テーマ:Jリーグ

浦和1-0徳島 前から追うチーム同士の好ゲーム

 浦和のロドリゲス監督は昨年まで徳島の監督。  一方の徳島はポヤトス監督がコロナ感染防止のための防疫措置でまだ指揮が執れない。そこでこの試合の指揮を執った徳島の甲本ヘッドコーチは、昨年までロドリゲス監督の下でコーチをしていた。  浦和と徳島はそのためサッカーが似ており、どちらも前からボールを追うサッカーをしている。  前半は徳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本女子7-0パナマ女子 国立で大勝

 この試合は国立競技場で行われた。アナウンサーは盛んに、オリンピック代表の18人に誰が残れるのかと語っていた。この4月11日、午後3時時点、東京都の新たなコロナ感染者は421人。アナウンサーがオリンピックと言う度に、オリンピックが出来るのかな? と疑問に思う。  試合はパラグアイ戦同様に、大勝だった。前半が5点、後半が2点と、後半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲府1-1北九州(生観戦) 決定力決定力決定力

 サッカーを生で見る、というのはいつ以来だろう。調べてみたら、2019年11月の甲府-福岡戦以来だ。あれは、金園大活躍、と書くだけでずいぶん昔に思える。  小瀬の桜はとうに終わっていた。車は小瀬スポーツ公園内の駐車場に難なく停めることが出来た。駐車場から歩く距離が減ったことは、その理由を考えれば全然嬉しく思えない。  朝方は少し寒い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本女子7-0パラグアイ女子 順当な勝利

 ユアテックスタジアムで行われた試合。観客数は818人。仙台に住んでいたら仕事を休んででも行きたかったかな、と思った。だから観客が少なすぎる気がする。仙台はコロナで大変な状況らしいから、こうした試合を見に行く気にはならなかったのかもしれない。  試合内容は結果が示す通りである。開始してすぐ、実力差が大きすぎると感じた。シュート数は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿島2-1柏 勝てそうな柏、勝つ鹿島

 前半は鹿島が比較的押し込んで、柏陣内の時間帯が長かった。昨年の柏はオルンガにスペースを空けてやれば点を取ってくれるのでカウンター主体だった。今年も江坂・クリスティアーノが縦に鋭く運べる。つまり、鹿島が押し込んだからといって鹿島優位とは言えない。実際、柏はカウンターから好機を作っていた。  どちらが優勢か不明なまま、前半は0-0で終了…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎F2-0大分 フロンターレ強し

 大分も悪いチームではないのだけれど、相手が悪かったというか川崎Fが強い。  プレスをさぼらずにかけてきて、大分は90分間を通してビルドアップに苦労していた。むしろ、大分はタイトなプレスをかいくぐって時折ゴール前までボールを運んでいたので、川崎F以外だったら倍くらいはシュートチャンスを作れただろう、などと考えた。ちなみにシュート数は川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湘南0-0C大阪 雨中の激闘はスコアレス

 雨が降っていた。  その雨は時間が経つごとに強くなっていった。画面右から左へと雨筋が見えるほどであった。  これほどの雨であれば、正確なパスワークは難しく、キック&ラッシュにならざるを得ないか、とも思ったのだが、双方はあくまでパスワークから攻撃を組み立て、しかもそのパスワークは正確でしっかりビルドアップされていた。  Jリーグは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

F東京3-2湘南 湘南と私のサッカー観

 湘南の3バックの右に元仙台の大岩。控えのFWに石原直。お馴染みの山田直が中盤に君臨。と、よく知っている選手はいるのだが、湘南はずいぶん人が入れ替わり、知らない選手が増えた。監督は2019年秋から浮嶋敏。  驚いたのはその湘南サッカーの変貌ぶりだった。チョウキジェ監督の頃からすっかり変わっていた。  テクニカルに繋ぐサッカーをしよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲府2-1栃木 甲府ホーム初戦で勝利

 前半の甲府は素晴らしかった。栃木にボールを持たせず、三平と泉澤の連携に野津田の絡む攻撃は次々に好機を作り出した。  点だけが入らなかった。  後半開始から栃木が攻め込んだ。前半、甲府が好きなように攻撃してそれが得点にならなかったことに嫌な予感がし始めていた。  それが50分。右コーナーキックを野津田が蹴ると、長身のメンデスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳島1-2福岡 昇格対決は福岡の逆転勝ち

 ともにJ1昇格チームだが、対照的なサッカーをしている。2020年のデータを見ると、J2首位の徳島は67得点33失点。2位の福岡は51得点29失点だ。徳島は攻撃に強く、福岡は守備に強かった。徳島はボールを繋ぐサッカーをするが、福岡は奪って速攻が得意。。  開始2分、いきなり徳島先制。渡井のスルーパスに宮代が裏へ抜け出した。シュートは飛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏0-1名古屋 名古屋のほうが強い

 今の柏よりも、今の名古屋のほうが強い。この試合を見て真っ先に思ったことだ。  単純に名古屋が勝ったからそう思ったのではない。序盤から名古屋のほうがボールを思うように動かしていたし、好機も柏より多く作っていた。  名古屋の選手たちもその特長をいかんなく発揮していた。吉田豊は上下動が激しく、攻撃にも守備にも効いていた。米本はしばし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台1-5川崎F 仙台大敗

 東日本大震災の日が近くなると仙台のホームゲームがBS1で放映されるのが定番となっている。今年の相手は川﨑Fだ。川崎Fというと震災後のJリーグ再開戦をどうしても思い出す。あれは神様が助けてくれた試合だと今でも私は思っている。  あの試合以外にも私は何度も等々力で川崎F-仙台戦を見ている。だが、仙台が勝ったのを見たのはあの試合だけだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浦和1-1F東京 浦和が変わった

 土日に出かけていたので、ようやく見ることが出来た。  驚いた。  浦和のサッカーがシステマチックになっている。  プレスをかけてボールを奪い、奪えば連動して攻撃に繋げている。昨年までは全く見られなかった姿だ。  小泉が目立っていた。髪型だけではない。前後左右によく動いて、どこにでも顔を出していた。  F東京は防戦一方で、森重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引退した選手にひとこと

石川直樹  2012年に優勝争いをしていたベガルタ仙台は、最終戦のひとつ前の新潟戦で敗れて優勝の夢が潰えた。その時の仙台-新潟戦で活躍したのが当時新潟にいた石川直で、だから仙台がオファーを出したと聞いた。仙台では2013年から2017年の途中まで在籍した。頼りになるセンターバックだったのだが、サイドバックをこなすことも出来て、重宝する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手倉森誠 ベガルタ仙台監督就任に関して

 まず、Jリーグでの手倉森誠監督の成績を見てみよう。  ベガルタ仙台 2008年 J2 3位 2009年 J2 1位 2010年 J1 14位 2011年 J1 4位 2012年 J1 2位 2013年 J1 13位  V・ファーレン長崎 2019年 J2 12位 2020年 J2 3位  2008年か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年頭に当たって

 昨年はサッカー場で試合を見ることが一度もなかった。  それでテレビでばかり見ていたのだが、どうも例年と様子が違うと思っていた。  様子が違うとは、テレビの向こう側の話ではない。  見ている自分の話である。  例年通りにテレビで見たサッカーについて思うところを書いているのだが、なかなか満足できる文章にならない。  見たサッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年J1の順位予想のお話

 そろそろ今年も終わりだが、ひとつ忘れ物があるので書いておこうと思う。  このところ毎年、Jリーグが始まる直前にJ1の順位予想をして、終わったらその検証をしていた。ここは当たった、ここは外れた。外れたクラブに関しては知らない選手が活躍したからだ、あるいは経営が危ういのを知らなかったからだ、などと言い訳を書いていた。  今年はコロナが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡1-0徳島 徳島敗れてJ2優勝

 J2もそれぞれ42試合が終わった。とにかく大変な一年を終えることが出来たことを喜びたい。  結果に満足したクラブもそうでないクラブもお疲れさまでした。  最終節でJ2リーグの一位二位対戦となった。両者のJ1昇格は決まっていて、福岡が大量点を取って勝たない限り徳島が優勝。そうした条件下で行われた試合は意地のぶつかりあう見応えのあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏2-3川崎F J1最終節の感慨

 J1最終節である。  どのJ1クラブも、34試合を終えた。J1が無事に終わった。まず、このことを喜びたい。  今年は本当に大変な一年だった。試合の中断、無観客試合、観客数の制限、選手スタッフのコロナ感染、試合予定の頻繁な変更、観客数の減少とスポンサー企業の苦境による財務的な厳しさ。問題は山ほどあった。ずっと綱渡りだった。その中のい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜C0-2G大阪 2位はガンバ

 試合開始の30秒後に試合は動いた。G大阪、矢島の右からのシュートがこぼれたところに倉田が押し込んだ。G大阪があっという間に先制。  その後もG大阪の攻勢が続いたが、一息つくと逆に横浜Cが攻勢をかけていった。  安永や齋藤功、斉藤光らのシュートはあるものは外れ、あるものは東口の好セーブにあった。この時間帯、攻める横浜C、守るG大阪、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲府0-1松本 セルジーニョ一発、その後の松本を崩せず

