松本城はすでに二度訪れている。他に何があるのかと調べ、たまたま美術館長のごあいさつを読み、「これは私のような若者(←嘘)が行かねばなるまい」と思い至り、松本市美術館へ行くことにした。
 常設展の草間彌生作品群が印象的。松本出身とは知らなかった。

 アルウィンへはシャトルバス。運行ダイヤを見たら日に三台しか出ないのかと思った。そんなことはなく、甲府戦は日に五便で各便客数に応じて台数を増やしていた。三十分バスに揺られてアルウィン着。山雅自慢の専用スタジアム。
 山雅カクテルを購入。甘い。飲んでしばらくしてから気がついたが、アルコールは入っていた。
 席はメインスタンドS席アウェー側。目の前にペナルティエリアライン。風と雲行きが怪しかったが屋根があるのはあり難い。といっても雨は降らなかった。
 お客さんはバックスタンド端のほう以外はよく入っている。入場者数:12341人。J2初年度でこれだけ入るのは大したものだ。甲府サポは3000人ほど来たらしい。
「夢はまだ終わらない・#3」
 弾幕が目に入った。松田は山雅をJ1に上げると言っていた。継続的にこれほどの客が入るのなら、その夢は遠くなく実現するだろう。今年とは言わないが、5年はかかるまい。

 ヴァンフォーレ甲府
GK: 荻、DF: 福田・ドウグラス・盛田・佐々木、MF: 堀米・保坂・山本・ビンバ、FW: 永里・ダヴィ

 高崎が怪我のため帯同せず、永里先発。

 松本山雅
GK: 野澤、DF: 多々良・飯田・飯尾・鐡戸、MF: 喜山・小松・玉林・楠瀬、FW: 船山・塩沢

 新潟・湘南にいた野澤、仙台・鳥栖にいた飯尾は知っている。他はあまり面識がない。

 試合開始。

 序盤から甲府が圧倒した。支配率は高く、セカンドボールも拾いまくった。右サイドバックの飯田が何度も駆け上がって好機を演出した。
 しかし、前半22分カウンター一発。右サイドから上げた玉林のボールに左サイドで鐡戸が合わせた。ボールは弧を描いてゴール右隅に吸い込まれていった。松本先制。
 対する甲府は前半36分、盛田の落としにダヴィ。同点に追いついた。前半は1−1で終了。

 後半も甲府の攻勢は変わらない。柏が入り松橋が入りサイドから中央から好機が続々。
 しかし、点は入らず。
 ゴール前でボールがルーズになった時もあったが、押し込めず。
 永里がゴールキーパーと一対一になった時は、永里が野澤の手にボールを当ててしまいダヴィが怒り狂った。
 一方の松本は、カウンター→甲府ファウルから何度か好機があった。しかしこれも点にはならず。試合終了。

 甲府は勝ち切れず勝ち点2を失い、松本は勝ち点1を得た。


「信濃の国」って、アイマス版や初音ミク版もあるんだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
松本1−1甲府(生観戦) 押しまくる甲府、勝ち切れず 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる