折り返して逆サイド

アクセスカウンタ

zoom RSS 新潟0−1名古屋 失礼ながら

<<   作成日時 : 2011/12/05 19:56   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 今季Jリーグ開幕当初、名古屋の優勝は無いだろう、と思っていた。ゼロックス杯での動きが悪かったからだ。
 5月に中銀スタで甲府に完敗したのを見た時には、絶対に無いと確信した。
 今にして思えば、失礼なことを考えていたものだ。勝ち点71もあれば、通常の年なら優勝している。上位3チームのレベルは他チームよりも遥かに高かったということだ。

 この新潟戦は最少得点差の勝利だったが、実力差がはっきりしていた。
 前半は0−0で折り返したが、名古屋の攻撃には圧迫感があった。例えて言えば名古屋が8の力で攻撃していたのに新潟は10の力でようやく防いでいた感じだ。少しずつ新潟はダメージを蓄積させていった。
 それは後半に、ノーファウルで止め得ない場面が頻発する、といった形で現れた。
 そして後半9分、玉田のフリーキックが決まった。
 壁を越えて曲がり右隅に落ちた。新潟ゴールキーパー小澤が一歩も動けない完璧なシュートだった。

 点を取らなければならない新潟は攻めたが、10の力は残っていなかった。8の力の攻撃は名古屋の8の力に難なく防がれた。

 名古屋が優勝を逃した原因のひとつに、怪我人が続出したことがあげられている。
 私はよく、怪我もクラブの実力のうちと書いている。ただそれは、バックアップメンバーがどれだけ充実しているかという意味だ。グランパスのバックアップメンバーは日本一だ。
 怪我人が多すぎて優勝できなかったというのなら、その対策をクラブ一丸で練らなければならないだろう。フィジカルトレーナー、チームドクターらと現場が今以上に力を合わせなければならない。それが出来れば、名古屋はさらに強くなるだろう。
 それがどれだけのものか、想像もつかない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新潟0−1名古屋 失礼ながら 折り返して逆サイド/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる