テーマ:クラブワールドカップ

CWC決勝 バイエルンミュンヘン1-0ティグレス バイエルン苦労しながらも勝利

 バイエルンミュンヘンの選手たちのプレスは感心するほど徹底していて、ティグレス得意のパスワークは寸断された。それでもティグレスに好機が全くないわけではなかったが、最後はノイアーが立ちはだかった。シュート数はバイエルン17に対してティグレス3。  しかしバイエルンは点を取るのにこの日も苦労した。18分、キミッヒのミドルシュートが決ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC3決 アルアハリ0-0(PK3-2)パルメイラス アルアハリがPK戦に持ち込み3位

 パルメイラスには、元新潟アルディージャのホニがいる。2017年にはJ1リーグ32試合に出場し7得点をあげた。よく走るフォワードで好機に絡むが、それほど得点を取る選手ではなかった。クラブワールドカップに出てくる南米クラブのレギュラーになるとは思わなかった。  そのホニは、パルメイラスの決定的なチャンスに絡んでいた。40分にはクロスに頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC バイエルンミュンヘン2-0アルアハリ さすがのレヴァンドフスキ

 バイエルンミュンヘンの順当な勝利だ。  まずこのチームは守備が素晴らしい。一人一人がマーカーから目を離さないでプレスをかけ続ける。強いクラブほど基本を疎かにしないものだ。  パスワーク、対人、いずれも武骨で確実。  カウンターを受けそうになることがあっても戻りが早い。アルアハリが2人で進んでいるうちに4人が戻っていき、遅らせ、ボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC ティグレス1-0パルメイラス 北中米代表が決勝へ

 ティグレスは何度見てもユニフォームの色がベガルタ仙台なので、親近感が湧いてしまう。  それはともかく、序盤からティグレスが良い、と思っていた。南米代表は欧州代表が相手だと引いて守って南米リアリズムに徹するが、それ以外の大陸代表が相手だとポゼッションして圧倒しようとすることが多い。ところが、この試合でパルメイラスはなかなか前に出られず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC アルドゥハイル3-1蔚山 強いほうが勝った

「麒麟がくる」のラストを見て、「天井桟敷」をここに持ってきたのかと思いました。水谷です。こんばんは。  さて、CWCの5位決定戦です。  アルドゥハイルのほうが強かったですね。  アルドゥハイルもアジアのクラブなんで、本来アジアチャンピオンに勝てるわけがないのですが、どういうことでしょうか。ホームの利とはそれほど大きいのでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC アルアハリ1-0アルドゥハイル アフリカ王者の順当な勝利

 アルドゥハイルは開催国カタールの代表。柏で無双したオルンガが移籍したクラブだ。一方のアルアハリはアフリカ代表、エジプトのクラブ。CWCではお馴染み。  オルンガは先発していたが、存在感が無かった。というか、画面に映らないしアナウンサーに名を呼ばれることもない。厳しくマークされてオルンガにボールが出てこない。前半だけで彼の出番は終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC ティグレス2-1蔚山 ティグレス、老獪に逆転勝利

 クラブワールドカップって、やるんですね、とまずそのことに驚いていたりする。なお、オセアニア代表は出場せず、開催国枠と五大陸代表の6クラブで争われる。  ティグレスはメキシコのクラブ。はて、北中米代表でメキシコ以外のクラブが出たことがあっただろうか。  そのティグレスのユニフォームの色はベガルタゴールドに似ていて、親近感がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC リバプール2-1モンテレイ、モンテレイ2-2(PK4-3)アルヒラル

リバプール2-1モンテレイ フィルミーノワンタッチ  リバプールに南野が移籍するという。南野について初めて書いたのはU-19代表の頃だろうか。当時はいずれフル代表に入るかも、ぐらいには思ったかもしれない。だが、リバプールに移籍するとは全く予測していなかった。このところフル代表で得点を取り続けていたので、何か変わったかな、レベルが一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC アルサッド2-6エスペランス、フラメンゴ3-1アルヒラル

アルサッド2-6エスペランス エスペランス圧勝(?)で5位  前半にぽんぽんぽnとエスペランスが3点を取った。  その3点目がアルサッドのハサンがハンドでVAR PKというもの。ハサンは決定的得点機会阻止ということで退場になった。3点差で負けている方が10人になったのだから、もうこれはあっさりとエスペランスが勝つのだろうと思った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC アルヒラル1-0エスペランス、アルサッド2-3モンテレイ

アルヒラル1-0エスペランス エースゴミスゴール  アルヒラルがアジア代表だからといって勝ってほしいとも何とも思わない。だが簡単にアルヒラルが負けたら、そこに完敗した浦和は何だったのということになる。このクラブがCWCでどれだけやれるかは、Jリーグクラブがどの位置にいるかを知る目安になる。  ポゼッションに優るアルヒラルは前半か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC アルサッド3-1ヤンゲン 延長戦でアルサッドが押し切る

 開催国代表のアルサッドとオセアニア代表・ニューカレドニアのヤンゲンが対決。アルサッドの監督はシャビ。バルセロナを出てからアルサッドで4年プレー。引退後に監督になったという。ヤンゲンは1997年に創設、CWCは初出場とのこと。  試合は序盤からアルサッドが優勢だった。アルサッドはコンパクトな布陣からポゼッションを主体とする攻撃。監督が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC リーベル・プレート4-0鹿島、レアル・マドリード4-1アル・アイン

3決 リーベル・プレート4-0鹿島 少しの積み重ね  4-0とレアルマドリード戦よりも差がついてしまった。ただ、この試合はレアルマドリード戦のような、現状では埋めがたい大きな差がある、といったものではなかった。埋められるかもしれない小さな差も、積み重なるとこれだけの大差になってしまう、ということだ。  例えばリーベルの選手がゴール前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC準決 レアルマドリード3-1鹿島 大差かもしれないが

 今年はアルアインが決勝まで進んだ。2年前には鹿島が決勝に進んでレアルマドリードとあわやの接戦になった。  賭け事にはビギナーズラックという言葉がある。麻雀でも競馬でもいいが、初めてやった人が大した予備知識もなしに勝ってしまうことを言う。開催国王者がクラブワールドカップで活躍することは、このビギナーズラックみたいなものかもしれない。実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC準決 アル・アイン2-2(PK5-4)リーベル・プレート 激闘はPK戦へ縺れアルアインが制す

 この試合は5位決定戦と違って面白かった。  ひょっとすると応援の差があったかもしれない。アルアインは地元だしリーベルプレートは遠路から多くのサポーターが来ている。それはもちろん両チームのモチベーションを高めただろう。  この試合ではアルアインのエース、ベリが先発。体調不良だったというが、回復したようだ。開始直後の3分、アルアイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC5決 エスペランス1-1(PK6-5)グアダラハラ VAR、VAR、PK戦

 アルアインに良いところなく敗れたアフリカ代表エスペランス。対鹿島戦で前半圧倒したものの後半に逆転負けを食らった北中米代表のグアダラハラ。双方が戦う5位決定戦。  1勝もしないで国に帰るのはみっともない。6位よりも5位のほうが賞金も高い。だが、それ以上のモチベーションは保ちにくい試合でもあった。  前半開始早々、グアダラハラがシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC 鹿島3-2グアダラハラ、アルアイン3-0エスペランス

鹿島3-2グアダラハラ 前後半で別チームになった鹿島の逆転  前半の鹿島は酷かった。自陣に簡単に侵入を許し、ボールを取りに行ってはかわされ、危ういシュートを何度か打たれていた。ボールを持ってもビルドアップがなかなか出来ず、攻撃は遠目からのシュートと内田のオフサイドしか印象に残っていない。  開始早々の3分、ブリスエラが鹿島側左サイド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC アルアイン3-3(PK4-3)チーム・ウェリントン 塩谷大活躍

 開催国UAE代表のアルアインとオセアニア代表のチーム・ウェリントン。ともにクラブワールドカップは初出場である。アルアインには水戸と広島で活躍した塩谷と元鹿島のカイオがいる。  見ていたらゴール前でチャンスを作る能力はアルアインが上だとわかった。アルアインはぽんぽんとボールを運んでペナルティエリア内であわやの場面を比較的簡単に作ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC アルジャジーラ1-4パチューカ、Rマドリード1-0グレミオ

アルジャジーラ1-4パチューカ 順当な3位決定戦  前の2試合で240分間プレーした本田はお休み。  快進撃をしていたアルジャジーラ。だが、Rマドリード戦でそれまで神がかり的なセーブを繰り返していたハセイフが負傷してからは進撃が止まった。アルセナーニも見たところ悪いGKではないのだが、神懸ってはいない。  パチューカの4得点のうち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC アルジャジーラ1-2Rマドリード レアル泡食ったがかろうじて勝利

 ゲスト解説の岡田氏が両チームとも守備が緩いと言っていた。ボールや人に対する厳しさがないということだろう。  ただし技術的なことに関しては段違いの差があるので、Rマドリードが圧倒的に攻めた。それに対し緩い守備のアルジャジーラは次々にシュートを浴びてしまう。しかしアルジャジーラGKハセイフがこの日も大当たりで次々とスーパーセーブを繰り返…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC グレミオ1-0パチューカ 本田敗れる

 本田がパチューカの11人のうちただの11分の1だったら本田敗れるなどと書かないのだが、彼は攻撃の中心だった。中心選手であればそうした表現になる。  カサブランカ戦で本田があまり動かなかったと書いたが、膝の具合が悪いらしい。この試合でもトータルではあまり動いていなかった。だが、ここというところでスピードアップしてゴール前に入っていくの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC 浦和3-2カサブランカ 相手が強くないと

 たいていの得点はミスと偶然の産物、と私はよく書いている。しかしたまにはミスでも偶然でもない文句のつけようのないゴールがある。19分浦和、マウリシオのミドルシュートはカサブランカの勤勉なディフェンダーがしっかりマークについていたにもかかわらず、それをものともせずに放たれてGKが必死に体を伸ばしたのも及ばずゴール隅に決まった。素晴らしかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC パチューカ1-0カサブランカ、アルジャジーラ1-0浦和

パチューカ1-0カサブランカ 本田の話  本田が試合前にどちらもカウンターが得意なチームと言ったのが引っかかっていた。というのもこれまで北中米代表チームはカウンターよりもパス回しを主体としたサッカーを得意としてきたからだ。南米クラブや欧州クラブとの対戦ではカウンター主体とならざるを得なかったが、それは個人技術で劣る場合の話で技術が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC アルジャジーラ1-0オークランドシティ 内容と異なる結果

 クラブワールドカップ開催。まずは開催国UAEのアルジャジーラとご存じオセアニア代表ニュージーランドのオークランドシティ。入場者数は4,246人とかなり少ない。日本でやれよ。  オークランドの岩田もお馴染み。もう6年連続の出場とか。左サイドバックとして前半は守備と組み立てに専念していた。  序盤からオークランドが積極的にボールを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC 鹿島2-4レアル・マドリード、ナシオナル2-2(PK4-3)クラブアメリカ

鹿島2-4レアル・マドリード 鹿島大健闘の惜敗に関する雑な感想  2点を取った柴崎が世界的に話題になっている。もともと日本代表の中心選手になってもらわないと困る人だから、世界がやっと柴崎に気がついたくらいの気分でいる。  でもスペインに行くのはどうか? たいていの海外クラブなら柴崎も活躍すると思うのだが、チームメンバーがみんな、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC レアル・マドリード2-0クラブ・アメリカ、全北4-1マメロディ・サンダウンズ

レアル・マドリード2-0クラブ・アメリカ ちょっとは期待したが順当  前半、クラブ・アメリカがコンパクトに保って良い試合を見せていたので、これはひょっとするかもと思った。これまでの北中米クラブはCWCで欧州代表や南米代表とあたると持ち前のパスサッカーを捨ててゴール前に張り付いてそれでいて守備網が破れて、という試合を繰り返していた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC 鹿島3-0ナシオナル 耐える時間が面白い

 33分に土居がPKを決めてから、83分に遠藤康がヒールキックでボールを流し込むまでの50分間が面白かった。  攻めるアトレティコ・ナシオナル、守る鹿島アントラーズ。ナシオナルは何度もペナルティエリア内に攻めこみ、鹿島は耐えて耐えてボールを跳ね返し続けた。この攻防、読み、落ち着き、反応、体の強さ、いやあ、見事なものです、とついつい山本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC クラブアメリカ2-1全北 北米チャンピオンの逆転劇

 前半、ポゼッションはクラブアメリカだった。優れたドリブラーがいて、全北はそれを止めるのに手を焼いていた。クラブアメリカは個人技オンリーではなく、連携も見事で、ドリブラーがボールを放した直後が特に危険だった。ただ、ボールが中へ中へと入っていく傾向があって、相手の攻撃を読みやすいというか中を固めていればなんとかなるようでもあった。  一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC 鹿島2-0サンダウンズ 鹿島は後半勝負

 前半、サンダウンズのシュート数11に対して鹿島はゼロだった。鹿島は文字通り攻められっぱなしで、曽ヶ端が三度ほどビッグセーブを見せていた。  それが後半、小笠原のゲキが効いたのか鹿島は蘇った。攻勢につぐ攻勢。63分、エース金崎が入った。その直後、赤崎が裏を取って右サイド奥に流れ、ボールを左サイドへ。土居がそのボールを落とすと中にいた遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC 鹿島2-1オークランド 最後は走力の差

 横浜国際総合競技場は17,667人を集めた。甲府の中銀スタなら満員だが、横国だとガラガラだ。  オークランドはCWCではお馴染み。岩田卓也が今年も出ている。鹿島は足首捻挫が伝えられた金崎がベンチスタート。前半は互いに慎重で静かな立ち上がり。ファブリシオがオークランドのゴールキーパーにまでプレッシャーをかけていた。  お互いに2回く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CWC決勝 バルセロナ3-0リーベル・プレート メッシを何と形容しようか

 よくこのブログで、たいていのゴールはミスと偶然のたまものなどと書いている。真面目にディフェンダーが人数をかけてゴール前で守っていたらそうそう点が入るものではない。だからゴールキーパーがぽろりとボールを落とすとか、ディフェンダーが足をボールに出したら当たったボールがGKの逆をついたとか、たいていのゴールには何らかのミスや偶然が関わるもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more