折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 清水1−3G大阪 感謝

<<   作成日時 : 2011/12/06 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 天皇杯で敗れているG大阪は、これが西野監督が率いる最後の試合になった。
 ガンバと西野監督についてはいろいろ書いたような気がする。だが、今は感謝の気持ちでいる。
 ガンバのサッカーは面白かった。その面白いサッカーでタイトルを取れることも証明してくれた。素晴らしいことだ。
 西野監督に感謝したい。

 話がずれるけど、このブログでは大した知識もなしに適当なことをずいぶん書いてるんだけど、どのJリーグクラブに対しても満遍なく適当なことを書いているつもりでいるんだけど、「それちゃうんやない?」と反応する人は明らかに関西方面が多くて。
 いや、コメントもトラバも少ないブログなもんで、盛り上げてもらってありがたいかなと。


 試合は伊藤翔のヘディングシュートで幕を開けた。
 これが今季初得点。若い時から期待されてきた逸材が、これで覚醒するとよいのだが。って、最終節だ。怪我があったにしても遅い。来期は開幕から、がんがん行っていただきたい。
 それにしてもパワフルなヘッドだった。矢島もかくやというか、ドログバもかくやというか。

 前半のうちに、イ・グノの2得点で逆転。1点目はディフェンダーの間を抜いて裏を突いたもの。飛び出した山本海人が間抜けに見えた。2点目はここしかないというニアの狭い空間をヘディングで通した。後半も彼は得点を狙い続け、惜しいシュートを放ち続けた。
 彼は間違いなく非凡なストライカーだが、この一年でレベルがひとつ上がった気がする。

 前半でガンバが逆転したものの、決して清水は悪くなかった。だが、後半の清水は動きが悪かった。先にばてていた。
 ゴトビ監督を私はリスペクトしている。何しろ今年の清水は昨年のレギュラーの半分がどこかに行ってしまったのだ。J1残留すら危ないという声もあった。だが最終的には10位。中位でフィニッシュしたのは偉い。
 しかし、清水は後半が弱い。この試合でも二川の一点で済んだのが幸運と思えるほど攻められた。練習量が足りないのではないか。ここは動き続けたら危険な灼熱の中東ではなく、のべつまくなしに走り続ける勤勉な日本なのだ。
 来シーズンのゴトビ監督がそこをどう修正してくるのか、期待している。


 試合終了後、西野監督の胴上げがあった。
 私も加わりたいくらいだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
清水1−3G大阪 感謝 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる