テーマ:ユーロ

フランス0-1ポルトガル CロナウドのCロナウドによるCロナウドのための

 私は、クリスティアーノ・ロナウドという選手が、得意ではない。  屈託がないように見える。  劣等感がないように見える。  自信満々に見える。  自分が点を取れなかったら、自分以外の何かが間違っているかのように振る舞う。  自分のチームが勝てなかったら、自分と自分のチーム以外の何かが間違っているかのように振る舞う。  もちろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポルトガル2-0ウェールズ クリロナ~~クリロナ~ナニ

 最初はウェールズのサイドから裏を突いてセンタリング、という攻撃が魅力的だった。これはウェールズが勝ってしまうかも、と思ったが、前半の途中からポルトガルがボールを持って攻める時間帯が長くなった。流れはポルトガルかな、という感じで後半に入った。  50分にショートコーナーからCロナウドヘッドでポルトガル先制。横からのボールがCロナウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ1-1(PK6-5)イタリア 大変な戦いでした

 テレビ朝日ユーロ放映10試合目にしてついに優勝候補同士の対決。  まず、甲府-神戸戦などとはずいぶん違うなと。レベルとか戦術とかもだけれど、サッカー場と観客の数がまた段違い。もちろん、自分は何ヶ月かしたらまた中銀スタに行くだろうが、一生ユーロを見に欧州に行くことはあるまい。  ドイツのスタメンを聞いて、イタリアのスタメンを聞いて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェールズ3-1ベルギー なんとウェールズがベスト4

 試合が始まった時には、どちらもボールを持たせて奪ってからの攻撃が得意なように感じた。ベルギーのボールを持つ能力が高かったので、却ってウェールズのほうがやりやすかったかもしれない。  もちろん、やりやすいから勝てるというものでもない。ボールを持てるほうが好機も当然多くなる。  開始直後はベルギーが圧倒していた。ウェールズはゴール前を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェールズ1-0北アイルランド、ドイツ3-0スロバキア

ウェールズ1-0北アイルランド 北アイルランド耐えきれず  ウェールズは2勝1敗グループB1位、北アイルランドは1勝2敗グループC3位で16強進出。1勝2敗でトーナメント進出と言うと違和感を禁じえない。実際の所、このブリティッシュ対決はウェールズ有利と見なされていた  試合はウェールズのポゼッション。しかし戦術がうまくいっていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンガリー3-3ポルトガル サッカーの神様の意図

 グループリーグはテレビ朝日で6試合しか流さないというのに、そのうちポルトガルが2試合。よっぽどCロナウドが好きなのか、Cロナウドなら視聴率が稼げると思ったのか。  ハンガリーはすでに決勝トーナメント出場を決めていた。かといって手を抜くわけにはいかない。同じ欧州、これから何年何十年、何度も対戦がある。手を抜いて舐められるわけにはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペイン3-0トルコ、ポルトガル0-0オーストリア

スペイン3-0トルコ そしてイニエスタ  ユーロのエンブレムを見ていると河豚を思い出す。  スペインの圧勝だが、トルコがそれほど弱いチームには見えなかった。スペイン相手にそれなりに攻撃が出来ていたし、惜しい好機もあった。GKババジャンは何度か好セーブを披露した。  それでもスペインが強かった。ビルドアップはスムーズ。トルコが真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス2-1ルーマニア、イングランド1-1ロシア、ポーランド1-0北アイルランド

フランス2-1ルーマニア 仏初戦辛勝  初戦の開催国というのもなかなか大変で通常の神経ではないから固い試合になりがちだ。実力的にはフランスが上でしかもホームなのだが、それで心理的に優位に立てるというものでもないだろう。  開始直後のルーマニア、コーナーキックからスタンクがあわやのシュート。ゴールキーパーが運よくそこにいました的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーロ予選 オランダ2-3チェコ オランダ、ユーロ出場ならず

 ユーロは2016年大会から参加国がこれまでの16から24に拡大された。  予選参加53チームを9グループに分け、グループの2位以上と3位のうちもっとも成績の良いチームは出場決定(これが19チーム)。3位の残り8カ国がプレーオフを戦い、勝者が出場(これが4チーム)。これに開催国フランスを加えた24カ国がユーロ本戦出場となる。  オラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペイン4-0イタリア このスペインに勝ちましょう

 スペインの圧勝でしたね。  イタリアも同じ中三日だったら?  キエッリーニが怪我しなければ?  ティアゴ・モッタが怪我しなければ?  ディ・ナターレの二度の決定機のうち、一度でも決めていれば?  なんにしても圧勝です。これが1点差とかならタラレバを並べても意味があるのですが4点差です。  スペインは強い、ということです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ1-2イタリア バロテッリ2発とPA内堅牢守備で勝ちきったイタリア

 たまたま目が覚めてテレビをつけたらブッフォンがイタリア国歌を歌っていた。強くその時間に起きようと思っていたわけではないが、たまにこんなことがある。そんなわけで、今期ユーロでは初めて生放送で鑑賞。  武骨さよりもエレガントさが感じられるドイツ代表。カテナチオよりも美しいパスワークが目立つイタリア代表。ひと昔前なら、ゴール前でガツガツ当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペイン2-0フランス、イタリア0-0(PK4-2)イングランド

スペイン2-0フランス レベルが違う  フランスは南アW杯の頃とは違って、ブラン監督のもと結束が固くなったようだ。  リベリやベンゼマといった世界トップレベルの選手もいる。  スペイン相手に点を取れそうな好機もあった。なにがしかの偶然が味方したら後半に同点に追いついて、ひょっとしたらひょっとしてという展開があり得たかもしれない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーロ3試合

デンマーク2-3ポルトガル 勝ちに不思議の勝ちあり  2点先行しながら追いつかれ、エースが何度も絶好機を外し、どう考えてもポルトガルが敗れる流れだったと思うのだが、それでもポルトガルが勝ってしまうのだからサッカーはわからない。  不思議なことがあるものだ、とスタッツを見てみると、支配率は59%とデンマークが上回っているものの、シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス-イングランド戦を見ながら、まだオーストラリア戦を考えている

 ユーロのフランス-イングランド戦は1-1。  ジェラードのフリーキックにレスコットが頭で合わせてイングランド先制。  ナスリの左からのミドルシュートがゴール左隅に決まってフランス同点。  その後はイングランドが堅く守ってフランスがそれをこじ開けられずに引き分け。  ネット上の評判通り。  守るイングランドがチキン野郎とか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ1-0ポルトガル、スペイン1-1イタリア

ドイツ1-0ポルトガル たった一点だけ働いたゴメスの勝利  死のグループB。オランダがデンマークに敗れるの報を受けての一戦。たぶんオランダが勝つんでしょ、という推測が外れてドイツメンバーは恐怖を感じたに違いない。  いや、感じなかったかもしれない。私の知っているドイツ人は、神経がこまかくない。雑だ。  試合はどちらも負けたくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポーランド1-1ギリシャ、オマーン0-0オーストラリア

ポーランド1-1ギリシャ ユーロ開幕イベント沢山  開催国ポーランドの開幕戦。選手と手を繋いで入場する女の子に可愛い子が何人かいた。国歌斉唱の間、選手はいいから子供を映せと思っていた。東欧は美人が多いと聞くが、当然、美人はそれ以前に美少女だったわけだ。  ポーランドに聞いたことのある選手が何人かいると思ったら香川の同僚、ドルトム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペイン3-0ロシア 無敵艦隊の無敵まであと一勝

 優勝候補のイタリア・フランスを粉砕したオランダをロシアが粉砕しそのロシアをスペインが粉砕した。  上には上、を思い知らされた心地でいる。  走りまくってオランダに圧勝したロシアだが、スペイン戦では走れなかった。  スペインが走らせなかったというべきだろう。ポゼッションでは互角でも、キープ力はスペインが優れていた。時間が経つに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア3-1オランダ、スペイン0-0(PK4-2)イタリア

ロシア-オランダ 走り勝ったロシア  ヒディンクのチームが勝つ時は常に走り勝っている。  日韓W杯では審判の助けも借りたが、イタリア・スペイン相手に走り勝ったから韓国は勝つことができた。  独W杯で日本がオーストラリアに負けたのも、最終盤に日本選手達が下を向き、豪州に走り負けたからだった。  そしてロシアはオランダに走り勝っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス0-2イタリア 最悪の事態は最悪のタイミングで起こる

 勝たなければグループリーグ突破があり得ない試合で、強豪のイタリア戦。  そこでリベリが負傷し、アビダルがPKばかりかレッドカードを受け、アンリの出した足が絶妙のアシストになった。  最悪の事態は最悪のタイミングで起きた。  とは言え、3試合で1点ではグループリーグ突破などあり得ない。組み合わせは確かに厳しかったが、優勝候補は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イタリア1-1ルーマニア、オランダ4-1フランス

 ユーロ、グループCは2試合を終えて勝ち点がオランダ6,ルーマニア2、フランス1、イタリア1。優勝候補のフランスとイタリアがグループ敗退の危機に瀕するという事態になっている。  TBSでは伊ー蘭、伊ール、蘭ー仏戦を放映していた。それで見た感想だが、番狂わせには見えない。ここでいう番狂わせとは、マイアミの奇跡のような、見た目で明らか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア0-3オランダ カテナチオ崩壊

 守備的でつまらないという人もいるが、私はイタリア代表のサッカーが結構好きだ。  守って守って、一瞬の隙をついてバッジオやデルピエロが得点する、その瞬間が好きだった。  実際、守備的なサッカーをして勝つためには、一人ないし二人でなんとかしてしまう攻撃手が必要だ。  だからそんな攻撃手のいない日本は、全員が攻撃を意識して、好機の数を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイス0-1チェコ 祝! ユーロ開幕

 スイスは涼しそうでいい。  オマーンの夕刻と違って、雨が降っているわけでもないのに、開始早々からユニフォームが汗でずぶ濡れになることもない。  欧州選手権(ユーロ)が開幕した。スイスとオーストリアの共同開催。アジアの混沌とは違って欧州は構造的(システマチック)である。システム対システムが論理的に、しかし理不尽なピッチ上で繰り広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more