テーマ:サッカー

天皇杯1回戦 東京武蔵野3-3(PK5-4)栃木シティ まさかの同点劇

 天皇杯はアマチュアサッカークラブに開かれた大会である。  同時にあらゆるクラブの中で日本一を決めるトーナメント大会である。  2020年の天皇杯、第100回大会はコロナ禍により、例年と違う形になった。参加チームは1回戦から都道府県代表47チーム、2回戦からアマチュアシードのホンダFC、準々決勝からJ2とJ3の上位1チームずつ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜M1-2C大阪 一瞬の暗転

 序盤から横浜Mが優位だった。ポゼッションで優っていたばかりではなく、そこからティーラトン、ジュニオール、サントス、エリキらが次々に好機を作っていた。  C大阪も好機がないわけではなかったが、横浜Mが3回の決定機に対してC大阪が1回、という程度だった。3対1くらいの割合で横浜Mが勝ちそうだ、ぐらいに思っていた。  ただ、C大阪は中を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

F東京2-1横浜C F東京が逆転勝ち

 前半は五分五分だった。。  17分こぼれ球を皆川がシュートした横浜Cの1点目。シュートがいかにも浮きそうな、落ちてくる途中の中途半端な高さのボール。相手ディフェンダーに当たって方向が変わった幸運もあるが、ともかく強いシュートを打ったのが良かった。  30分F東京が同点弾。縦にボールを入れた高萩もさることながら、田川の反転シュートが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C大阪3-0浦和 坂元、都倉、藤尾

 午後7時開始予定が、雷雨のため7時33分スタート。  双方似たチームに思えた。ボールは大事に繋いで運ぶ。守るときに積極的なプレスはしない。ブロックを組んで中に入ってきた人とボールを潰そうとする。ただ、そのゾーンディフェンスがそれほどタイトではないから危ない場面はある。ただし、ゴール前に人をかけているから相手のシュートがなかなか入らな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌0-0名古屋 最後にランゲラックが名古屋を救う

 このところ勝ちのない札幌が、名古屋を迎え撃った。名古屋は前節川崎Fの連勝を止めている。  前半開始直後は名古屋が押し込んだ。セットプレーが続いたが金崎のシュートがクロスバーを叩くなどして得点に至らなかった。  その後は札幌が攻撃。しかし名古屋の守備は堅い。ブロックが崩れない、マークは外さない、チェックは厳しい。次第に札幌が攻撃して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿島1-1G大阪 内田篤人ラストゲーム

 内田というと、まず思い出すのが代表に出始めた頃。右サイドを駆け上がって、フリーだよと両手を上げてアピールするのだがボールが彼に出てこない。それでもめげずに何度も駆け上がる姿だった。そうした時、たまに俊輔がボールを送っていたが、内田が、俊輔さんはよく見ている、と語っていたのを覚えている。  ゴール前で相手フォワードと競り合って競り負け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湘南0-1名古屋 当然のようで残酷な

 湘南にはかつてベガルタ仙台にいた大岩と石原直がいる。他にいつの間にか30歳の山田直、売り出し中の齊藤未。  名古屋には元ヴァンフォーレ甲府の吉田豊、稲垣。他にお馴染みの金崎、売り出し中の相馬勇。  前半は名古屋のポゼッション。湘南はボールが持てず名古屋が一方的に攻めたが、なかなか点が入らない。湘南は5バックで横幅広く守り、名古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲府3-2愛媛 逆転再逆転

 この試合はテレビ山梨で放映された。  地方局でゴールデンタイムにキー局の放送を流さない、ということはなかなか無いことだ。どうしても放映したいというテレビ山梨の意欲を感じる。ちなみにテレビ山梨はTBS系列であり、この時間帯のTBSは「世界くらべてみたら」を放映していた。  ヴァンフォーレ甲府はここまでたった1敗だが4勝7分と引き分け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浦和1-0広島 西川の勝利

 いきなり開始5分の浦和、レオナルドのスルーパス、汰木の抜け出しにハイネルが置いていかれ、足で汰木の足を引っかけてPK。レオナルドがそのPKを決めて浦和先制。  汰木は山形にいた頃からそのスピードに感心していたので感慨深い。  そこからの85分は広島が一方的に攻めた。この試合のシュート数が浦和3に対して広島20。  それを西川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎F2-0大分 川崎F圧勝

 実力差がありすぎる。  川崎Fはそれぞれに繋ぐ技術があり、奪う技術があり、それでいて大分がボールを持っていれば前から強烈なプレッシャーをかけ、ボールを持てばあそこでもここでもパスを受けられる場所に選手が顔を出していた。  大分はまずディフェンダーがプレスを掻い潜るのが難しかった。それで懸命に走らなければプレスの網にかかった。一対一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

F東京2-3鳥栖 右サイドを攻略した鳥栖

 この試合前、F東京は4勝2分1敗、鳥栖は0勝4分3敗、F東京ホームの味の素スタジアム。となれば、F東京が勝つのだろうと思いながら見ていた。  サッカーはそう単純なものではなかった。  鳥栖は右サイドを攻略した。30分、樋口が右サイド奥からクロス、内田の空振りが効いてそこに注意が向いたところに石井のシュートが決まった。  39…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏5-1仙台 勝つのが難しいサッカー

 今年ベガルタ仙台の試合を見るのは初めて。さて、木山新監督率いる仙台はどんなサッカーをするのだろう。興味津々だった。  一見して、勝つのが難しいサッカーだと思った。  仙台はボールを大切に繋いでいる。繋ぐためにパスコースを作ろうと走っている。最初は良いが、時間が経つと疲れてくるだろう。  それに繋ぐサッカーは、相手がパスコースを次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜M4-0横浜C 思わぬ大差

 横浜Cのゴールキーパーが南。懐かしい選手だ。横浜Mの攻撃中、あわやGKと一対一、という所で二回ほど巧みな飛び出しでゴールを防いでいた。南健在。  MもCもボールを繋いで攻め込もうというチーム。前半途中までは横浜Cに好機が多かった。横浜C側右サイドからボールを回しているうちに横浜Mがマークを見失うことがあり、ここにマリノスの問題がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

F東京2-0浦和 拍手の圧力

 味の素スタジアムの入場者数は4,705人。サポーターの中のサポーターとでも言うべき人々だ。声援が禁じられた中で、このサポーターたちはF東京の良いプレーに拍手を送っていた。その拍手の音が大きく、圧力というものが感じられた。  F東京からロシアに移籍する橋本拳人のラストゲームとなった。  F東京は必ずしも調子が良さそうではなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎F3-1柏 川崎Fの物語的な

 この試合についてどうやって文章を書こうなどと思いながら試合を見ていると、どちらがこの試合の主人公なんだろうと思うことがある。主人公、というのは、言葉を変えればどちらを主語にしたら書きやすいかということでもある。  この主人公とか主語というのは、どちらがこの試合の主導権を握っていたか、とか、英語だったらドライブしていたか、試合という車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜M3-2湘南 天野天野オナイウ、水沼宏アシスト

 無観客二試合目。ニッパツで行われた。観客が入らないなら日産スタジアムよりもいいのかなと思う。  試合が始まってまず、湘南のサッカーが変わった、と思った。ボールを繋ごうとするし前から奪おうとする。横浜Mと似た所のあるサッカーだ。一般にポゼッションサッカー同士がぶつかったら、個々のテクニックが、というか給料の高いほうが勝つ。横浜Mのほう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎F2-1鹿島 J1再開

 ようやくJ1が再開した。ここに至るまでは沢山の人の努力が関わっていたと思う。まずはそれに敬意を表したい。  残念ながら無観客で行われた。スポーツは少なからず自分がプレーヤーになったつもり、あるいは自分が監督になったつもりで見るものだ。だが他に、観客になったつもりで見るものでもある。あの場所で見たい、と思う心を喚起することが、観客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jリーグ再開 パスタイムの復活

 昨日、6/27(土)にJ2が再開し、J3が開幕した。  ヴァンフォーレ甲府はホームの無観客試合でアルビレックス新潟と戦い、3-3という結果に終わった。見てはいないが、面白い試合であったらしい。  4ヶ月間、Jリーグは中断されていた。J1は昨年12月上旬に最終節が終了し、2月下旬に第一節が行われていた。それは2ヵ月半くらいだから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランクフルト1-3メンヘングラートバッハ 記念カキコ久々

 チャンピオンズリーグのパリSGードルトムント戦について書いたのが3月23日。  今日は5月21日。ブンデスリーガ再開試合である。ヨーロッパで中断し、ヨーロッパで再開した。  カメラは無人のバックスタンドを映していた。無観客。鎌田はスタメン。長谷部はベンチスタートならぬスタンドスタート。スタンドに同僚と1.5メートル以上離れて座…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CL パリSG2-0ドルトムント 記念カキコ

 日本時間で3月12日に行われた試合。3月21日にBS日テレで放映され、昨日22日に見た。  1点目、ネイマールがディフェンダーの後ろから現れて決めたヘディングシュートが印象深かった。  2戦合計3-2で、パリSGがベスト8に進んだ。  さて、私はチャンピオンズリーグを見てもこのブログで書かないことが多い。我が任にあらず、とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひまひま

 スポーツ番組というものがほとんど無くなってしまった。  私は普段ドラマもバラエティもほとんど見ない。ニュースも長い間見ていると飽きる。暇つぶしにはスポーツ番組を見ることが多かった。  だから家にいてテレビをつけても見るものがない。ひまだ。  相撲は無観客でもやっているから見ている。だが、これが終わったらどうしよう。  最近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ女子3-1日本女子 負けるのがデフォルトか

 スペインとイングランドに負ける日本だから、アメリカには負けるでしょうという予想があるわけです。  負けて当然と思って見るのなら、悪くない結果かもしれません。ひょっとしたら2-2くらいで終わっていた可能性もあったので。  でもあれでしょう? 相手が強いんだから負けて当然と思うこと自体が、惨めじゃありませんか。今の女子代表はそういうレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本女子0-1イングランド女子 スペイン戦よりはましだが

 シービリーブスカップ2戦目。  完敗のスペイン戦よりはましで、惜敗くらいまでは行っただろうか。  前半はほぼ互角。  日本はビルドアップが出来ていたし、得点になりそうな好機を作ることも出来ていた。田中美がなんとかして点を取りたい取りたいと頑張っていた。  イングランドは体が強いが、日本ほどのパスワークやアジリティはない。お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本女子1-3スペイン女子 いいようにしてやられる

 SheBelieves Cup(シービリーブスカップ)である。ビリーブスのスは三単現のSか。彼女が信じている杯。  日本は情けないくらいに、いいようにしてやられた。何を信じろという話か。ただ弱いということか。  スペインは基本的にパスワークのチームだった。男子と変わらない。  そのパスワークで日本は後れを取った。ボールを繋げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひま

 新型コロナウィルス対策のため、Jリーグが中断している。私の頭の中のサッカーも中断している。仕事もプライベートも暇では全くないのだが、私の頭の一部分を占めていた娯楽が無くなった。だから、頭の中に空白部分が生じた気分でいる。  自分の中の一部分がひまになった感じだ。  日本は同調圧力の国なので外出するな集団行動はするなと言われると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜M1-2G大阪 昨年覇者初戦で敗れる

 Jリーグ開幕。といってもまだこちらはエンジンが温まっていないので、しばらくはDAZN契約はせずNHK観戦のみ。そのNHKは総合で昨年優勝の横浜M開幕戦。対するは昨年7位と平凡な成績に終わったG大阪。  試合開始からG大阪は積極的なプレスをかけてきた。宇佐美などディフェンダーの追い方をいつ身につけたのかと思う。宮本監督の薫陶の賜物だろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年J1予想

札幌 12位  ペトロヴィッチ監督も3年目。熟成されてきたとも言えるが、相手にわかられているということでもある。昨年の主力は残っているが移籍による底上げも乏しい。昨年の10位よりも若干、後退するのではないか。 仙台 15位  守備の中心選手が残ったのは良いのだが、前線のレギュラーに怪我人が相次いでいる。印象は良くない。ルヴァン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼロックス杯 神戸3-3(PK3-2)横浜M 最後までせわしなく

 試合が始まって、せわしないゲームだな、と第一印象。  どちらも前からボールを奪いに来て、奪ったらサイドに展開して前方にパスを通してと、前に前にと行きたがる。時折ぶつかっては即座にリスタート。右に左に心の休まる暇がない。  日本のサッカーは急ぎすぎると言われることがあるが、中でもこの試合はピンボールのようだった。カンカンカンカンガシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引退する選手にひとこと

金澤慎  大宮に金澤慎がいるのは、自分にとって当たり前だった。  当たり前にそこにいる選手を、私はよく掴んでいないことがある。どんな選手だったか、と聞かれた時に困ってしまうのだ。特に金沢慎のような、チームに安定をもたらす中盤の選手は表現が難しい。  東京Vにも2年間いたが、何より、大宮で試合に出続けたことが彼の勲章だろう。お疲れさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U-23 韓国1-0サウジアラビア 韓国優勝

 前半は韓国が主にボールを持っていた。しかしサウジアラビアの守備が堅く、持っていた割に韓国の好機は少なかった。その少ない好機もシュート精度がなかった。  サウジアラビアは時折ロングボールを入れて、ドリブルから韓国ゴールに迫った。それはなかなか脅威だったが韓国の守備も固くて得点に至らず。  後半に入ると韓国のペースになった。あと一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more