 解説は播戸竜二氏。前日はC大阪-柏戦を早野氏とともに解説していた。二日連続とは大変だと思うのだが、本人にしてみればサッカーをするのとどちらが大変なのだろう。  播戸氏は攻撃に寄った解説をしていたが、わかりやすいし論理的でもあった。  試合の入りは松本が良かった。積極的にボールを奪って攻撃に来た。そうした攻撃が長く続くとも思えず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C大阪0-0柏 C大阪優位に思えたが

 シュート本数は9対9だった。その点は互角だが、C大阪が優位に思えた。  柏はオルンガにボールが渡った時、またはオルンガがゴール前にボールを入れた時、あるいはオルンガが囮になって江坂が顔を出した時などに好機になっていた。ただし、その好機はカウンター起点でスペースがある時などに限られていた。C大阪がゴール前を固めている時は好機を作れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌1-3C大阪 ロティーナ退任に思うこと

 C大阪のロティーナ監督が契約満了で来期は更新しないそうである。  C大阪は現在2位を争っている。首位でないと満足できないのか。この監督のサッカーが気に入らないのか。それとも性格的な問題でフロントか選手と衝突しているのか。  私はセレッソの内部事情など知らない。ただ、今期の実績を考えれば勿体ない話と思う。  試合は札幌のポゼッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋0-0大分 守備が上回りスコアレスドロー

 パロマ瑞穂スタジアムでは建て替え工事を行うそうで、現在の瑞穂スタジアムを見るのは今年が最後になる。そこで番組では、過去に瑞穂で活躍した楢崎や本田の映像を流していた。ストイコビッチのメッセージもあった。  なお、今年の瑞穂の最後の試合は12月12日。NHKで現在の瑞穂の試合を映すのは最後ということだろう。  ちなみに2010年、名古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎F5-0G大阪 川崎F優勝

 このところの4試合で1勝2敗1分と急ブレーキのかかっていた川崎Fだが、この試合では圧倒的な強さを見せた。得点は5-0、シュート数は19対5。2位のG大阪を相手にしなかった。  序盤からG大阪を自陣にくぎ付けにした。ゾーンディフェンスのG大阪のブロックの中に人とボールが次々に出入りし、シュートの雨を降らせた。G大阪はどうにか体でシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大分1-0川崎F、C大阪0-1広島

大分1-0川崎F 大分、川崎Fの目の前での優勝を阻む  川崎Fはこの試合に勝てば優勝決定だった。というわけで、NHK BS1では急遽放送することになったらしい。恐らくは優勝シャーレも大分に運ばれていたであろうし、試合後の優勝セレモニーの準備も整っていただろう。優勝の瞬間を見たくて川崎から遠路駆けつけた川崎Fサポーターも多くいたに違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎F0-2札幌 札幌が川崎Fを止めた

 中村憲剛が引退を表明した。  Jリーグの歴史に残る選手である。思い出は尽きない。まだやれるとも思うのだが、彼のような偉大な選手でなければ自分の引退時期を選ぶことは出来ない、とも思った。  その憲剛はベンチスタート。  序盤から札幌が好調だった。  札幌のマンツーマン気味の守りが川崎Fを苦しめた。今シーズン一対一で川崎Fがこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G大阪2-1札幌 パトリックヘッド後ガンバ逃げ切る

 場内は太鼓の音が響いていた。Jリーグは段階を踏んで平常を取り戻そうとしている。吹田の観客は16,183人。  9分札幌、ドウグラス オリヴェイラの曲がりながら枠内に入ってくるシュートがゴール右隅に決まって先制。このシュートの瞬間がゴールキーパー東口には見えなかったらしく、反応が遅れていた。  16分G大阪、左サイドからの宇佐美のク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿島1-0広島 緊迫した試合はロングフィード一発で

 どちらも奪ってからの速さを今年は持ち味にしている。それも涼しくなってきたので、よく走るアグレッシブな試合になった。  前半、どちらもゴール前までのボール運びが速かった。鹿島の好機のほうが多かったが、広島の反撃も鋭く、どちらが勝つかはわからなかった。34分広島、抜け出してエゼキエウのシュートがバーとポストに当たって跳ね返されたのは惜し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎F3-0名古屋 11連勝

 名古屋は8月23日の第12節で、その時10連勝中だった川崎Fを1-0で破り、連勝を止めた。その時以来の対戦で、くしくも川崎Fは再び10連勝中である。名古屋がまた川崎Fの連勝を止めるのか、あるいは川崎Fが11連勝のJリーグ記録を作るのかが話題になっていた。  前半30分くらいまでの間には名古屋の時間帯もあった。金崎やマテウスが好機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more