皇后杯準決勝 日テレ1-0浦和L、I神戸1-0千葉L

日テレ1-0浦和L あと一歩でもあり大差でもあり
 日テレは今年のリーグ戦とリーグ杯を制している。日本代表も8人いる。一方の浦和Lの代表は3人ということで、浦和Lが日テレに挑戦している構図だった。今期の公式戦対決では日テレの3勝1敗という。
 前半は浦和Lが悪くなかった。日テレのほうがポゼッション率は高いのだが、浦和Lのボールを奪ってからの攻めのほうが鋭かった。日テレは両サイドバックが攻撃時に同時に上がってくるのだが、浦和Lが高い位置でボールを奪うと守備の人数が足りない場面があった。しかし菅澤のシュートなどが惜しくも決まらず。
 すると43分日テレ、ゴール前の人がたて込んでいるところですぐ横の小林からパスを受けた田中美がシュート。浦和Lの二人のディフェンスの隙間を抜けてゴール左隅に決まった。前半はそのまま終了。
 後半に入ると日テレがさらにポゼッション率を高めて浦和Lがボールをほとんど持てなくなってしまった。長谷川の左から右へのサイドチェンジなどが有効だった。浦和Lは防戦の時間が長かった。
 ただ、菅澤のヘディングシュートが惜しくも外れたり、高橋のミドルシュートがクロスバーを叩いたりと浦和Lに惜しい場面もあった。
 あと一歩で浦和Lが追いつけたゲームでもあり、日テレが実力の差を見せつけたゲームでもあった。サッカーは時にそうした二面性を見せることがある。


I神戸1-0千葉L 勝つべき方が勝ったのだが長かった

 I神戸には日本代表や元代表、年代別代表が多数いて多士済々。それに対して、千葉Lは名の通った選手がほとんどいなかった。それでいて延長後半まで0-0で来たのだから千葉Lがよくやっていたゲームだった。
 I神戸のほうがポゼッション率は高くカウンターも鋭くゴール前でのアイデアも豊富でコンビネーションも優れていた。しかし千葉Lは徹底して中を固めてマークを怠らず、サイドは崩されてもゴール前で弾き返した。この集中力は藤井監督の指導の賜物だろう。
 さらに千葉Lは引き籠ってばかりではなく、機を見て反撃に出た。前半、瀬戸口のミドルシュートなどは惜しかった。
 後半からI神戸は京川がシンプルに裏を狙った。仲田もよく攻撃に絡んでいた。かつて将来を嘱望された二人だが、二十代中盤になってI神戸の中核をなしてきたようだ。それは感慨深い。しかし千葉Lによく守られ延長戦へ。
 延長戦前半も過ぎて両者に疲れが見えていた。PK戦に入るのかなと思った。PK戦ならどちらが勝つかわからないが、心理的な達成感は千葉Lのほうが高いだろうと想像していた。
 115分。千葉Lに好機があってそれをI神戸が防いだ直後のカウンターだった。岩渕のスルーパスに京川が斜めに入り込んできた。それが速かった。ボールに追いついたらゴールキーパーとほぼ一対一。右足シュートが決まった。115分かかって、ようやくI神戸は千葉Lの城を崩し切った。
 決勝は日テレ対I神戸。宿命の対決とでも言うべきであろう。


 次回更新は1月4日以降になります。

"皇后杯準決勝 日テレ1-0浦和L、I神戸1-0千葉L" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント