テーマ:サッカー

大分2-1鹿屋体大、湘南2-3鳥栖 劇的な試合ふたつ

 水谷です。まだ日常でサッカーが楽しめる状態になっていません。  その中で、BGV的に見ていた試合が、それでも印象的だったので、簡単な感想を記しておきます。 天皇杯3回戦 大分2-1鹿屋体大  技術・戦術的には明らかに大分優位で推移していたのですが、大分が試合を決められずにいました。  大分の決定力が落ちているのか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜M1-3マンチェスターC 半分近況報告

♪結婚はお葬式のときにとなりに居てくれるひとがいること♪ 詞・曲・歌 鈴木祥子「ローズピンクのチーク(my mama said, so)」  身内に不幸にあってから、まだばたばたしております。  身内の不幸というのも、ある程度の年齢になれば大抵の人が経験するものです。世間並みに有り得ることが心身の負担になるのは、自分の容量…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おひさしぶりなご挨拶

 身内に不幸がありまして、更新が出来ませんでした。  日常というものに守られていたのだということと、その日常が簡単に壊れてしまうものだということを実感しております。  BS-1の仙台-鹿島戦は、ばたばたした中で眺めていました。  ベガルタは酷い試合をしたものです。ダニエルとここでお別れだというのに。のび太がジャイアンに負けたま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子W杯 スウェーデン2-1イングランド、アメリカ2-0オランダ

3決 スウェーデン2-1イングランド 消耗戦を制す  イングランドは90分の試合後中三日。スウェーデンは120分の試合後中二日。スウェーデンのほうが体力的に厳しいと思われた。  こうした時、体力的に厳しいほうが前半に猛攻をかけることがある。元気があるうちに点を取ってしまおうということだ。ギャンブルでもある。  スウェーデンはこのギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コパ・アメリカ ブラジル3-1ペルー ブラジル強し

 日本代表が出ていた大会でもあるし、最後にどうなったかぐらいは見ようか、と決勝をDAZNで見た。  試合の入りはペルーの方が良かった。鋭いプレスにブラジルはなかなか前にボールを運べないでいた。  しかし15分ブラジル、ブラジル側右サイド奥に入り込んだジェズス、ペルーディフェンダーが三人寄ってきたところでクロスを入れた。ファーサイドに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿島2-0磐田、柏4-2甲府

鹿島2-0磐田 監督交代の磐田が良かったけれども  鹿島がJ1で500勝だそうである。  他のクラブが強い時期もあったが、長くは続かなかった。鹿島は長い間トップで、仮にトップでなくても上位であり続けた。最も勝ったクラブであるから、最も尊敬に値するクラブである。  よそのクラブはどうして鹿島の真似をしないのか、真似が出来ないのかとよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浦和1-0仙台(生観戦) 椎橋退場で終了

 関東地方は梅雨真っ盛りで今にも雨が降りそうだったのだが、試合終了までは保ってくれた。私の席はバックスタンドアッパー席のアウェー側。風がひゅるひゅると入ってきて薄ら寒かった。  席に着いてまず、観客が少ないと感じた。28,904人。浦和は大槻監督に代わってから、大分に負けたくらいでJリーグもACLも概ね順調だ。しかし、Jリーグの優勝争…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子W杯 オランダ1-0スウェーデン いつ点が入るのかと思ったら

 ベスト8から欧米の国ばかりになってしまったのだが、個人の識別がなかなか出来ないでいる。みなさん背が高めでフィジカルが強そうで、ぶつかったらぼよんと跳ね返されそうな人たちばかり。岩渕みたいに小さいけれどもやたらすばしっこい選手などがいない。  明らかに他と違うのはアメリカのラピノーとオランダのファンデンサンデンだ。ただ彼女らを認識でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天皇杯2回戦 川崎F1-0明治大 これは好ゲーム

 明治大は長友や室屋を輩出した名門である。といってもJリーグ王者と戦うのは大変だろうと思われた。しかし明治大は臆することなく堂々と戦った。  序盤からプレスをかけ、繋いでビルドアップすることに拘った。この明治のサッカーで技術が高まれば川崎Fのサッカーに近くなるのかな、と思った。  川﨑Fの得点は15分、コーナーキックから。下田の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子W杯 オランダ2-0イタリア 酷暑の試合はオランダの地力が優る

 試合開始直後こそファンデサンデンの突破が見られるなどオランダ優位に見えたが次第にオランダの動きが鈍くなってきた。この日は33℃だったそうで暑さのせいだろうか。イタリアの方が南の国だし暑さに強いのだろうかと考えていた。  イタリアはベスト8に来ただけでも大健闘と言われている。だが前半はイタリアのベスト4があるかもと思った。そのイタリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台2-1札幌 二試合連続の関口ガガンガン

 札幌はチャナティップがおらず、ジェイのワントップに武蔵・アンデルソンロペスの2シャドウだった。  9分、試合はいきなり動いた。コーナーキックにシマオマテのヘッド。仙台が先制。  その後も仙台が優勢に試合を進めた。何度も札幌ゴールに迫ったがわずかな精度が足りず、最後は札幌GKクソンユンが立ち塞がった。  好機を逃すと流れは相手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲府0-1徳島、F東京4-2横浜M

甲府0-1徳島 誰か変わると点が入らない  甲府はウタカが体調不良。長いシーズンだからそうしたこともあるだろう。ワントップには佐藤恍。シャドウに佐藤和と森晃太。  徳島は3連勝中とのこと。  11分、徳島のフリーキック、ニアで徳島の河田が頭でフリック、甲府GK河田が弾いた所に岩尾のゴール。岩尾のゴールを止められなかったことより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子W杯 フランス1-2アメリカ 注目の一戦はアメリカが逃げ切る

 ここまでの戦いぶりを見て、アメリカが一番の優勝候補であるのは間違いない。ただ、それをフランスなら止められるかも、とも予想していた。韓国相手に大勝して実力は見たし、ホームチームであれば当然テンションも高いだろう。  しかし試合は早々にアメリカに傾いた。5分アメリカ、左サイドからのフリーキック。ラピノーの誰かが触れば、と蹴ったボール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子W杯 アメリカ2-1スペイン、イングランド3-0ノルウェー

アメリカ2-1スペイン PKで決まるのはつまらない  アメリカの先制点は7分、ペナルティエリア内でスペイン選手が足を引っかけたのでPK、これをラピノーが決めた。  スペインの同点弾は9分、アメリカのゴールキーパーがディフェンダーにパスをしたらあっさり詰められ奪われてエルモソのシュートが決まった。  アメリカの勝ち越しは75分、ペナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子W杯 日本1-2オランダ 二日続いて残念でした

 アメリカ・フランスのいる山よりドイツのいる山のほうが良いのでは、と書いていたのだがドイツと戦う前に負けてしまった。がっかり。  ただ、オランダも強豪である。 2017/3/8 日本2-3オランダ アルガルベ杯 2017/6/9 日本1-0オランダ 親善試合 2018/2/28 日本2-6オランダ アルガルベ杯  この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コパ・アメリカ 日本1-1エクアドル 勝てた試合、向こうもそう思っただろう

・先制点は岡崎の線審も見誤った鋭い飛び出しによるところが大きい。彼、いま無職なんだっけ? ・中島のシュートも浮きがちなボールをよく枠に入れた。 ・失点場面よりも得点直後の日本ゴール前のバタバタがいただけない。 ・失点はメナちゃんのゴール。他にミナちゃんもいた。女の子の名前のようで調子が狂う。 ・後半の頭からエクアドル選手交代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子W杯 ドイツ3-0ナイジェリア、イングランド3-0カメルーン

ドイツ3-0ナイジェリア ドイツ圧勝  試合開始直後こそナイジェリアにコーナーキックからの好機があったが、終始ドイツが優勢に試合を進めた。  ドイツの先制点は20分、コーナーキックからポップがヘディングでファーサイドにボールを流し込んだ。ナイジェリアはドイツの高さをほとんど苦にしていなかったが、この場面だけはしてやられた。  その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台2-0F東京 息詰まる熱戦に関口

 中盤でガチガチとボールを奪い合って、頭から息詰まる熱戦だった。シネオ マテ対ディエゴ オリヴェイラ、関口対室屋の戦いには見応えがあった。  F東京は首位にいるだけあって、個々のミスが少ない。高萩のパス出し、永井の飛び出し、東の引き出し、他の選手いずれも優れたものを持っている。ここに久保建がいたら大変だろうと思うのだが、幸か不幸かもう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琉球2-5甲府、名古屋1-2清水

琉球2-5甲府 大逆転  甲府は久々にセンターバックに山本英が入った。ウタカのトップに佐藤和と森晃太のシャドウ。  前半は琉球のゲームだった。琉球がボールを持ってスムーズにシュートまで持ち込めていたのに対し、甲府はシュート以前にボールを運ぶことが出来なかった。  琉球の先制点は23分、風間宏のフリーキック。巻いた弾道のボールが壁の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子W杯 アメリカ2-0スウェーデン アメリカ強し

 スウェーデンはリオオリンピックでアメリカにPK戦で勝っている。一方的ではない面白い試合になるかなと思った。始まってみたらアメリカがほぼ圧倒していた。  試合開始直後の3分、アメリカの左コーナーキック。グラウンダーのボールをニアでメウィスが後ろに流してその後ろのホランが押し込んだ。早々にアメリカ先制。  その後もアメリカがボール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コパ・アメリカ 日本2-2ウルグアイ 点数はつけないが各選手の寸評で

 GK: 川島  DF: 杉岡、冨安、植田、岩田  MF: 中島、板倉、柴崎、三好  FW: 安部、岡崎  67' 安部→上田  82' 三好→久保  87' 岩田→立田  川島  さすがの存在感。クロスバーを叩いたシュートなどを打たれていたが、ボールが川島を避けてクロスバーに行ったのかと思えるくらい。この川島を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子W杯 日本0-2イングランド 選手は頑張っているのだが

 失点がいずれもディフェンダーの間にボールを通されて裏を取られる形だった。この代表は最もありがちな攻撃に一番弱いのだと思うと悲しかった。  日本の攻撃は点が入らないだけで悪くは無かった。横山のフリーキックはたいていのゴールキーパーなら得点になっていただろう。その横山、代わって入った菅澤、そして岩渕はそれぞれの特長を出して相手ゴール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コパ・アメリカ 日本0-4チリ 負けるにしても

 会場となったエスタジオ・ド・モルンビーはブラジル、サンパウロFCのホームスタジアムで、高級住宅街にあるらしい。収容人数は8万人弱。ブラジルW杯でも会場になったのかと思ったら違った。W杯ではコリンチャンスの本拠地であるアレーナ・デ・サンパウロ(アレーナ・コリンチャンス)を使ったとのこと。  試合ではなく会場の話から始めているのは、あま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子W杯 アメリカ3-0チリ、ドイツ4-0南アフリカ

アメリカ3-0チリ チリの完敗と健闘  試合開始直後、チリのディフェンダーがさっさとボールを前に蹴ればと思っていたら、アメリカの選手に突っかけられてボールを奪われる場面があった。個人の能力差が大きすぎると感じた。アメリカが勝つのは当然として、何点差になるだろう。6点ぐらいは差がつくのではないか。そう考えていた。  アメリカの先制点は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U-22 日本1-1(PK4-5)ブラジル、U-20 ウクライナ3-1韓国

トゥーロン国際 日本1-1(PK4-5)ブラジル 惜敗  決勝くらい立派な会場でやるのかと思ったら、そんなことは全くなかった。ただ、決勝ともなるとお客さんがそれ以前よりは入っていたようだ。  日本は出だしこそ激しいプレスをかけてブラジルを慌てさせたが、次第にブラジルのペースになっていった。19分、ディフェンスラインの裏にマテウス・ク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲府0-2東京V、松本0-1仙台

甲府0-2東京V 偶然か必然か  甲府は雨。入場者数は4,870人。普段の6割といったところか。  前節怪我したドゥドゥは、ニュースリリースはないものの離脱した模様。甲府はウタカのトップに佐藤和と森晃太のシャドウで臨んだ。  ドゥドゥがいる時は一応守備をしていたウタカだが、この日は全く守っていなかった。守ることでウタカが疲弊すると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子W杯 日本2-1スコットランド 逃げ切った

 高倉監督は初戦の南・長谷川・横山から、市瀬・遠藤・岩渕に代えた。  日本は序盤から鋭いプレスをかけてボールを奪い、スコットランドゴールに迫った。特に岩渕の追い方が激しくて、明日は無いようなプレスだった。後半の速い時間に交代するのだろうなと思った。実際には82分まで引っ張った。  先制点は23分、左サイドで遠藤が拾ったボールを岩渕に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子W杯 オーストラリア3-2ブラジル 2点差は危険な何とやら

 試合開始前は、ブラジルが優位なのかなと思っていた。第1戦でブラジルはジャマイカに勝ち、オーストラリアはイタリアに敗れている。オーストラリアはアジアでは体格で優り日本でも容易には勝てないチームだ。だが、ブラジルなら体格上の差は小さい。テクニックもブラジルが上だろう。  だが試合が始まるとオーストラリアがブラジルを押し込んでいてイメージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子W杯 イングランド2-1スコットランド、トゥーロン国際 日本2-2(PK5-4)メキシコ

イングランド2-1スコットランド イングランド逃げ切る  日本とアルゼンチンの試合よりは、サッカーとして面白かった。  試合開始直後はスコットランドが攻めていたが、次第にイングランド有利に。イングランド先制点は12分、VARハンドPK。見飽きた光景。ディフェンダーはペナルティエリア内で腕を下げておくべき。このPKをパリスが決めてイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子W杯 ドイツ1-0中国、日本0-0アルゼンチン

ドイツ1-0中国 ドイツが苦しみながら勝つ  前半立ち上がりからドイツが押し込んだ。セカンドボールを次々に拾って中国ゴールに迫った。しかし、中国はゴール前に張り付いて得点を許さなかった。  一方、中国はたまに繰り出すカウンターが鋭く油断ならなかった。  前半30分くらいから、ドイツが押し込めなくなった。ドイツが攻め疲れたのか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more